のぞみの記事

【諦めないで!】何をやっても落ちないバスタブの「銅石鹸」「水垢」「擦れ跡」を落とす方法【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

皆さん日々のバスタブ掃除において、取れない汚れはありませんか?

実は上記の画像の中にもかなり厄介な汚れが何種類か映り込んでいます
例えば画像右側の壁面に薄っすら見える黒、あるいは青っぽい線です
これは「銅石鹸」といって、配管に銅を使っている場合によく現れる青っぽい汚れです
また銅石鹸の他にも「水垢」や「黒い擦れ跡」など、よくよく目を凝らしてみると気になる汚れが結構あります…

そこで今回はバスタブに蔓延るガンコな汚れについて、これらの落とし方を茂木さんの動画を参考に紹介していこうと思います!

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

使う洗剤と使い方

今回は「銅石鹸」、「水垢」、「黒い擦れ跡」という種類の違う厄介な汚れを、順々に落としていきます
そこで洗剤に関しても複数のものを使う予定なので、使う洗剤別に汚れの落とし方について紹介しましょう♪

強力カビハイター

まずは銅石鹸を落とすのに使う「強力カビハイターを紹介します!

これを銅石鹸のある壁面の中心に吹きかけ…、

バスブラシを使って塗り広げましょう
塗り広げ終わったら10分ほど放置して、今度はしっかりブラシ洗いを施したのち、シャワーですすいでいきます!
これで“ある程度”の銅石鹸は落とすことができるでしょう

どうしてある程度なのかというと、この方法では2種類ある銅石鹸のうちの片方しか落とせないからです
実は銅石鹸には皮脂と反応してできた酸性の銅石鹸と、水道水のミネラル分と反応してできたアルカリ性の銅石鹸の2種類があります!
強力カビハイターで落とせるのはこのうち前者の酸性銅石鹸になりますね

ただしアルカリ性の銅石鹸に関しても落とす方法はあります
その内容に関しましては以前書いた下記の記事を参考にしていただければ幸いですm(__)m

なまはげ お風呂用

次に紹介するのはなまはげ お風呂用」を使った水垢掃除です!

なまはげは酸性のバス用洗剤であり、アルカリ性の汚れである水垢には中和作用による洗浄が効果的です♪

今回はバスタブのへりに…、

このような水垢(光の反射している場所にある鱗状の汚れ)が結構できていたため、こちらを落としたいです

まずなまはげをへりにスプレーして…、

このように硬めのスポンジなどで磨き洗浄を施します
一通り磨き終わったら10~15分放置し、再び磨き洗浄を行ったのちシャワーですすぎましょう
洗い流した後にしっかり水気を拭き取ったら水垢掃除終了です

因みに動画内では「さくらたわし」という硬めのスポンジを使っていました
しかしさくらたわしは現在廃盤となっているため、本記事では「超人たわしZ」をおすすめします!

こちらはさくらたわしの色違いであり、性能は変わらないので、安心してお使いくださいm(__)m

また1回の洗浄では落ち切らなくても、少しでも薄くなっていれば何回か繰り返し掃除することで、かなり綺麗になると思われます
ただし中にはこの方法だけでは落ち切らない水垢も存在します…
そのようなガンコな水垢については次の章にある「茂木和哉キッチン用」を使う手もありますが、あまりおすすめはしません
なおそれでも落ちない場合は基本的に業者さんにお願いせざるを得ませんが、一応そのガンコすぎる水垢落としに関しても備考という形で後述しますので、ご興味ある方はお読みください(ただし、素人の方はあまり参考にならないと思われます…)

茂木和哉キッチン用

では最後に黒い擦れ跡を落とすための「茂木和哉キッチン用を紹介しましょう!

こちらは数ある茂木和哉シリーズのクレンザーの中でも、含まれている研磨剤の大きさが最も小さい洗浄剤となっています
ゆえにもちろん注意は必要ですが、少しくらいならバスタブに使ってもよいかもしれない、ということで今回採用しました
ただやはり用途外の使い方となるため、やる際には自己責任でお願いしますm(__)m

方法は簡単で、汚れのある部分にキッチン用を少々出して…、

画像のように超人たわしZ(さくらたわし)で擦り洗いするだけです
ただし強く擦りすぎると、バスタブに小傷がつきかねないので、力加減には注意が必要でしょう!
擦り終わったらクロスで拭き取ってお掃除終了です♪

追記:ガンコすぎる水垢落とし

ここからはなまはげでも茂木和哉キッチン用でも落とせない水垢についての内容です
ただし先述の通り、素人の方はあまり参考にならない、つまりプロの方向けの内容となっているので、その点はご了承くださいm(__)m

どうしてプロ向けなのかというと、今から紹介する洗剤はそもそもプロの方にしか販売をしていないからです!
その業務用水垢洗剤の名は「青鬼」といいます

この青鬼は「シリカスケールという水垢の中でもトップクラスにガンコな汚れを落とせる」というコンセプトで開発された洗剤ですので、かなり刺激の強い成分が入っています
具体的な含有成分などについては下記の記事をご参照くださいm(__)m

ということで今回は風呂場のへりについたガンコな水垢をこの青鬼の希釈液で落としていこうと思います!
まず青鬼と水を混ぜて、10倍程度に希釈したら、そこに超人たわしZを浸して…、

このように直接磨き洗いをしていきます!
ただ製作者の茂木さんですら、自宅のバスタブに青鬼を使用するのは初めてだったらしく、濃度が濃すぎたり、長く洗剤が素材に触れていたりすると素材が劣化してしまうのではないかと冷や冷やしていました…

そんな裏事情もあり、普通よりも早めに洗い流した結果、1回での洗浄では落ち切らなかったです
そこでもう1度、今度は少し濃度を濃くして磨き洗いを施したところ…、

この通り、少し残っている部分もありますが、ほとんどの水垢が綺麗になくなりました!

まとめ

いかがでしたか?
今回はバスタブに蔓延る厄介な汚れということで、銅石鹸、水垢、擦れ跡をピックアップし、これらを落とす方法ついて紹介してきました

中でも水垢掃除に関しては大掛かりな洗浄を何パターンか紹介してきましたが、茂木さんは…、
水垢掃除はクエン酸などでこまめにやるのがベスト
と常々おっしゃっています
やはり日々の積み重ねが大事なのですね

なお本記事で紹介した洗浄剤は、いずれも「混ぜるな危険!」という表示のある洗剤たちです!
なのでそれぞれの洗剤が決して混ざり合うことのないよう、注意して掃除を行ってくださいm(__)m
もし気になる場合は日を改めるのもよいかもしれません

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /