*

石鹸と合成洗剤のメリットとデメリット

公開日: : :茂木 和哉 ブログ ,

こんにちは!茂木和哉です。

過去記事を読み返してたら今とはだいぶ考え違う自分がいてちょっとビックリしました(笑)

昔は合成洗剤より石鹸の方が良いと強く思ってた時があって、ブログでも皆さんに石鹸をゴリ押ししてた時もありました。

でも今は考え方が変わって合成洗剤押しの時もあります(笑)

石鹸派から合成洗剤派に変わったわけではなくて、ようは使う方次第で適した方が変わると言う事なんですよね。

だから私がやるべきことは、石鹸、合成洗剤のそれぞれの違ったメリットとデメリットを分かりやすく皆さんにお伝えする事だと思ってます。

メリットとデメリットを理解もらえたら、あとは皆さんが自分に合った方を選べるわけですからね。

石鹸が絶対良いんだ!合成洗剤が絶対良いんだ!と一方に偏っている方いるじゃないですか。

あれはダメですねー

昔の自分を見ているみたいです(笑)

だって無理があるし嘘になるんです、本人がそう思ってなくても。

どっちもメリットとデメリットがあるわけで、メリットだけ伝えてデメリットを伝えないの絶対ダメですね。

で、今回は私が平等な目線で石鹸と合成洗剤のメリットとデメリットを分かりやすくお伝えします!

 

合成洗剤のメリット

1.使いやすい。

石鹸は硬度分が高めの水だったり、汚れに中和されたり、水である程度薄まってしまうとい一気に働かなくなります。

しかし合成洗剤はそのような環境、状態でも何事もないように仕事をしてくれます。

それた使う方からしてみたら使いやすく感じます。

 

2.種類がたくさんある。

ドラックストアやホームセンターの洗剤売り場やシャンプー、ボディソープ売り場を見てもらえたら一目両全だと思うのですが、ほぼほぼ合成洗剤しか置かれていません。

石鹸系はほとんどなく小さなお店には置いていない事だってあります。

業務用洗剤も同じです。

合成洗剤がたくさんあるとは言えほとんど同じもののように思う方もいると思いますが、こだわりのある方にとっては僅かな違いでも大きな違いになるので種類が多い方がイイですよね。

 

3.素材を傷めず使用可能な中性にできる。

1つ目で合成洗剤がどんな環境でもいい仕事をするとお伝えしましたが、その大きな特徴を生かし酸性洗剤やアルカリ洗剤、そして素材を傷めない中性洗剤にもなれるのが合成洗剤の良いところです。

石鹸はアルカリ性にしかなれませんので。

 

合成洗剤のデメリット

1.すすがれにくい。

サッとすすげて残りにくい石鹸に比べ合成洗剤は中々ヌルヌルが取れなく泡も消えてくれません。

なので、すすぎ残りのリスクが高まりますし、すすぎにたくさんの時間と水を使います。

 

2.働きをやめてくれない。

どんな環境、状態でも仕事をやめないと言うことはしっかり洗い流さない限り、その場で仕事をし続けると言うことです。

なので、もし肌についていたら肌荒れにつながります。

 

3.分解されるスピードが遅い。

石鹸と比べて合成洗剤は生分解性が悪いく分解されるまで時間がかかります。

合成洗剤の中には完全に分解されないものもあります。

でもしっかり排水溝に流して下水処理施設まで流せれば問題ありません。

問題なのは自然環境に汚水を流すことです。

 

石鹸のメリット

1.すすがれやすい。

合成洗剤の逆ですね。

赤ちゃんの体を洗ってあげる時、私が石けんの方をオススメするのがこの点です。

まだ肌が強くない赤ちゃんの肌に合成洗剤(合成界面活性剤入りボディソープ)の残ると必ず肌トラブルを起こしますからね。

 

2.働きをやめる。

すすがれやすい石鹸ですが、もし仮に肌に残ったとしても酸性の皮脂によって中和されたり水で薄まったりすると働きをやめるのでそれ以上肌を痛めつけません。

 

3.分解されるスピードが速い。

現在は下水道の普及率がかなり高くなっているので自然環境に直接汚水が放流されるようなケースは非常につく無くなったのですが、もし自然に放出されたとしても合成洗剤より分解されるのが早いので環境に負荷を与えません。

 

石鹸のデメリット

1.使いにくい。

これも合成洗剤の逆ですね。

使用するが硬水だとほぼ泡立ちません。

温泉浴場で石鹸を使うと全然泡立たないのがそれです。

それと油汚れに中和されたり水で薄まったりすると汚れが落ちなくなるので合成洗剤と比べると非常に使いにくいしうまく使うにはコツが必要となります。

2.種類が少ない。

大手が合成洗剤しか作ってないですからねー

石鹸系は売り場を失いお店にほとんど並んでない状況です。

一般向けの拭き掃除用水石鹸は、おそらく「白いなまはげ」ぐらいです。

 

3.刺激が強い。

実は石鹸は刺激が強いです。

石鹸水が目に入ると凄くしみますよね。

普通のシャンプーやボディソープではあれほどしみません。

理由は「アルカリ性」だからです。

普通のシャンプーやボディソープは中性ですからね。

ただし洗濯洗剤や台所洗剤と比べた場合、界面活性剤の種類によってはそれほど刺激に違いがない場合もあります。

油汚れ落ちがいい洗剤には強い合成界面活性剤が使われてますからね。

 

まとめ

プロの清掃業者さんがドギツイ油汚れを相手に掃除しなければならない時は、石鹸系なんて使ってられません。

合成洗剤だって大変なぐらいですからね。

そんな状況で石鹸を使っていたのでは、掃除に時間がかかるしもしかしたらキレイに落としきることができない事だって考えられます。

そんなではコストはかるし結果お客様にご迷惑をかけてしまいます。

一方、生まれたばかりの赤ちゃんを沐浴で洗ってあげる時や、ようやく自分で体や頭を洗うようになった子供は断然石鹸の方が適してます。

合成洗剤(普通のシャンプー、ボディソープ)ではすすぎ残りが心配ですからね。

そんな感じでどんな方がどのような環境で使うかで、合成洗剤の方が良い場合もあれば、石鹸が良い場合もあります。

それぞれのメリット、デメリットをちゃんと理解してどっちを使う方が良いのか自分でお決めになってください。

その為に私は中立の立場で真実を分かりやすく何度でも伝え続けます!

 

唯一無二の拭き掃除用水石鹸

 

 

amazonでも買えます。

 

石鹸のデメリットの1つ「刺激が強い」を改善した新しい石鹸!
小さな子供や手荒れにお悩みのお母さんにオススメ!

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

汚れ落とし研究家茂木和哉株式会社
汚れ落とし一筋23年の汚れ落とし研究家。累計出荷本数150万本超の水垢洗剤「茂木和哉」の開発者。主にラクしてキレイにする掃除術や洗剤の間違った情報をなどをSNSで日々発信。SNS総フォロワー数10万人超。TikTok厳選ユーザー。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
茂木和哉 ROOM

関連の記事。こちらもどうぞ

茂木流!油性ペンやボールペン、クレヨンの落書き落とし!

こんにちは!茂木和哉です。 小さな子供をお持ちのお母さん、子供の落書き跡、いたずら書き

記事を読む

間違った洗剤選びと正しい洗剤選び

こんにちは!茂木和哉です。 皆さん洗剤を選ぶ際は、パッケージのどこをチェックしています

記事を読む

漂白剤の種類が分かれば住まいの掃除、洗濯のレベルが数段上がります!

こんにちは!茂木和哉です。 皆さん、「漂白剤」を活用できてますか? ガンコな汚れ

記事を読む

界面活性剤の働きについて分かりやすく解説!【合成界面活性剤】【合成洗剤】

こんにちは!茂木和哉です。 食事をした後の食器洗いや毎日の洗濯に欠かせない「洗剤」。

記事を読む

塩素系漂白剤の臭いを抑えて快適に使う3つの方法

こんにちは!茂木和哉です。 皆さん、塩素系漂白剤はお使いですか? 「混ぜるな危険

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

無印良品週間で食料品をまとめ買いして家事の負担を減らす!

こんにちは!茂木和哉です。 共働き夫婦やワーママの皆さん、ご飯作

浴場施設関係者の皆さん、浴場内のコケやカビにお困りではないですか?

こんにちは!茂木和哉です。 浴場施設の関係者の皆さん、タ

【プロ必見!】今お使いのカビ取り剤でちゃんとカビを落せてますか?

こんにちは!茂木和哉です。 一般的にカビ取り剤と言ったら

お風呂の木製製品がヌルヌルする3つの原因と解決方法!

こんにちは!茂木和哉です。 以前お客様からこんなご質問を

木材に生えた黒カビを木肌を傷めず落とす方法!

こんにちは!茂木和哉です。 木製風呂や木製のオケやイスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑