お悩み相談

液体洗濯洗剤のアリエールとアタックゼロではどっちがオススメ⁈

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

今回も茂木和哉さんと一緒に「茂木和哉のお掃除お悩み相談室」に届いたお悩みをご紹介していきます!

ちなみに参考にしたのは、こちらの茂木和哉(@motegikazuya)さんのYouTube動画です。

アリエールとアタックゼロ、どちらがオススメ?

のぞみ

それでは今回のお手紙をご紹介いたします。
『液体の洗濯洗剤で弱アルカリ性と中性洗剤はどちらを選べばよいでしょうか?
泥汚れはまずありません。
カレーなどの食べこぼしやはねた汚れはごくたまに程度です。 臭いはしっかりと防ぎたいです。
いつもはアリエールを使っていますが、アタックゼロのボトルが気になって浮気しようか迷っています。
弱アルカリ性と中性、蛍光増白剤の有無など大きな違いがあり悩みます。』

とのことです。洗濯洗剤にまつわるご質問ですね。たくさん売られていて迷いますよね。
茂木さん、こちらはいかがでしょうか?

我が家でもアリエールを昔使っていました。

ですが実は我が家の洗濯担当は妻でして……わたしはそれぞれの洗剤の違いが分かるぐらい使い倒していないんですよ。

ですので今回は、アリエールとアタックゼロそれぞれの成分をみて、感じたことをお伝えします。

成分だけみて判断するため、実際の使用感とはズレることがあります。

ですので参考程度にきいていただければと思います。

アリエールとアタックゼロの大きな違いは3つ。「液性」「主成分の界面活性剤」「蛍光増白剤の有無」です。

それぞれ分けてお話しましょう。

のぞみ

よろしくお願いします!

液性による洗浄力や安全性の違いは?

まず液性についてです。

液性とは、酸性・アルカリ性の程度のことです。

アタックゼロは中性、アリエールは弱アルカリ性です。

基本的に弱アルカリ性の方が洗浄力は高いのですが、肌への刺激も強くなります。

中性は、肌への刺激は少ないのですが、洗浄力が落ちてしまいます。

ですので、安全面で考えるとアタックゼロ、洗浄力で考えるとアリエールとなりますね。

のぞみ

「アルカリ性の方が洗浄力が高い」というのはお掃除用の洗剤でも同じことですね。バスクリーナーの比較をしたときに何度も耳にしました。

ただしここでの「安全性(肌への刺激)」というのは、原液に触れたときのことであって、洗剤残りのことではありません。

洗剤を洗濯機に入れるとき、うっかり原液が手についてしまった!といったときですね。

洗濯機のなかで水で十分にすすぎがされていますので、洗い上がりの洗濯物が中性になっている、弱アルカリ性になっている、というようには考えません。

のぞみ

たしかに洗濯機が洗ってくれますから、お掃除洗剤と違って洗剤に直接手が触れることはほとんどありませんね。液性による肌への刺激はそこまで考えなくてもよいのかもしれません。

洗濯洗剤の液性は、洗濯できるものの素材に影響してきます。

シルクやウールはアルカリ性だと傷みやすい、という特徴があります。

弱アルカリ性のアリエールだと、縮んだり傷んだりする可能性があります。

中性はその心配がなく、いろいろな素材に使えます。

のぞみ

お洗濯するとたまに服が縮んでしまうのには、液性も関係していたんですね……。

界面活性剤の洗浄力や安全性は?

2つ目の違いは使用されている界面活性剤です。

界面活性剤もいろいろと使われていますが、代表的なものを見ていきましょう。

アリエールには直鎖アルキルベンゼンスホルン酸塩が使用されています。

直鎖アルキルベンゼンスホルン酸塩は洗浄力がとても高いものでして、肌への刺激も強くなります。

のぞみ

ここでいう肌への刺激は、液性の時と同じように「原液が肌へ触れたとき」のことでしょうか?

界面活性剤に関しては原液が肌へ触れたときのほかに「洗剤残りのリスク」も考えたほうが良いですね。

最近はすすぎが一回の洗濯機も増えてきて、洗剤残り、つまり界面活性剤残りのリスクも考えられます。

もし洗濯物に界面活性剤が残ってしまったとき、どちらが安全かというと断然アタックゼロの方です。

一方でアリエールは、洗剤残りをしたときに肌へのリスクが高まります。

ただし洗浄力が高い界面活性剤を使用していますし、液性も弱アルカリ性ですから、アタックゼロよりも洗浄力は高くなります。

蛍光増白剤が含まれているとどんな効果が?

3つ目の違いは「蛍光増白剤の有無」です。

アタックゼロには蛍光増白剤は入っていませんが、アリエールには入っています。

のぞみ

蛍光増白剤って初めて聞いたのですが……どんなものなのでしょうか?

蛍光増白剤とは、洗濯物の洗い上がりを白く見せる効果をもつ成分です。

洗濯物に残り、太陽の光を浴びると真っ白に見せてくれます。

正確には真っ白というよりも青白く見せるんですが。

蛍光増白剤が洗剤に含まれていれば、もし仮に汚れを落としきれていなくても、蛍光増白剤のおかげで白く見せることができます。

のぞみ

そんな仕組みで服をキレイにみせていただなんて……これも初めて知りました!

洗い上がりが白く見えるのは蛍光増白剤が含まれているアリエールの方ですね。

液性、界面活性剤で洗浄力が高いだけでなく、蛍光増白剤の効果によってさらに白く見えます。

のぞみ

蛍光増白剤は洗濯物に残ることで白く見せるんですよね。洗剤残りとは少し違うかとは思うのですが、なにか残っているってなんだか肌への影響がありそうな気がします……。

そうですね。蛍光増白剤は洗濯物に残ることで効果を発揮しますので、着ているあいだもずっと肌に触れていることになります。

肌が弱い方、肌機能が未熟なお子さんには、肌荒れのリスクが高くなります。

その点、アタックゼロは蛍光増白剤が入っていませんので、肌へは優しいと言えますね。

ライフスタイルにあわせた洗剤選びを!

液性、界面活性剤、蛍光増白剤をトータルで考えて、洗浄力重視ならアリエール、肌へのやさしさ重視ならアタックゼロ、と言えるかと思います。

あとは洗剤を選ぶ基準次第ですね。

ご質問者の方のか家族構成、生活環境によって選ぶ洗剤が変わってきます。

肌が弱い方がいる、肌が未熟な赤ちゃんがいる、となれば肌への刺激が弱いアタックゼロを。

運動部に入っている子どもがいて、皮脂汚れを落としたい、となれば洗浄力重視のアリエールですよね。

ちなみにアリエールは弱アルカリ側ですので、汗や皮脂の臭いを軽減する中和消臭もできますね。

のぞみ

汚れだけではなく消臭もできるんですね。

お子さんがいらっしゃるご家庭でも、それぞれ状況は異なります。

たとえば「食べこぼしが多いから洗浄力を重視したい」とか、「まだ子どもが小さいから肌への刺激は抑えたい」とか。

のぞみ

洗浄力と肌へのやさしさ、どっちを優先するかが大事ですね!洗濯洗剤とお掃除洗剤の両方に言えます!

ここまで成分をみてわたしなりの考えをお話させていただきました。

ですがやっぱり、実際に使った方の生の声が一番参考になるかと思います。

動画のコメント欄では、アリエールとアタックゼロの両方を使ったことがある方のコメントを募集しています。

それぞれの洗剤の効果の違いについて、なにか思うことがありましたら書いていただけると嬉しいです。

のぞみ

みなさんも参考にしてみてくださいね。

まとめ

茂木さん、ありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?

洗濯洗剤の世界も、思っていた以上に奥深いですね!

なんとなく使っていた洗濯洗剤でしたが、知らないことがたくさんあってびっくりでした。

いつも使っている洗濯洗剤にはどんなものが含まれているのかチェックしてみたいと思います。

今回もここまで読んでくださり、ありがとうございました!

それでは、またお会いしましょう!

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /