キッチン:コンロ

アルカリ電解水&ウタマロクリーナーで油汚れも楽に落ちる!洗浄力アップの裏技

nishiyama
のぞみ
のぞみ

こんにちは!のぞみです。

人気のお掃除洗剤「ウタマロクリーナー」!

いろんな場所に使えるのがメリットではありますが、キッチンのコンロ回りのように油汚れの多い場所だと、洗浄力がイマイチなこともあります。

そこで今回は、「ウタマロクリーナー」の洗浄力をカンタンにアップさせて使う方法をご紹介していきます♪

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

目次
  1. 使っていくもの
  2. 激落ちウタマロクリーナーの作り方
  3. 泡はどんな感じ?キッチンの壁に吹きかけてみた
  4. 油汚れは落ちる?キッチンコンロのフィルターをお掃除
  5. 「ウタマロクリーナー」とアルカリ電解水を混ぜる理由
  6. 今回のお掃除の注意点
  7. まとめ

使っていくもの

まずは今回のお掃除で使っていくものをご紹介していきます。

メインで使うのは、マルチクリーナーの「ウタマロクリーナー」。

そして一緒に使うのは、激落ちくんシリーズのアルカリ電解水です。

「ウタマロクリーナー」とアルカリ電解水を混ぜて使うのですが、混ぜるのに空のスプレーボトルとキッチンスケールも用意します。

また、拭き掃除ですのでキッチンペーパーとゴム手袋も用意しました!

激落ちウタマロクリーナーの作り方

それでは早速、「ウタマロクリーナー」の洗浄力をアップさせた「激落ちウタマロクリーナー」を作っていきます。

空のスプレーボトルにアルカリ電解水を90グラムいれ、「ウタマロクリーナー」を10グラム入れます。

9:1くらいの割合になるようにすればOKです!

ちなみに「ウタマロクリーナー」のスプレーは、1プッシュで大体1グラム出てきます。

なので今回は10回プッシュすればいいですね♪

アルカリ電解水90グラムに「ウタマロクリーナー」10グラムで合計100グラムになったら、スプレーのトリガーを閉めて軽く混ぜましょう。

これで激落ちウタマロクリーナーの完成です!

ちなみに以前「ウルトラアルカリ電解水」というpHの高いアルカリ電解水を、「ウタマロクリーナー」と混ぜて使ったことがあります。

そのときは「ウルトラアルカリ電解水」と「ウタマロクリーナー」を1:1の割合で混ぜました。

泡の状態や油汚れの落ち具合など、気になる方はぜひこちらの動画をご覧ください♪

泡はどんな感じ?キッチンの壁に吹きかけてみた

完成した激落ちウタマロクリーナーを、キッチンの壁に吹きかけてみましょう。

白い壁なので泡はわかりにくいかもしれませんが……。

アルカリ電解水と「ウタマロクリーナー」は9:1の割合で、アルカリ電解水のほうが多く入っています。

なので比較的シャバシャバとした洗浄液になっています。

「ウタマロクリーナー」だけであればもっとしっかりとした泡になりますね。

シャバシャバとしている洗浄液を壁面に吹きかけるときのポイントは、洗浄液が一か所にまとまらないようにすること。

手首を固定したままシュッシュと吹きかけると、洗浄液が一か所にまとまってしまい、重みですぐ下に流れ落ちてしまいます。

ですが手首のスナップをきかせながら、広くシュッシュと吹きかければ、泡が広くかかるようになり、密着力の高い泡になります♪

激落ちウタマロクリーナーをかけた場所を、ペーパータオルで拭いてみましょう。

するするっと汚れが落ちていきます!

洗浄液がシャバシャバとしているので、直接壁に吹きかけるのではなく、ペーパータオルに洗浄液をつけてもいいかもしれませんね。

使ってみると「ウタマロクリーナー」だけで拭いたときのような、ヌルヌル感はありません。

水拭きや乾拭きが必要かなと思いましたが、拭きあがりはサラサラしているので水拭き・乾拭きの必要はなさそうです!

油汚れは落ちる?キッチンコンロのフィルターをお掃除

つぎは激落ちウタマロクリーナーでガンコな油汚れを落としてみましょう。

キッチンコンロのフィルターについている、黄色い油汚れを落とせるかどうか、試してみますね。

かなり色が濃くなっていますし、奥の方まで汚れがついていてちょっと大変そうです。

液が奥に残ってしまうと後始末が大変なので、洗浄液を吹きかけずにペーパータオルに洗浄液をつけて拭いていきますね。

……どうでしょうか?もうこんなにキレイになりました!

ちょっと油汚れがガンコなところは、洗浄液をつけて2~3分置いてから拭くといいですね。

汚れが柔らかくなり、ラクに落とせるようになりますよ~♪

「ウタマロクリーナー」とアルカリ電解水を混ぜる理由

ということで今回は「ウタマロクリーナー」とアルカリ電解水を混ぜて作った激落ちウタマロクリーナーで、キッチンの油汚れを落としてみました。

「ウタマロクリーナー」の良いところは、液性が中性ということ。

中性なのでどんな素材でも傷める心配がなく、安心して拭き掃除ができます。

ただし中性洗剤は、ガンコな油汚れへの洗浄力がイマイチになってしまいます。

油汚れはアルカリで落とすことができるので、今回はアルカリ電解水をプラスして、アルカリ度を高めて使いました!

アルカリ電解水はアルカリ度がかなり高め。

界面活性剤が入っていないので泡立つことはありません。

今回作った激落ちウタマロクリーナーはアルカリ電解水のほうが多く入っているので、完成した洗浄液はシャバシャバとしていました。

激落ちウタマロクリーナーは、壁面にかけるとすぐに流れてしまう、どこに洗剤をかけたのか分かりにくい、といったデメリットはありますが……。

それでもアルカリ電解水の洗浄力をカンタンに補うことができるお掃除法です!

ちなみに、今回はアルカリ成分としてアルカリ電解水を混ぜましたが、セスキ炭酸ソーダを混ぜるという方法もあります。

セスキ炭酸ソーダだとアルカリ度が落ちてしまいますが、それでも「ウタマロクリーナー」だけで使うよりは洗浄力はアップしますよ~♪

今回のお掃除の注意点

今回の激落ちウタマロクリーナーを使ったお掃除では、洗剤の液性をアルカリ性にしています。

「ウタマロクリーナー」は中性ですので、素材を傷めずにお掃除できるという特徴があります。

ですがアルカリ電解水を混ぜることで、アルミ製品のようなアルカリに弱い素材には使えなくなるのでご注意ください。

また、洗剤メーカーさんは「洗剤を混ぜて使うことはNG」としています。

「ウタマロクリーナー」とアルカリ電解水はどちらも混ぜるな危険の洗剤ではありませんが、混ぜることで想定外のことがおこるかもしれません。

わたしはこれまで何度も使っていて、不具合が起きたことはありません。

ですが万が一のことが起きたとしても自己責任となるので、注意してくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は人気のお掃除洗剤「ウタマロクリーナー」を、アルカリ電解水と混ぜてお掃除してみました。

カンタンにできますのでみなさんも一度試してみてくださいね♪

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/04/13 09:06:18時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました