のぞみの記事

【ベタベタ・ヌルヌル感をレビュー】ウタマロクリーナーの床掃除は水拭き必須?

のぞみ

こんにちは、のぞみです。

今回は、リビングダイニングのフローリングの掃除をしていこうと思います!

使う洗剤はこちら、家中のお掃除に使える「ウタマロクリーナー」です。

でも「ウタマロクリーナー」って、他の拭き掃除用洗剤と比べると、少し界面活性剤の濃度が濃いめなんですよね。

そこで今回は、実際にお掃除をしたあとに、拭き掃除後のベタベタ感もみていけたらなと思います♪

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

ウタマロクリーナーについて

今回のお掃除では、まずはじめに掃除機がけをしてホコリを取り、その後に「ウタマロクリーナー」を使って拭き掃除をしてきますね。

お掃除を始める前に「ウタマロクリーナー」について少し見ていきましょう。

「ウタマロクリーナー」の裏面にある成分をみると「界面活性剤(5%アルキルベタイン)」と書かれています。

そして花王さんの拭き掃除用洗剤「クイックルホームリセット泡クリーナー」の成分を見ると「界面活性剤0.4%アルキルアミンオキシド」と書かれています。

「クイックルホームリセット泡クリーナー」を使ったことのある方ならお分かりになるかと思いますが、拭いた後はヌルヌルしなくてサラサラとしていますよね。

そのサラサラ感は、界面活性剤が0.4%と薄いからなんです!

拭き掃除用洗剤の「クイックルホームリセット泡クリーナー」の界面活性剤の濃度が0.4%、それに対してマルチクリーナー「ウタマロクリーナー」の界面活性剤の濃度は5%です。なんと10倍近く違うんですよね~!

そうなると「ウタマロクリーナー」で拭き掃除をすると、少しベタベタ・ヌルヌルしてしまうかもしれません。

なので茂木さんはいつも「ウタマロクリーナーを拭き掃除に使うなら、水で10倍に薄めたほうがヌルヌルしない」とお話しているのですが……実際、原液のままで拭き掃除をしたら、どれくらいベタベタ・ヌルヌルするのか気になりませんか!?

なので今回は、「ウタマロクリーナー」を水で薄めずそのままフローリングのお掃除をしてみようと思います♪

掃除機でホコリ取り

拭き掃除を始める前に、掃除機でリビングダイニング全体のホコリを取っていきましょう。

今回つかうのは、ダイソンの掃除機です!

ウタマロクリーナー+雑巾ワイパーで拭き掃除

リビングダイニング全体の掃除機がけが終わったら、つぎは拭き掃除をしていきます。

拭き掃除には、マルチクリーナーの「ウタマロクリーナー」と、山崎産業さんの「雑巾ワイパー」を使います!

わたしが持っている山崎産業さんの「雑巾ワイパー」は少し前の型のもので、いま発売されている型とは形が違うかもしれません。

ヘッドの部分が洗濯ばさみのようになっていて、無印良品のマイクロファイバークロスをセットして拭いていきます。

マイクロファイバークロスをセットすると、こんな風になります!

山崎産業さんの「雑巾ワイパー」の良いところは、拭き掃除をしているときに引っかからないところですね!

クロスをセットして使うワイパーはいろんなメーカーさんから出ていますが、たまに拭いている途中にブレーキがかかって、ヘッドがくるんと反転してしまうものがあるんですよね。

お掃除がスムーズにできないのでストレスになりますし、フローリングに傷が付いてしまう原因にもなりますよね。

ですが山崎産業さんの「雑巾ワイパー」は、ヘッドが回転したりブレーキがかかったりしないので、お掃除でもしっかりと力強く拭くことができるんです!

雑巾ワイパーにマイクロファイバークロスをセットしたら「ウタマロクリーナー」を吹きかけます。

フローリングに「ウタマロクリーナー」を吹きかけながら拭いていってもいいのですが、一番はじめはクロスに直接洗剤をかけて馴染ませますね。

あとはフローリングに直接「ウタマロクリーナー」を吹きかけて拭いていきます!

ダイニングテーブル周りも拭いていきます。

リビングダイニング全体の拭き掃除が終わりました!

お掃除後のクロスをみてみると……結構汚れが付いていますね。

フローリングはぱっと見キレイにみえたのですが、意外と汚れていたんですね。

もちろん「ウタマロクリーナー」のおかげで、汚れをたっぷり吹き取ることができた、ということもあると思います!

それにつかった雑巾ワイパーも、しっかり力をいれて拭き掃除ができるので、よく汚れが落ちるんですよね♪

ウタマロクリーナーで拭いた後のベタベタ・ヌルヌル感は?

お掃除が終わりましたので、拭いた後のフローリングの様子を見てみましょう。

一番最初に拭いたあたりを触ってみます。

もう乾いているので、撫でるように触ったときのベタベタ・ヌルヌル感はありません。

どちらかと言うと、サラサラしている感じですね!

ただ…手を押し付けてから離すと、ちょっとだけくっつくような感じがします。

スリッパを履いた状態で歩くと、少しペタペタとします。

これは明らかに、洗剤残りが原因だと思います。

「ウタマロクリーナー」を吹きかける量が多かったのかもしれませんが、やはり原液のまま使ったことが大きいですね。

わたしはそこまで気にしないのですが、小さいお子さんがいるご家庭や、室内でペットを飼っていらっしゃるご家庭だと、洗剤残りは気になりますよね。

特に小さいお子さんは、ぺたぺたと床を触ったあと、手を舐めるなんてこともしますし……。

やっぱりヌルヌル・ベタベタ感を減らしたいのであれば、「ウタマロクリーナー」を10倍に薄めて使ったほうがいいですね。

それか面倒でなければ、原液のまま使って、その後に水拭きをすると良いと思います!

ちなみに「ウタマロクリーナー」に使われている界面活性剤「アルキルベタイン」は、とても安全性が高い界面活性剤です。

なのでベタベタ・ヌルヌルが気にならないのであれば、そこまで過度に気にする必要はないと思います~!

最後に、今回は原液のまま使いましたし、歩いたときのペタペタが気になるので水拭きをしますね。

水拭きには、こちらの「ブラーバ」を使います。

あとはブラーバにお任せして、今回のお掃除は終わりにします!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、リビングダイニングのフローリングの掃除のようすをお届けしました。

「ウタマロクリーナー」は家中のお掃除に使える便利な洗剤ですよね!上手に使って、キレイなおうちをキープしてくださいね~!

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /