ブログ

窓ガラスは内側と外側では洗剤を変えましょう!

窓ガラスの汚れは、内側と外側で全く違いますので本当なら洗剤を変えなければいけません。

では内側と外側では、どんな洗剤が適しているのか?詳しく説明します!

 

【内側】

内側の汚れの原因は、皮脂、手あか、ほこりです。

すべて軽度な汚れですので、汚れがあまり目立たない場合は、水拭きでも十分に落とせます。

とは言え、目立つぐらいの汚れは、やっぱり洗剤を使った方が楽にキレイに仕上がります。

ただし、適した洗剤を選ばなかったり使用量を間違えると、洗剤残りが原因でスジ汚れが現れますので注意が必要です。

もし、どんな洗剤が最適なのかがよくわからないなら、ぜひ白いなまはげをお試しください。

asaichi_page

白いなまはげの主成分は、非常に拭き取りやすく素材に残りにくい石けんが主成分です。

一方、普通の洗剤やガラスクリーナーの主成分は、拭き取りにくく素材に残りやすい合成界面活性剤です。

さらに白いなまはげは、窓ガラスを掃除する際は、希釈して使用するので、普通の洗剤やガラスクリーナーのように、拭き上げ後のスジ汚れの心配がないのです。

 

【外側】

外側の汚れの主な原因は、土と水あかです。

どちらの汚れも窓ガラスの位置で汚れ具合が大きく変わってきます。

土汚れは、水拭き十分に落とせるので白いなまはげの希釈液でも問題はないです。

問題は水あかがついている場合です。

ガラスに付着した水あかは非常にガンコです。

ガラス用の洗剤や白いななまはげ希釈液では落とすことができません。

そこでお薦めしたいのが、おふろのなまはげです!

ofurononamahage_click

使い方は、水で5倍に薄めたおふろのなまはげを空のスプレーボトルに入れスプレーし、粗めのスポンジでこすりならが洗います。

スポンジの粗さや種類によっては傷がつくことがあるので、目立たない箇所で試してからお使いください。

水あかがひどい場合はペーパーなどで液がたれないように湿布し浸けおくと効果的です。

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /