*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

浴場のコケ、カビにお困りではないですか?

浴場施設の関係者の皆さん、タイルや石、コンクリートに生えたコケやカビにお困りではないですか?

例えば、
・露天風呂の岩やタイル
・北側の日が当たりにくい場所
・陽が日たりにくい端っこ
などなど。

実は、そんなタイルや石、コンクリートのコケやカビにまで非常に効果的なのが、バスフレッシュです!

使い方は非常に簡単です!

用意するものは、バスフレッシュとジョウロです。

そしてジョウロに、水2リットルの割合に対しバスフレッシュ5gを入れ溶けるまでかき混ぜます。

あとはカビにその洗浄液をかけて、そのままほったらかしです。

水ですすぐ必要は、基本必要ないです。

ジワジワ薄くなっていきやがて消えます。

もし濃くカビが生えている状態なら、洗浄液の濃度を濃くして試してください。

濃くした場合は、カビが取れたのを確認してからザっと水で流した方がいいかもしれません。

それともし、洗浄液が間違って浴槽に入ってしまったとしても全く問題ないので安心してくださいねー

なにせバスフレッシュは、塩素系でありながら界面活性剤&添加物不使用、さらに中性タイプのカビ取り剤なんですから!

なので、むしろ露天風呂の中に生えた藻やアオコの洗浄に使っていただきたいぐらいのものです。

もちろん塩素剤なので浴槽内の残留塩素濃度の調整にも使えます。

それと、時間をかけて浴場清掃できない時は、先ほどの希釈割合(水2Lにバスフレッシュ5g)で作った洗浄液をジョウロで浴場全体にただかけて回るだけで、ヌメリ汚れがスッキリとれ、さらに消臭もできます。

同じやり方をもし次亜塩素酸ナトリウムでやったとしたら浴場内に、我慢できないぐらい塩素臭がこもります。

そしてクレームの原因になったりします(笑)

しかし、バスフレッシュならその心配はありません!

なぜなら、次亜塩素酸ナトリウムと比べ塩素臭がなんと10分の1なんです!

もちろん残留塩素濃度が同じ条件でです。

さらに中性なのでアルカリ性の次亜塩素酸ナトリウムより金属がサビにくくです。

全くサビないわけではないですよ。

そんな便利なバスフレッシュの1㎏入りが、茂木和哉のプロショップで人気ランキングナンバー1商品なんです!

さらに、お試し100gも最近用意しました。

ぜひ一度お試しいただき、バスフレッシュの良さを実感していただけたらと思います!

 

 

 

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤職人茂木和哉株式会社
洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter

関連の記事。こちらもどうぞ

そのカビ取りでは木材が傷みます!

ひのきの浴槽や木製のオケやイスなど、 湿度が高い浴室の木製品は、とてもカビが生えやすい環境

記事を読む

落とせる水垢と落とせない水垢

水あか汚れは、スケールともいいます。 そして、 水あか汚れで一般的なのがカルシウムス

記事を読む

no image

【茂木和哉のプロショップ】8月の超得キャンペーンのお知らせ!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに超お得な8月のキャンペーンのお

記事を読む

より洗浄力が高くできるだけ安全な洗剤を目指して

  最近のトイレやお風呂は、汚れが付きにくくなりましたよね。 コーティ

記事を読む

茂木和哉の汚れ落とし人生 シーズン2

今回は洗浄剤メーカーに転職してからの話です。 まだシーズン1を読んでない方はこちら。

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
ラクしてキレイになる茂木流キッチン掃除術!

こんにちは、茂木和哉です。 皆さん、キッチンの掃除はどう

茂木流自作洗剤で節約生活!

昨日のテレ東で放送された「ソレダメ!」にちょっと出演した茂木和

【手荒れ対策】小さなお子さんをお持ちの母親のためのハンドソープ!

小さなお子さんをお持ちの母親の皆さん、こんなお悩みありませんか

no image
【茂木和哉のプロショップ】8月の超得キャンペーンのお知らせ!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

『赤鬼』の誕生秘話!

浴場清掃にかかわる皆さんに絶大な人気を誇る温泉スケール洗浄剤「

→もっと見る

PAGE TOP ↑