のぞみの記事

【浴室のドアレール掃除】ホコリ・黒ずみ汚れを落とす方法

のぞみ

こんにちは、のぞみです。

今回はお風呂のドアレールについた、カビやホコリなどの黒ずみ汚れを落としていきたいと思います。

ほぼ毎日使う場所ですが、なかなかお掃除がしにくくて放置してしまうんですよね……。

できるだけカンタンにキレイにする方法を、ご紹介できればと思います!

ちなみに参考にしたのは、こちらの茂木和哉(@motegikazuya)さんのYouTube動画です。

浴室ドアレールの黒ずみ汚れをお掃除

まずはドアレールの汚れ具合チェックしましょう。

今回はかなりひどい黒ずみ汚れがついています。

ですので塩素系のカビ取り剤を使って念入りに掃除していきます。使うのは……「茂木和哉カビ取りジェルスプレー」です!

わたしのおうちのお風呂のドアレールが、塩素系の洗剤をつかっても大丈夫かどうかは調べていません。あくまで自己責任として使っています。

また、普段のお掃除であればこちらの動画も参考になりますよ~!

手順① 塩素系漂白剤を汚れに塗り広げ、15分ほど放置

まずは汚れの部分に、塩素系漂白剤を付けていきます!

今回は「茂木和哉カビ取りジェルスプレー」を使っています。

そして綿棒を使って洗剤を塗り広げていきます。

洗剤は一気に全体にはスプレーせず、綿棒ですこしずつ塗り広げていくのがポイントです。

塩素系の洗剤を使うと、素材が傷んでしまうことがありますよね。

特に今回は、ドアレールの塗装が剥がれて下地の金属が見えているところがありました。

金属がでているときろには、絶対に塩素をかけたくありません。

カビを取るのは、塩素系の漂白剤であれば何でも構いませんが、カビキラーやカビハイターのような泡タイプの洗剤だと、泡が流れていってしまうことがあります。

流れた先に金属など塩素NGの素材があると大変ですよね。

洗剤が流れていかないように、今回はジェルタイプの「茂木和哉カビ取りジェルスプレー」を使いました!

手順② 洗剤をふき取り、ブラシで汚れをかきだす

洗剤をティッシュでふき取る

洗剤を塗り広げたら、15分ほど放置し、洗剤をティッシュでふき取ります。

ティッシュでふき取るだけで、かなり黒い汚れが落ちてきました。

水をかけながらブラシで汚れをかきだす

ある程度ティッシュでふき取ったら、次は水で流していきます。

シャワーで流したいところですが、脱衣所が水浸しになってしまったりしませんか?わたしはよくやってしまいます……。

そこでオススメなのが「水道水をいれたスプレー」です。

少しずつシュッシュと水をかけることができるので、水浸しになることがありません。

シャワーの水が届きにくい場所をお掃除するときにも便利なアイテムです!

水道水を入れたスプレーをシュッシュとドアレールにかけ、チャンネルブラシでとっていきます。

水を使うことでカビ取りジェルスプレーが薄まってすすがれるのはもちろん、チャンネルブラシで汚れをかきだしやすくなります!

created by Rinker
髙儀(Takagi)
¥600 (2021/12/03 12:51:55時点 Amazon調べ-詳細)

ドアレールのゴムは取り外して掃除することもできますが、はめ込むのか結構大変です。

今回はゴムは外さないままお掃除しています。

ゴムの部分の汚れは、ぺらっとめくるだけでも、だいぶ汚れがかきだしやすくなりますよ!

手順③ 洗剤と水気をふき取る

チャンネルブラシでの掃除が終わったら、ティッシュで水気をふき取っていきます。

ティッシュでなくてもマイクロファイバークロスなどの布で水気をふき取ってもいいのですが、わたしはお掃除のあとに汚れのついた布を洗うのが面倒で……。

できるだけティッシュやキッチンペーパーなどの使い捨てのものを使っています。

念のため、もう一回水をかけてふき取りましょう。

次はティッシュではなく、もう少し丈夫なキッチンペーパーで水気をふき取ります。

使ったのは毎度おなじみスコッティの「洗って使えるペーパータオル」です。

created by Rinker
スコッティファイン
¥1,745 (2021/12/03 20:41:20時点 Amazon調べ-詳細)

今回は塩素系の洗剤を使っていますので、少しでも洗剤が残っていたら素材が変色する、傷んでしまう原因になってしまいます。

念には念をと、2回水拭きしていきます。

お掃除後の汚れチェック

お掃除が終わりましたので、カメラを近づけてチェックしていきましょう。

どうでしょうか?黒いところもキレイになりました!

ティッシュでふき取ったときに結構黒い汚れが落ちていたので、もしかするとこするだけでもある程度の汚れが落ちたのかもしれません。

カビ取り剤を使うまでもなかったかな……とも思いますが、少なからず効果はあったと思います。

また塩素系洗剤は素材によっては使えないことがあるので、使うときはよく調べて、あくまで自己責任ということでご利用ください。

そして今回は、チャンネルブラシが大活躍でしたね!

わたしは隙間をそうじするとき、古い歯ブラシを使ってお掃除することが多いです。

歯ブラシでもL字に加工してあげると、かなりお掃除がしやすくなるんですよ!

自作ブラシの作り方は、以前茂木さんが動画であげてくれているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

それでも古歯ブラシも切らしてしまっているときもあるので、チャンネルブラシを常備しています。

そんなに高いものでもありませんし、一本持っておくと便利ですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、なかなかお掃除しにくい場所である、お風呂のドアレールをお掃除してみました。

あんなに黒い汚れがたくさんあったのに、キレイにすることができてよかったです。

みなさんも是非、試してみてくださいね。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

またお会いしましょう~♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /