プロ向け

木製風呂に生えたガンコな黒カビを落とす方法!【ヒノキ風呂】【カビ除去】

こんにちは!茂木和哉(@motegikazuya)です。

ヒノキ風呂など木製風呂をお使いの皆さん、カビにお困りではないですか?

そもそも木製風呂は、強い洗浄剤を使えません。

なぜかと言うと木肌が傷んだり変色したりからです。

木肌が白ぽくなったり、毛羽だってきたり、濡れるとヌルヌルするのが傷んでいる状態です。

木肌がそのような傷んだ状態そになってしまっては、木のいい香りもしなくなります。

では「強い洗剤」とはどういうものをいうのか?

それは酸性度やアルカリ度が強い洗剤の事です。

逆に強くない洗剤というのが、中性の洗剤と言うことになります。

木肌が傷む原因は「カビ取り剤」

でも皆さんの中には、「これまで酸性洗剤やアルカリ性洗剤で洗ったとこがないのに木製風呂が傷んでいるのはなんでなの?」と思われた方もいるかと思います。

確かに普段の掃除には、中性タイプの普通のバスクリーナーを使っていると思います。

しかし、カビが生えてきたらどうしますか?

「塩素系」のカビ取り剤を使って落としてませんか?

実はその塩素系カビ取り剤が「アルカリ性」なんです。

だからカビを落とすために定期的に塩素系カビ取り剤を使うと、徐々に木肌が傷んでくるんです。

木製風呂に塩素系カビ取り剤を使えないことをわかっている方もいるかと思います。

でも木肌を傷める原因は「塩素」だからなのではなく、「アルカリ性」だからということまでは分かっている方はそれほど多くないと思いますがいかがでしょうか。

ではどうやって木肌のカビを落としたらいいのか?

でも木製風呂はとってもカビやすいです。

毎日換気をして乾かすことができていればカビることもないと思いますが、なかなか難しいですよね。

うっかり換気をし忘れたりして、カビが生えてきてしまうことだってありますよね。

軽度なカビなら普段使っている中性洗剤でも落とすことができるかもしれません。

しかししっかり根をはった黒カビは、中性洗剤で落とすことは不可能だと思います。

やっぱり塩素系カビ取り剤でなければ落とすことはできません。

そこで私がオススメするのが「中性タイプ」の塩素系カビ取り剤です。

「でも中性の塩素剤なんて聞いたことないけど、そんなのあるの?」

と思われた皆さん、あるんです!

それが「黒木真白」です。

木部のカビ落としに超最適な「黒木真白」

「黒木真白」の良さについては、これまでも何度もこのブログで話してますので、興味のある方はぜひ過去の記事をご覧ください。

最後に

いかがでしたでしょうか?

木製風呂に生えたカビにお困りでしたら、ぜひ一度メリット盛りだくさんの「黒木真白」をお試しください。

そして、「黒木真白」に興味がある方の多くは、温泉浴場や銭湯など浴場業の関係者の方だと思います。

そんなそうでしたら、なお「黒木真白」はオススメです。

なぜかと言うと、
・浴場内の掃除
・露天風呂の掃除
・浴槽水の塩素管理
・循環配管洗浄
などにも使えるからです。

そのあたりについても過去に詳しく書いてますので、ぜひご覧ください!

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /