*

【茂木和哉直伝】漂白剤の種類と特徴を教えます!

公開日: : :茂木 和哉 わかりやすい洗剤成分の知識 , , , ,

普通の洗濯洗剤では落としきれない衣類についた汚れやシミに重宝するのが漂白剤ですよね。

しかも、ただ汚れを落とすだけでなく、除菌や消臭の効果も高いので、洗濯だけでなくキッチンやお風呂、トイレなどにも使えるところも漂白剤の便利な点です。

今回は、そんな漂白剤の種類について、詳しく説明していきます。

まず漂白剤は、大きく
・酸化型漂白剤
・還元型漂白剤
の2つ分けられます。

皆さんが日ごろ使われる漂白剤は、酸化型漂白剤と言われる方です。

さらに酸化型は、
・塩素系漂白剤
・酸素系漂白剤
の2つに分けられます。

塩素系漂白剤の特徴には、
・色柄まで漂白してしまうほど高い漂白力がある。
・強く独特のツンとしたニオイがする。
・除菌力が非常に高い。
などがあります。

これらの特徴は、塩素系漂白剤に含まれている次亜塩素酸ナトリウムの特徴そのものでもあります。

次亜塩素酸ナトリウムは、身近な漂白剤として使われているだけでなく、カビ取り剤、パイプ洗浄剤に使われたり、飲料水や温泉、プールの消毒剤としても使われています。

なので、漂白剤の臭いとプールの臭いが同じく感じるわけです。

しかし、塩素系漂白剤に必ず次亜塩素酸ナトリウムが使われているかと言うと、そうではありません。

次亜塩素酸ナトリウムが使われているのは、液体タイプの塩素系漂白剤だけです。

固形タイプや粉末タイプには、別の塩素剤が使われます。

例えば、
・ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム
・トリクロロイソシアヌル酸
・次亜塩素酸カルシウム
なとがあります。

固形タイプや粉末タイプは、錠剤タイプのパイプ洗浄剤や哺乳瓶除菌剤に使われたりします。

 

次に酸素系漂白剤についてです。

酸素系漂白剤の特徴としては、
・漂白力がマイルドで色柄物にも使える。
・嫌な臭いがしない。
・塩素系ほどではないが除菌効果、消臭効果がある。
などがあります。

代表的な酸素系漂白剤の成分と言ったら、何と言ってもナチュラルクリーニングとしてもおなじみで、愛用者が非常に多い過炭酸ナトリウムですよね。

過炭酸ナトリウムが、なぜここまで人気があるのかと言うと、それは漂白力がマイルドだからです。

マイルドだからこそ、使える素材が多く刺激が少ないので非常に幅広い用途に使えるわけです。

漂白力が強い次亜塩素酸ナトリウムなら、そうはなりませんからね。

過炭酸ナトリウムは粒状なので、過炭酸ナトリウムが含まれている漂白剤は、必ず粒状タイプとなります。

なので液体タイプの酸素系漂白剤には、別の成分が使われます。

それが、過酸化水素水と言われるものです。

オキシドールと同じ成分です。

粒状の過炭酸ナトリウムと液体の過酸化水素水は、どちらも酸素の働きで漂白、除菌、消臭をするのですが、大きく異なる点があります。

それが液性です。

過炭酸ナトリウムが弱アルカリ性なのに対し、過酸化水素水は酸性です。

この違いによって注意しなければならない点があります。

それが使える衣類の種類です。

弱アルカリ性の過炭酸ナトリウムは、毛や絹に使えないのですが、酸性の過酸化水素水は、使うことができます。

しかし、弱アルカリ性の過炭酸ナトリウムは、酸性の過酸化水素水より油汚れに対しての洗浄力が高いので毛や絹以外なら過炭酸ナトリウムの方がお薦めなのです。

なので、
・ウールやシルクは、液体タイプの酸素系漂白剤で。
・ウール、シルク以外なら顆粒タイプが効果的。
と使い分けるのが良いです。

 

最後に、還元型漂白剤です。

還元型漂白剤は、塩素系漂白剤や酸素系漂白剤のように酸素の働きで汚れを分解するのではなく、逆に酸素を奪うことで汚れを分解します。

なので、酸化型漂白剤でも全く落ちない黄色いシミが、還元型漂白剤で驚くほど簡単に落ちた。なんてことがあります。

例えば、衣類についた赤土やサビ汚れや、井戸水での洗濯が原因の衣類が黄ばみは、還元型漂白剤の得意とする汚れです。

他には、塩素系漂白剤の使用が原因のプラスチック製品の黄ばみにも有効ですね。

還元型漂白剤に使用される成分が二酸化チオ尿素と言われるものです。

以上が漂白剤の種類についての説明でした。

 

私が開発した商品の中にも、今回紹介した漂白成分が含まれている商品があるので、ついでに紹介したいと思います。

先ずは塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムが使われている商品です。

・茂木和哉のカビ退治

次亜塩素酸ナトリウムの除菌力で黒カビを殺し、黒い色素を漂白し落とします。

 

次に粒状タイプの酸素系漂白剤の主成分である過炭酸ナトリウムが使われている商品です。

・純愛

・サムライ

・泥汚れZ

・茂木和哉のついでの一品

上記4品には、過炭酸ナトリウムを使っているのですが、実は過炭酸ナトリウムと言っても、いろんな種類があります。

例えば、粒の大きさや含まれている酸素量、コーティングの有無などなど。

私は用途によって、どんな過炭酸ナトリウムが最適なのかを選び使い分けています。

場合によっては、1つの商品に2種類の過炭酸ナトリウムを入れたりします。

実は選び方次第で出来上がりが結構違うんですよね。

そんなことろまで、こだわっているのは、おそらく他のメーカーにはいないはずです。

私ぐらいだと思います。

でも、だからこそ皆さんに、評価されている部分もあると思ってます。

 

最後に液体タイプの酸素系漂白剤の主成分である過酸化水素水が使われている商品

・マジスカ

「液体タイプの酸素系漂白剤は液性が酸性です。」と先に説明してますが、このマジスカに限って言えば例外です。

なぜなら、マジスカは中性だからです。

マジスカ以外の液体酸素系漂白剤で中性のものはおそらくないと思います。

詳しく説明しませんが、液体タイプの酸素系漂白剤を中性にするって非常に難しいんです。

中性にしたことで、多少拭き残りがあっても生地が傷むことはありません。

だから出先で使う目的にピッタリなわけです。

酸性だともし残っていると生地が傷んでくる恐れがあるので、使った後に洗濯しないといけませんからね。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

台所洗剤の手荒れのしやすさ、界面活性剤は濃度で判断できるのか?

同じ種類の界面活性剤なら 濃度が高い方が肌に対して刺激が強くなります。 ただし、

記事を読む

油汚れを楽に落とすための洗浄剤選び

油汚れは、界面活性剤が含まれている洗剤を使わなくてもアルカリ性の洗剤であれば油汚れを落とす事

記事を読む

塩素系漂白剤とは?

酸化力が強く洗剤では落ちない汚れの漂白剤や キッチンやトイレの除菌剤としてよく使われます。

記事を読む

【詳しく解説】界面活性剤の働きとは?

食事をした後の食器や、汗などで汚れた服は 水洗いだけではなかなかきれいになりません。

記事を読む

アルカリ性電解水の真実

お掃除用の万能洗剤として、最近よく知られるようになた「アルカリ性電解水」 もう定番化し

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑