プロ向け

プロ向け万能スケール洗浄剤「赤鬼」の凄さとは?

こんにちは!(@motegikazuya)です。

清掃業の皆さま、公衆浴場業の皆さま、こんなお悩みはございませんか?

例えば、
「どんな水垢洗剤を使っても落とせない水垢がある…」
「正直今使っている水垢洗剤の汚れ落ちに満足していない…」
「増え過ぎた水垢洗剤を減らしたい…」
などなど。

皆さまのそんなお悩みを解決するために「茂木和哉」が開発した水垢洗剤が「赤鬼」です!

茂木和哉

私が初めて自分で作った水垢洗剤が赤鬼なんですよ。

水垢は、水質によって汚れやすさやガンコさが違います。

水垢の原因は水道水に含まれるミネラル分です。

水分が蒸発して残ったミネラル分が水垢となるわけです。

なので、水道水に含まれているミネラル分が少ないと水垢はつきにくく、逆にミネラル分が多いつきやすくなります。

温泉水が水垢になりやすいのも温泉水に含まれているミネラル分が水道水と比べ非常に多いからです。

また、水垢と一括りに言っても種類がたくさんあります。

例えば、比較的落としやすい一般的なカルシウム系や酸系、非常に洗浄が困難なシリカ系など多種多様ですし、数種類が混ざっている複雑な水垢もあります。

特に温泉浴場の場合は、水垢の種類が多く複雑な水垢がつきやすくなります。

ですので、厚くついた水垢が必ずしもガンコと言うわけではありません。

薄くても非常にガンコな水垢も存在します。

しかし、水垢にあった洗剤を選び、そしてその洗剤を効果的に使う事が出来れば特殊な水除いては落とす事ができます。

ですが、複数の水垢を一つの水垢洗剤で落とすことは一般的な水垢洗剤では残念ながら不可能です。

その理油は、一般的な水垢洗剤は、水道水がからできる水垢で最もポピュラーなカルシウム系の洗浄を目的としたものばかりだからです。

しかし水道水が原因の水垢は、カルシウム系だけではありません。シリカ系の水垢だってつきます。

だからカルシウム系以外の水垢を落とす事はそもそも困難となりますし、落とすためにはまた別の種類の水垢洗剤を用意しなければなりません。

茂木和哉

水垢汚れは見た目が同じでも種類が違うことがあるんですよね。

あらゆる水垢を桁違いの洗浄力で落とす!

しかし赤鬼は、そもそも非常にガンコで複数の水垢混ざってつく「温泉の水垢」を落とす目的で茂木和哉が秋田の温泉をまわりながら長い年月をかけて完成させた水垢洗剤です。

だから、赤鬼1本でたくさんの種類の水垢を落とす事が出来るんです!

もちもん複数の水垢が混ざった状態の複雑で非常にガンコな水垢だってラクに落とせます。

しかも洗浄力が抜群に高いので素早く落とす事できます。

その高い洗浄力の秘密が、赤鬼に配合されている「水垢洗浄成分」の種類の多さです。

一般的な水垢洗剤に含まれている水垢洗浄成分は、多くても2種類程度なのですが、なんと赤鬼には4種類も含まれているんです。

またその4種類がどれも個性的なのが特徴です。

塩 酸

赤鬼の3つの主成分の1つです。塩酸はカルシウム系から鉄系までたくさんの水垢の種類に強力に働きかけます。しかし刺激性と腐食性が強く、配合しすぎると扱いずらくなるため10%以上配合されたものは劇物扱いになります。赤鬼の塩酸濃度は10%未満です。

クエン酸

赤鬼の主成分のちの3つです。塩酸と同様にカルシウム系と鉄系の水垢の分解を得意とする洗浄成分です。赤鬼に洗浄力をさらに強めるために配合しています。

塩酸ほど洗浄力が高いわけではありませんが、その分刺激性や腐食性が低い特徴があり、とても扱いやすくバランスのより水垢洗浄成分です。

リン酸

カルシウム系の洗浄を得意とします。洗浄力は塩酸のように強力ではないのですが、刺激性や腐食性が低く扱いやすいのが特徴です。塩酸とクエン酸で強めた赤鬼の洗浄力をさらにもうワンステージ上げるために配合しています。

酸性フッ化アンモニウム

シリカ系の水垢を落とす目的で配合してます。赤鬼でシリカスケールを落とせるのはこの酸性フッ化アンモニウムによるものです。

その酸性フッ化アンモニウムを限界ギリギリまで配合しています。

以上4種類の水垢洗浄成分を絶妙な割合で配合しているので、多種多様な温泉水からできるほぼ全て水垢に働きかける事ができるわけです。

だから水道水からできる水垢なら簡単に落とす事が出来ます。

赤鬼が皆さまの商売繁盛のお手伝い!

赤鬼を使うとこれまで何種類も用意していた水垢洗剤を1本化できるだけでなく、これまで落とす事が出来なかった水垢でさえ少ない労力と時間で簡単に落とす事ができます。

なので、清掃業者様がお使いになれば、掃除に関わるコストを削減できるだけでなく、他では落とすことが出来ないような特別な清掃を請け負うことができます。

特別な清掃とは、価格競争のない高単価な清掃と言う事です。

また、お客様からしてみれば、これまでどこの業者でも落とせなかった水垢を落としてくれたわけですから、まさに救世主です。

とても喜んでいただけることに間違いないですし、強い信頼関係を築くことができるでしょう。

結果、長くお付き合いができるお得意様となるはずです。

公衆浴場業の皆さまがお使いになれば、もうお客様に浴場の水垢汚れでガッカリさせて施設の印象を悪くさせるようなことはありません。

それどころか、キレイな浴場をキープし続けていれば、お客さまに高印象を与えるわけですから、クチコミサイトにだって良い評価をつけてくれるはずです。

評価が上がれば、新規集客&リピーター客UPに繋がります。

茂木和哉

汚れに関わる全てのコスト削減と集客アップができるなんて最高ですよね!

シリカスケールを研磨せずに落とせることのメリット

水垢洗剤で落とせない水垢は、研磨して落とす方法が一般的です。

しかし、研磨洗浄は非常に労力と時間がかかるので、人件費が高くなります。

さらに素材を傷めてしまうリスクが高まります。

傷をつけずに効率よく研磨するには技術力と経験が必要ですし、もし傷をつけずに研磨できたとしても、肉眼で確認できない小傷がつくこと大いにあります。

そこが研磨洗浄の大きな問題点で、小傷ができると水垢がつきやすくなり掃除の頻度が増え、さらに研磨すればするほど水垢が落ちにくくなっていきます。

茂木和哉

水垢をキレイに落とせたとしても、その後水垢がつきやすくなるってしまうのは辛いですよね。

なぜ「赤鬼」でシリカスケールが落ちるか?

シリカスケールは、普通の水垢と違い酸性度が強い洗剤だからと言って落とせるわけでもなく、洗浄成分がたくさん入っているからと言って落とせるわけでもありません。

だからシリカスケールは非常にガンコなわけですが、実はシリカスケールを研磨せずに落とす方法がないわけではありません。

それが「フッ酸(フッ化水素酸)」による洗浄です。

しかしフッ酸はプロの方でも使いたがらないほど危険度が高い劇物扱いの化学物質なので、今では使う方がほとんどいなくなりました。

でも「赤鬼」は、フッ酸のように危険度が高いものではないのにシリカスケールをスルっと落とす事ができるわけです。

その秘密が「酸性フッ化アンモニウム」です。

シリカスケールに反応する洗浄成分は、ごくわずかで最も効果的なのが「フッ酸」なのですが、それ以外に「フッ化アンモニウム系」が反応します。

「赤鬼」は、そのフッ化アンモニウム系の中から「酸性フッ化アンモニウム」を採用し配合しました。

酸性フッ化アンモニウムは、フッ化アンモニウム系では安全性が高い方ですが、他の洗浄成分よりは安全性が低く、入れすぎれば劇物扱いになります。

皆さまが洗浄力に満足し、さらに安心して使っていただけるギリギリのラインまで酸性フッ化アンモニウムを高配合し完成させました。

茂木和哉

若い時はフッ酸を使ってたけど、寿命が縮まる気がして使うのやめました(笑)

「界面活性剤」にもこだわった「赤鬼」

さらに、作業効率を高めるために「界面活性剤」にもこだわりました。

浴室には水垢汚れだけでなく色々な汚れが存在します。

例えば、洗い場は水垢汚れに、皮脂汚れやシャンプーの残りなどの汚れが覆いかぶさっている場合があります。

そんな場合は、通常水垢汚れを効果的に落とすためにまずはアルカリ洗浄や高圧洗浄などでそれらのよごれをしっかり分解する必要があります。

しかし、「赤鬼」を使えば、その必要はありません。

皮脂汚れにとても高い洗浄効果がある界面活性剤の働きで皮脂汚れもしっかり落とします。

最後に

いかがでしたでしょうか?

赤鬼はシリカ系の水垢にも効果があると説明させていただきましたが、シリカ系水垢に対しては青鬼の方が良く効きます。

しかし、シリカ系の水垢やそれ以外の水垢が混ざった複合的な水垢の場合は、赤鬼の方が良く効くことがあります。

清掃業の皆さま、公衆浴場業の皆さま、もし落とせない水垢にお困りでしたら赤鬼で解決できるかもしれませんので、ぜひ一度お試しくださいませ!

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /