ブログ

二酸化塩素と安定化二酸化塩素

a0960_003995

二酸化塩素は、光や熱で分解されやすい気体です。

なので製品とし流通させるためには、
pHをアルカリ側に方向け分解しにくくし、
さらに安定させるため液体に閉じ込めた状態にしてます。

その液体の状態で安定しているものが
安定化二酸化塩素(亜塩素酸ソーダ)です。

安定化二酸化塩素は、
希釈や汚れと接触でpHが下がると
二酸化塩素を発生させます。

その二酸化塩素の働きにより
除菌漂白ができるというわけです。

二酸化塩素は次亜塩素酸ナトリウム比べ
除菌、消臭効果が高い点が特徴です。

しかし、液体に二酸化塩素を閉じ込めている状態の
安定化二酸化塩素(亜塩素酸ソーダ)には
除菌効果はほとんどありません。

また、安定化二酸化塩素は、
安定化させているとは言え完璧ではありません。

徐々に分解していきます。

なので長期の保管は避けてください。

特に高温で分解されやすいので
夏場の保管は注意が必要です。

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /