のぞみの記事

【驚きの結果】強力カビハイターの粉末タイプを使って、お風呂の排水口掃除をやってみた!【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

皆さんはお風呂の排水口掃除、こまめにされていますか?

特に上の画像のようなタイプの排水口だと、一見汚れていないようにも見えるため、ついつい掃除をサボりがちですよね…

そこで今回は強力カビハイター 排水口スッキリ粉末発泡タイプ」を使ってお風呂の排水口掃除をしていきたいと思います!

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

強力カビハイター粉末タイプ

まずは今回使う洗浄剤を紹介しておきます!

こちらが「強力カビハイター 排水口スッキリ粉末発泡タイプ」ですね
実は私自身初めて使うものなのでどうなるか分からないと言うのが本音です…
実際いつもは違う方法で排水口掃除をしているので、今回はお試しといったスタンスでお掃除をしていくつもりであります!

成分について

初めに洗浄剤の成分についてです
元のシリーズである強力カビハイターは塩素系漂白剤ですが、こちらの粉末発泡タイプも同じく塩素系漂白剤となっています
排水口の汚れには塩素がとても効果的なので、ここだけ見ればかなり期待できますね!

ただしもちろん粉末タイプなので、配合されている成分が違うようです
具体的には…、
塩素化イソシアヌル酸塩
発泡剤(有機酸、炭酸塩)
界面活性剤(アルキル硫酸エルテルナトリウム)
安定化剤
増粘剤
という成分表示がパッケージの裏にありました!

この中で汚れ落としに直接役立つ成分は、一番上の「塩素化イソシアヌル酸塩」という物質でしょう
これは有機系の塩素剤であり、別名を「ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム」といいます♪
茂木さんも、自身が販売している「黒木真白」という粉末系漂白剤に配合しているらしいです

created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥1,870 (2022/10/05 06:24:34時点 Amazon調べ-詳細)

しかしこの強力カビハイター粉末タイプの特徴という点では、塩素成分や粉末タイプというだけでなく、発泡という部分も注目が必要です!

汚れを落とすための泡

先述した成分を再度見てみると、「発泡剤」というものが含まれていますね
これはその名の通り泡を発生されるための成分なのですが、どうして排水口掃除に泡が必要なのでしょうか?

排水口で泡というと、以前大手動画アプリにおいて「重曹とクエン酸による泡洗浄」の動画を私はよく見かけました
実はあれ、あまり意味がないのですが、その理由は泡に塩素成分が含まれていないからです

しかし逆に言えば、塩素成分が配合されていれば泡も大きな意味をなしてくる、ということです!
具体的には塩素成分の浸透力や密着力の補助をしてくれます
粉末タイプに含まれている塩素成分だけでは、なかなか排水口全体に塩素を行き渡らせるのは困難です
それに仮に行き渡ったとしても、そこから放置洗浄をする際、成分がずっとその場に留まってくれないと意味がないですよね…
これらの悩みを一挙に解決してくれるのが、泡の存在です!
さらに「増粘剤」も含まれているので、泡持ちがよりよくなっていることでしょう♪

実践!強力カビハイター粉末を使った排水口掃除

使う洗剤についての解説が終わったところで、早速排水口掃除に入っていきます!
因みに掃除前の排水口の中は…、

この通り、かなり汚れています…
果たしてこの汚れは綺麗になくなるのでしょうか?

パーツを外さずに洗浄

先述の通り、今回私はこの塩素剤を初めて使うので、まずはパッケージにある使い方をしっかり読んでみました

それによると、初めに200mLのぬるま湯を用意し、次に…、

蓋を開けた状態の排水口に、強力カビハイターの粉末をまんべんなくかけていきます
結構塩素臭がキツかったですね…

そして用意しておいたお湯を回しかけると…、

このように泡がモコモコと出てきました!
これならばしっかりパーツの汚れにも浸透してくれそうですね♪
最後に蓋を閉めて30分放置すれば洗浄は完了です

そして30分後の様子が…、

このようになっていました!
まだ泡が残っていますね♪

ではシャワーですすいで、中の汚れが落ちているか確認していこうと思います!

しかし汚れは…、

この通り…
多少は落ちているものの、お世辞にも綺麗さっぱり落ちているとは言えませんね…

今回は説明書にある通りの方法で行いましたが、もしかするとパーツごとに分けて塩素剤を使った方が効き目は良かったかもしれません…

残った汚れを磨き洗い

仕方ないので残ってしまった汚れを磨き新出落としていこうと思います!
綺麗さっぱり落ちてはくれなかったものの、初めに比べればそれなりに綺麗になっていることと、落ちていなくても汚れが浮いている部分が多いため、少しは楽に磨けるといいのですが…

具体的な方法としては、シャワーで落とせるだけの汚れを落とした後、チャンネルブラシで…、

このように直接磨いていきます!
結果少々時間はかかったものの、汚れをしっかり落とすことができました♪
ただ結局ほとんどの汚れをチャンネルブラシで落とす形となりましたね…

今回の結果は少々残念でしたが、先述の通りパーツごとに洗浄したら、もっと汚れを落とせていたかもしれません
またそもそも汚れが多すぎたというのもあるでしょう

実際洗浄剤のパッケージには…、
3~4週間に1回のご使用をおすすめします
という文言がありました
つまり1か月ほどの期間で発生する程度の汚れならば、問題なく落とすことができる、とも考えられます

流石に掃除前の状態は1か月以上の汚れの蓄積がありましたからね…

まとめ

いかがでしたか?
今回は「強力カビハイター 排水口スッキリ粉末発泡タイプ」を使ったお風呂の排水口掃除法について紹介をしました!
少々性能が悪いようにも見えましたが、実際は商品コンセプト以上の汚れを相手させてしまったようにも思えますね…
こまめな掃除が大事だということが改めて分かった気がします

なお今回紹介した方法の他に、いつも茂木さんがやっているという排水口の掃除方法もありますので、ご興味ある方はぜひそちらの記事もご覧くださいm(__)m

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /