*

【プロ必見】成分表記から垣間見えるメーカーの考え方

公開日: : :茂木 和哉 じょうずな洗剤の選び方 , ,

業務用洗剤は、一般向け洗剤のように、パッケージに商品の情報を細かく表記する必要がありません。

なぜなら一般向け洗剤は、家庭用品品質表示法に則って商品情報を表記する義務があるのですが、業務用にはそのような法律がありません。

なので業務用洗剤について、どこまで詳しく記載するかは「メーカー次第」という事になります。

特に成分表記については、同じような内容の洗剤でもメーカーが違えば、表記内容がずいぶん変わったりします。

例えば、主成分のみの成分しか表記していなかったり、一般的に使われてはいない別名で表記したり、あえてわかりにくい表現を使ったり、などなど。

私の場合はお客様に、
・洗剤選びの判断材料にしてもらいたい。
・洗剤の危険度を判断してもらいたい。
と言う考えから、きるだけ詳しく分かりように記載します。

もちろん、成分内容を詳しく記載することで、同業社へ配合内容が知られてしまうというリスクもあります。

同業者にとっては、非常に知りたい情報ですからね。

でも、私はそんなリスクより使っていただくお客様の事を第一に考えているので詳しく記載しているわけです。

例えば、私が開発した業務用洗剤に、瞬間水あかクリーナーと言いう洗剤があります。

この洗剤は塩酸が含まれていますし、他にも酸性洗浄成分が色々含まれていますので、危険度は高めです。

なので私としては、使われる方に、少しでも注意してもらいたいと言う気持ちがあるので、含まれているすべての酸性洗浄成分をすべて表記し、さらに一般的に使われる名称で表記しています。

さらに、本来一般向け洗剤のルールで、業務用には記載する必要がない「まぜるな危険」の表記をしています。

これも事故なく安全に使ってもらいたいという思いからです。

また、成分配合がわかられたとしても簡単に真似できるようなものではないという自身があるので表記していると言うこともあります。

私がこのように考えているように、業務用洗剤には商品情報の表記のルールがない分、表記内容からメーカーの製品への自信度合や製品づくりの考え方などが垣間見れるのです。

 

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

no image

洗浄成分のpHの低さ高さランキング!

洗浄剤選びでpHは重要なポイントの1つです。 なぜなら、 酸性洗浄剤なら低ければ低いほど洗浄

記事を読む

【プロ必見!】洗浄力が高い洗浄剤の選び方!その2

汚れが落ちる働きのひとつに 中和作用があります。 中和作用とは、 その名の通り中和

記事を読む

安全性が高い業務用洗剤選びのポイントとは?

高い洗浄力が求められる業務用洗剤とはいえ 安全性が高いものを選びたいものですよね。

記事を読む

塩化ナトリウムって塩?成分の別名教えます!

洗浄剤に使われる成分には、 1つの呼び名だけではないものが結構あります。 そんな呼び

記事を読む

手荒れしやすい洗剤=洗浄力が高い洗剤

界面活性剤には、タンパク質を傷めつける働きがあります。 その働きをタンパク質変性作用と

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑