お風呂:排水口

ワイドハイターで排水口掃除!?洗濯用の酸素系洗浄剤でお風呂掃除してみた

nishiyama
のぞみ
のぞみ

こんにちは!のぞみです。

お風呂をラクにお掃除するのなら、洗浄力の高い塩素系洗浄剤を使うのが定番ですよね。

ですがあまり強い洗剤を使いたくない、塩素のニオイが苦手……などの理由で、塩素系洗浄剤を使えない方もいらっしゃると思います。

そこで今回は塩素系洗浄剤のように、汚れ落とし・除菌・消臭ができる「酸素系洗浄剤」を使って、お風呂掃除をしていきますよ!

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

目次
  1. 排水口のパーツは「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」でつけ置き
  2. 排水口の中の水には「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」を混ぜる
  3. お風呂の床は「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」でつけ置き
  4. おわりに
  5. まとめ

排水口のパーツは「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」でつけ置き

まずはお風呂の排水口からお掃除していきます。

排水口のパーツ掃除に使うのは、スプレータイプの酸素系漂白剤「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」です。

酸素系洗浄剤は塩素系洗浄剤よりも刺激が少ないのですが、安全のためにゴム手袋を着用し、換気扇も回しておいてくださいね。

早速「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」を排水口のパーツ類に吹きかけていきます。

吹きかけたら手やブラシで泡を薄く塗り広げましょう!そうすることで泡の重みが減り、密着力が高まります。

ヘアキャッチャーや排水口内側のパーツ類も、同じように「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」を吹きかけていきます。

塩素系洗浄剤であればこの時点でツーンとしたニオイがしてきますが、いまのところニオイは気になりません!

排水口の周りにも「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」を吹きかけ、手で塗り広げます。

「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」は塩素系洗浄剤に比べて刺激が少ないのですが、洗浄力も落ちてしまいます。

すでに黒カビが生えてしまっていると、落としきれないことがあるかもしれません。

黒カビがあるときは、放置時間を長めに取ったり、こすり洗いをしてみたりしてくださいね。

排水口の中の水には「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」を混ぜる

排水口のパーツ類に「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」をつけたら、水が溜まっているところもつけ置きしましょう。

排水口の中の水には、パウダータイプの「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」を使います。

「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」は後半の風呂床掃除でも使いますね!

「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」を排水口の水に混ぜていきます。

酸素系漂白剤は冷たい水よりもお湯の方がよく働いてくれるので、できればシャワーのお湯を流して、中をお湯にしておいた方がいいですね!

今回はそこまで汚れていないので、水のままお掃除していきます。

お風呂の床は「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」でつけ置き

つぎはお風呂の床掃除に入っていきます。

お風呂の床は、排水口に栓をしてお湯をため、「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」を混ぜてつけ置きしていきますね!

洗剤を計量し、床にお湯をはる

排水口はダイソーで購入したインスタントラーメン用のシリコンフタをかぶせておきましょう。

そして必要な「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」の量を確認します。

我が家のお風呂はだいたい畳一枚くらいの大きさで、一面にお湯をはるには10リットルくらいのお湯が必要です。

「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」の説明書きをみてみると「水1リットルに対し5グラム必要」と書かれているので……今回は50グラム使う計算になります!

給湯器のお湯を50度に設定し、お風呂の床にお湯を貼ります。

なぜか既に泡立っていますが……まだ洗剤を混ぜていないので、おそらく排水口パーツ掃除に使った「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」の泡でしょう!

お湯に洗剤を混ぜてこすり洗い

床にお湯をはったら「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」を混ぜていきます。

そしてすぐにバスブラシでお湯をかき混ぜましょう。

洗剤の溶け残りがないようしっかり混ぜますね。

このときはただ溶かすのではなく、ついでに床のこすり洗いもしておきましょう。

酸素系洗浄剤は、塩素系洗浄剤に比べて洗浄力が高くありません。

なのでただ放置するのではなく、つけ置き前後にブラシでこすり洗いを併用するといいですね。

床だけなく、汚れがたまりやすい壁やコーキングも一緒にブラシ洗いしていきます。

洗い場のカウンターの下には、赤カビのような赤い汚れがあります。

酸素系洗浄剤でつけ置きするだけでは落としきれないと思うので、しっかりブラシ洗いをしておきますね。

一通りブラシ洗いをしたら、このまま放置しましょう。

汚れがそこまでひどくなければ30分ほど、黒ずみ・黒カビ汚れがあるくらい汚れていたら1時間は放置したほうがいいですね。

ちなみに「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」の説明をみると、つけ置き時間の目安は30分ほどと書かれていました!

30分放置したらまたブラシ洗い

床のつけ置きを始めて30分ほど経ちましたので、お湯を捨てる前にブラシ洗いをしていきます。

つけ置きをしておいたことで汚れが柔らかくなり、だいぶ落としやすくなっているはずです!

こすり洗いが終わったら、お湯を流しましょう。

ちなみに排水口の金具についている黒い汚れは、ゴムの色移りです。

色移りは普通の洗剤で落とすのは難しいので、わたしはたまに溶剤の「橙の雫」を使って落としています。

created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥1,650 (2024/05/20 16:40:50時点 Amazon調べ-詳細)

つけ置きのお湯が流れたら、排水口のパーツを元に戻し、最後にシャワーで流しておしまいです!

おわりに

ということでここまで、酸素系洗浄剤の「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」と「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」を使ってお風呂掃除をしていきました。

最後に酸素系洗浄剤についていろいろお話していきますね。

洗浄力重視なら塩素系?

酸素系洗浄剤のメリットは、安全性が高いこと!

塩素系洗浄剤のようなツーンとしたニオイはありませんし、素材や手肌にも優しくお掃除ができます。

ただし、塩素系洗浄剤ほどの洗浄力がないのはデメリットですね。

少しでも酸素系洗浄剤を有効に使えるように、ブラシ洗いを交えたり、つけ置き時間を長くしたり、お湯の温度を調整しましょう。

お湯の温度は、50度前後が理想です。

冷たい水よりもお湯の方が、酸素がよく働いてくれますよ~!

それでも黒カビや黒ずみ汚れがある場合は、酸素系洗浄剤をつけておくだけでは落としきれないかもしれません。

洗浄力を重視するのであれば、ハイターなどの塩素系洗浄剤を使ったほうがいいですね。

ちなみに今回に似たお掃除法で、お風呂の排水口に「キッチン泡ハイター」、お風呂の床はボトルに入った「キッチンハイター」を使ってつけ置き洗いをしたことがあります。

詳しいお掃除方法は、茂木さんのこちらの動画を参考にしてくださいね!

スプレーのワイドハイターは珍しい洗剤!?

酸素系洗浄剤といえば、オキシクリーンや過炭酸ナトリウムのような、お湯に溶かして使う粉末タイプのものがメジャーですよね。

ですが今回排水口のパーツ類を洗うのに、「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」を使いました。

「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」は酸素系洗浄剤のなかでも珍しいスプレータイプなんです!

スプレーになっているとちょこっとだけ使いたいときに便利で、洗濯用の洗剤ではありますがわたしはお掃除にもよく使っています。

カーテンや壁紙の染み、ソファーについた汚れなど、ハイターを使うのはちょっと……と言う場所のお掃除で大活躍ですよ~!

粉末のワイドハイターはオキシクリーンとどう違う?

そしてお風呂の床や排水口の中は、粉末タイプの「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」でつけ置き洗いをしました。

粉末タイプの酸素系洗浄剤は、いろんなメーカーさんから出ていますよね!

一番有名なのはオキシクリーンかなと思います。

「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」とオキシクリーンは似ている洗剤ですが……実は「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」のほうが汚れに働きかける成分がたくさん入っています。

ちょっと成分をみてみましょう!

「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」のボトルをみると「過炭酸ナトリウム(酸素系)、界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、アルカリ剤(炭酸塩)、漂白活性化剤、安定化剤、酵素」と書かれています。

過炭酸ナトリウムは、酸素系洗浄剤のことですね。

界面活性剤は、洗浄成分の浸透力を高めてくれる働きがあります。ちなみに白いボトルのオキシクリーンには界面活性剤は使用されていません。

さらに成分をみてみると「漂白活性化剤」も入っています。

漂白活性化剤は、過炭酸ナトリウムのはたらきをより良くしてくれます。

50度前後のお湯を用意できないときや、つけ置き時間を長く取れないときでも、しっかり酸素が働いてくれるようになります!

また成分の一番最後に書かれている「酵素」は、つけ置き洗いととても相性がいい成分です。

「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」は洗濯に使うものですから、油脂分解酵素が含まれているのかな?と思います。

油脂を分解するのであれば、お風呂の皮脂汚れもしっかり落としてくれますね!

……というように、「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」には汚れ落としに最適な成分がたくさん入っています。

何度かオキシクリーンを使ってお掃除している人も、ぜひ一度「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」でお掃除してみてもらいたいですね♪

ちなみに以前、オキシクリーンを使ってお風呂の床をお掃除しました。

白いボトルのオキシクリーンには界面活性剤が入っていないので、そのときは食器用洗剤をまぜて、界面活性剤をプラスしました。

すでにオキシクリーンをお持ちの方は、ぜひこちらのお掃除法も参考にしてみてくださいね!

洗濯洗剤でお風呂掃除をするのは自己責任

今回は「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」と「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」を使ってお風呂のお掃除をしてみましたが、どちらも洗濯用の洗剤です。

お風呂のお掃除に使うのは、用途外となってしまいます。

酸素系洗浄剤は塩素系洗浄剤よりも安全性の高いものではありますが……それでも変色や事故のリスクはゼロではありません。

試すときは換気扇をしっかりと回し、あくまで自己責任でお願いしますね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は酸素系洗浄剤の「ワイドハイターPRO ラク泡スプレー」と「ワイドハイターPRO強力分解パウダー」を使って、お風呂掃除をしてみました。

みなさんも是非、試してみてくださいね。

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/20 09:47:05時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました