のぞみの記事

泡洗浄剤でお風呂場の排水口を掃除してみた結果…

最近よく見るようになった泡洗浄剤ですが、本当に泡だけで汚れが落ちるのでしょうか。

のぞみ

今回は、そんな泡洗浄剤を実際に使って掃除をした結果についてご紹介します!

お風呂場の排水溝のお手入れの様子をじっくりと動画で見たい場合は、こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動画へどうぞ!

サクサクっと洗浄剤を使った掃除の結果だけを知りたい人はこちらの記事を参考にしてみて下さい♪

目次で読みたい場所まで簡単に飛べますよ!

お風呂の排水溝の汚れ

ここでは、お風呂の排水溝でよく見る汚れについて解説しています!

一般的な掃除方法もご紹介しているので、参考にしてみて下さい♪

ヌメリ

体から洗い流した皮脂や垢を餌にして、雑菌が繁殖することで、排水溝のヌメリ汚れとなります。

のぞみ

一般的に、ヌメリ汚れは落としやすい汚れの1つなので、中性洗剤などで落とすことができます♪

created by Rinker
バスタブクレンジング
¥1,251 (2022/12/08 02:48:15時点 Amazon調べ-詳細)

石けんカス

石けんカスは、水道水に含まれるカリウム・マグネシウム・カルシウムといった金属成分と、石けんに含まれる成分が反応し、白いカスとなって目に見えるようになった汚れのことです。

石けんカスは、石けんのように水に溶けることはなく、落としづらい汚れの1つです。

のぞみ

石けんカスはアルカリ性の汚れなので、酸性洗剤を使って落とすことが一般的♪

また、石けんカスはカリカリとした塊の汚れなので、クレンザーやメラミンスポンジなどで研磨して落とす方法もあります。

created by Rinker
ジフ
¥788 (2022/12/07 06:20:27時点 Amazon調べ-詳細)

カビ

のぞみ

カビには、赤カビと黒カビがあります!

カビは石けんカスや皮脂を栄養にして繁殖し、放置すると人体に悪影響を与える危険性があります。

赤カビよりも黒カビの方が頑固な汚れで、人体に影響を及ぼす可能性も高いです。

一般的には、黒カビも赤カビも塩素系洗剤が効果的。

一度、発生してしまうと落とすのに苦労するカビ。

一番、楽なお手入れ方法は換気扇をつけっぱなしにして、カビの好む条件を作らないことです。

面倒な場合は、2か月に1回のお手入れで済む「防カビくん煙剤」という商品もあるので、ぜひ試してみてくださいね♪

created by Rinker
ルック 防カビくん煙剤
¥1,432 (2022/12/07 23:05:35時点 Amazon調べ-詳細)

実証:泡洗浄剤でお風呂場の排水溝を掃除する

泡系洗浄剤の種類

今回の実証実験で使った泡洗浄剤をご紹介します!

カビキラーや強力カビハイターといった塩素系洗剤に比べて、1本300~400円とお値段が張ることがわかりました。

その一方で、使用方法は泡洗浄剤を吹きかけて時間を置くだけ

洗浄力はそこそこに、時短の要素が大きいことがわかりますね♪

スクラビングバブル バスフリー もこピカ

表示成分
  • 界面活性剤(1.0%、ポリオキシエチレンアルキルエーテル)
  • 金属封鎖剤

モコ泡わ トイレクリーナー

表示成分
  • 界面活性剤(2%ポリオキシアルキレンアルキルエーテル)
  • エチルアルコール
  • 香料

らくハピ マッハ泡バブルーン

created by Rinker
らくハピ
¥2,300 (2022/12/08 02:48:18時点 Amazon調べ-詳細)
表示成分
  • 界面活性剤(2.07%、アルキルグルコシド(非イオン系)
  • 溶解剤(エチルアルコール)
  • 除菌剤(イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

泡洗浄剤で掃除をした結果

「スクラビングバブル バスフリー もこピカ」「モコ泡わ トイレクリーナー」で排水溝パーツの洗浄を行い、「らくハピ マッハ泡バブルーン」で浴槽側の栓から泡洗浄を行いました!

のぞみ

結果は「ぬめり汚れであれば十分落とすことができる」でした♪

カビや石けんカスの汚れは、付いていなかったため、検証実験ができませんでしたが、排水溝パーツについたヌメリは手で擦り洗いすることで確実に落とすことができました!

日々こまめに排水溝のお手入れをしていれば、泡洗浄剤を使っていても問題ないようです。

ちなみに、泡洗浄剤の使い方では1週間に1度のお手入れをオススメしているものもありましたよ!

まとめ:洗浄力重視なら泡洗浄剤は不十分だけど…

検証実験から、ぬめり汚れなど落としやすい汚れは泡洗浄剤でも十分落とすことが可能と分かりました!

しかし、今回の検証実験では、お風呂場の排水溝にはぬめり汚れしか付いていませんでした。

つまり、より頑固な黒カビや石けんカスの汚れには泡洗浄剤が効果的か分かりませんでした。

のぞみ

表示成分を見る限りでは、おそらく、泡洗浄剤では頑固な汚れを落としきれないはずです…!

洗浄力重視ではやはり、塩素系洗剤が良いですが、泡洗浄剤にはいくつかのメリットがあります♪

泡洗浄剤のメリット
  • 塩素系洗剤のように、塩素の独特のにおいがしない
  • 人体に有害なガスが発生することがない
  • 皮膚に触れてしまってもダメージが少ない
  • 掃除スタイルのマンネリ化を防ぎ、気分を盛り上げられる
  • 時短になる

このように塩素系洗剤にはないメリットがいくつもあります!

また、洗浄力は不十分と表現しましたが、それは頑固な汚れが付いてしまった場合です。

泡洗浄剤は時短というメリットもあるので、こまめなお手入れも苦になりません!

そういった点では、頑固な汚れがつくこともないので、泡洗浄剤の洗浄力でも十分と言えますね♪

のぞみ

皆さんもぜひ泡洗浄剤を使ってみてください!

created by Rinker
らくハピ
¥2,300 (2022/12/08 02:48:18時点 Amazon調べ-詳細)
汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /