お悩み相談

【主婦必見!】普段使っている食器用洗剤の代わりに重曹ってアリなの!?【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

皮脂や油汚れ落としの際、その浸け置き洗浄に役立つ洗剤としてよく重曹を用いるという方も多いでしょう

実際私もお世話になっているのですが、ふと…、
普段やっている食器洗浄とかも重曹でやれば、すごく安全なのではないか?
という疑問と興味が湧いてきました

ということで今回は、重曹と従来の食器用洗剤のメリット・デメリットを紹介し、その上で普段の食器洗いに適しているだろう洗浄剤についてまとめていきたいと思います!

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

重曹と食器用洗剤の比較

まず食器を洗うという行為において、重曹と従来の食器用洗剤の比較を行いましょう♪
これをすることで、どのような洗浄剤が適しているのか、ということが見えてくるはずです!

重曹のメリット・デメリット

では初めに重曹についてです
やはり重曹のメリットということでパッと思い当たるのは「安全性の高さ」でしょう
特に小さなお子さんがいる方や、肌が弱い方にとって安全に使えるというのは大きな利点です
また重曹は常温の水に溶かした場合pH9とそこまでですが、沸騰したあとのお湯に混ぜるとpH10程度、混ぜたお湯をさらに熱して再度沸騰させるとpH11程度まで上昇します

ゆえに煮沸した重曹水溶液に油汚れのついた食器を浸しておいたり、コゲ汚れに対して擦り洗いをするときに用いたりなど結構役に立ってくれます!

ただしデメリットもあります
まずは使い勝手の悪さです
重曹は元々粉であり、仮に水やお湯に溶かしたとしてもそれだけでは泡立ちません
ゆえに浸け置きならばいいですが、スポンジ洗い用の洗剤としては不向きと言わざるを得ません
また泡立ちがないことは、洗浄剤のすすぎ残しを可視化できないため、洗い残しを生む原因にもなります
さらに沸騰したお湯に混ぜればそれなりのpH値なるものの、元々の洗浄力は比較的低く、これも大きなデメリットとして考えられます…

食器用洗剤のメリット・デメリット

次に従来の食器用洗剤のメリット・デメリットについて紹介しましょう!

まずメリットとしてはしっかり汚れを落としてくれる点にあります
泡立ちも十分にあって、スポンジ洗いに適しており、かつすすぎ残しが起きるリスクも低いです
また使い慣れているというのもあるでしょうが、ほとんどのものが液体であるためにボトルからちょっと出してささっと洗うという、効率の良さも目を引きます
これは特に食器の量が多い家庭にとってはとても大きなメリットとなるでしょう♪

しかしもちろんデメリットも存在します
まずはその安全性についてです
ふつうに使う分には特に問題ありませんが、先述の通り小さなお子さんがいる方や、肌の弱い方にとっては少々気になるポイントだと思われます
実際食器用洗剤には合成界面活性剤という、肌にいいとは決して言えない成分が配合されています

肌に優しい食器洗い

ではこれまで食器洗浄における重曹と食器用洗剤の比較を行いましたが、ここからは茂木さんおすすめの食器洗い術、そして洗浄剤を紹介していきます!

手袋をする

洗浄剤による肌荒れが気になる、という方に向けてこれを一番手っ取り早く解決する方法は、やはり手袋をして食器洗いをすることでしょう

最近ではゴムによるかぶれが起きにくいニトリルゴム製の使い捨て手袋も、よく身近で見かけるようになりました

しかし単純に食器洗いのたびにつけて、外して、捨てて、というのが面倒です
また指の感触がないために、洗い残しやすすぎ残しがないかどうか、触覚で確かめられなくなってしまいます

手袋をせずに、それでも肌荒れのリスクを下げる方法はないのでしょうか?

石鹸を使う

肌荒れしにくい、ということで思い浮かぶのが石鹸です!
石鹸は成分こそアルカリ性であり、その部分だけで肌荒れのリスクについて考えるならば、食器用洗剤と大差ありません
しかし重要な点として、石鹸は洗い残しが起こりにくい、という性質があります
実際石鹸で体を洗った後は、石鹸カス、つまり固体として汚れが浮き出てきますよね
あれと同じで、仮に食器洗剤として石鹸を使った場合でも、この性質のお陰ですすぎ時間が短くてすむ、というのが大きなメリットです

ただしもちろんですが、ここで紹介している石鹸は固形であるため、食器用洗剤としての使い勝手は慣れていない分あまり良くないかもしれませんね…

水石鹸を使う

茂木さんが動画内で最もおすすめしていたのが、この水石鹸の使用です!
その名の通り液体タイプの石鹸であるために、固形石鹸だと感じるだろう使い勝手の悪さを感じずにすみます
また合成界面活性剤は含まれているものの、その種類が従来の食器用洗剤に含まれているものとは若干異なるため、安全性も比較的高いです
そしてもちろんですが泡立ちもしっかりあり、重曹よりも使い勝手が良いです♪

なお水石鹸にも色々な商品がありますが、中でも茂木さんイチオシの水石鹸が「綿雪潤石鹸」です

created by Rinker
茂木和哉コスメ
¥3,630 (2021/10/27 12:31:25時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの水石鹸は、そもそも赤ちゃん用に作られたものであるために、肌荒れリスクの低さに対しては定評があります
また他の水石鹸よりもとろみがついているために、液跳ねのリスクが比較的低い、無駄な使用を控えられる、スポンジに乗って垂れにくい、などの特徴もあります

ただし少々値が張るため、お財布としっかりご相談の上ご購入されるとよいでしょう

まとめ

いかがでしたか?
今回は食器洗浄における重曹と食器用洗剤の比較、そして茂木さんおすすめの食器洗浄術について紹介してきました!

特に一日に何度も食器洗いをする主婦の方にとって、肌荒れというのは死活問題だと思われます
今回の記事を参考に是非肌荒れ対策をしつつ、汚れもしっかり落としてくださいね♪

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /