のぞみの記事

【水垢掃除】洗車用グッズはお風呂掃除にも使えるのか? バスタブ編【実験・検証】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

今回は下記の記事で紹介した「撥水プラス 水アカシャンプー」という車用の水垢洗剤をバスタブ掃除に使ってみる、といった趣旨の記事になります!

created by Rinker
ソフト99
¥801 (2021/09/20 21:11:18時点 Amazon調べ-詳細)

もちろん用途外の使い方となるので、実際水垢は落ちるのか、そして撥水効果がどれほどあり、それは水垢予防に繋がるのか、など疑問が多いですが、これらを解決できたらよいと思います!

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

掃除をする前に…

では早速「撥水プラス 水アカシャンプー」を使ってお風呂掃除していきたいのですが、まずは洗剤の使用方法を確認しておきましょう!

付属のスポンジとの併用

「撥水プラス 水アカシャンプー」には2種類のスポンジが付録としてついています!

洗剤の裏面で紹介されている「撥水プラス 水アカシャンプー」の使い方は…
まずスポンジに水を含ませたのち、
そこへ洗剤を原液のままたっぷりつけて、擦り洗いをする
とのことなので、まずは柔らかい方の「スタンダードスポンジ」(上記の画像の黄色いスポンジ)で擦り洗いをしつつ、水垢がガンコな箇所には固い「パワースポンジ」(上記の画像の黒いスポンジ)を使っていこうと思います!

希釈割合と泡立ち

原液のままの使用が推奨されている「撥水プラス 水アカシャンプー」ですが、これは車に使う場合です
今回はバスタブに対して使用したいということもあって、一応水で希釈して最適な希釈割合を探してみたいと思います

そこで目安となるのが泡立ちです!
泡立ち加減で希釈が上手くいっているのかどうかある程度図ることができます
しかし…

これは原液をそのままスプレー容器に入れてトレイに吹き付けた際の画像なのですが、ご覧の通り原液でもほぼ泡立ちが見られません
なおこの後色々な希釈割合を試してみましたが、あまり泡立ちはしませんでした…

ただこの様子を見るに、含まれている界面活性剤の濃度が濃いのではなく、薄いがゆえに泡立たない可能性があると思われます
界面活性剤の含有量が少ない理由としては、原液での使用を前提としているため、あるいはコーティング剤が含まれているためなどが考えられますが、今回は車に使う時と同様の方法でバスタブ掃除をしていきたいと思います!

「撥水プラス 水アカシャンプー」による水垢掃除

今回は車用の洗浄剤がバスタブにも効果があるのか?という視点で掃除を行うため、洗う前と洗った後の比較をしっかりしていきたいと思います!
では早速お風呂場に行って、バスタブ掃除を行いましょう♪

車用洗剤を使ったバスタブ掃除の手順

まずは先述の通り、付録の黄色い「スタンダードスポンジ」を水で十分濡らし、そこへ「撥水プラス 水アカシャンプー」を原液のままたっぷり注ぎます
なお弱いですが酸性の洗剤なので、使い捨てのゴム手袋をしてから掃除を行うとよいでしょう♪


次にこのスポンジでバスタブを擦り洗いしてきます!

この時洗浄剤をバスタブに強く塗り込むような感覚で、擦り洗いをした方がのちの撥水効果が生まれやすいようです

最後に1分ほど放置し、洗い流します
そして洗い流した後と、洗浄前の比較が以下の画像になります!


正直見づらいですが、若干洗った後の方が撥水しているように見えます

まとめ

いかがでしたか?
今回は「撥水プラス 水アカシャンプー」という車用の洗浄剤をバスタブに使用した際の使い心地と、その効果について紹介をしてきました!

一応洗った直後の撥水効果は若干見込めるものの、効果抜群とまではいかないといった印象です
またこの撥水効果がどれだけ長く持続するのかなどに関しては未知なので、その辺りの検証もしていきたいですね

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /