のぞみの記事

【実験・解明】「ライオン(LION)」「P&G」「花王(Kao)」の食器用洗剤で洗浄力勝負!【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

皆さんは食器洗剤に何を使われていますか?
食器用の合成洗剤を売り出している企業として有名なのは、「ライオン(LION)」「P&G」「花王(Kao)」の3社でしょう
しかし、それぞれが出している主力商品である3種類の洗剤のうち、一番洗浄力が高いのはどれなのでしょうか?

今回はこの疑問を晴らすべく、実験を行い、その結果と考察をお届けします!!

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

比べる洗剤について

では今回実験に使う食器用合成洗剤を3種類と、実験の対照性についてご紹介します!

今回比べる洗剤たち

まず紹介するのは「ライオン」が出している「CHARMY Magica」(以後「マジカ」と記載)です!

マジカには「除菌プラス」や「速乾プラス」などの種類がありますが…、
今回はマジカの中でもオレンジの香りがする「酵素プラス」を実験に使っていくこととします

次は「P&G」から出ている「JOY(ジョイ)」

マジカ同様、JOYにも除菌ができるタイプや、香りの違うものなどがありますが…、
こちらも実験ではオレンジの香りがするタイプを使います

最後に紹介するのは「花王」の「キュキュット

こちらも多くの種類がありますが…、
対照実験のためにオレンジの香りのものを使うこととします

実験の対照性

食器洗剤に落としてもらいたい汚れは、やはり油汚れです
なのでこれを想定し、今回は調味料を付けたペーパーをそれぞれの洗剤希釈液に浸け置き、どの程度汚れが落ちたか、その差を見ていきたいと思います!
もちろん平等を図るため、それぞれの洗剤の使用量、希釈の濃さ、汚れの量などを同じにします

ただし洗剤には使用量の目安というものがあり、これは洗剤によって異なるものです
つまり同じ量で同じ濃さの洗剤溶液を作ってしまうと、それこそ平等性を欠く結果になるかもしれません

よって少々参考にならない部分もあるかもしれません。
しかし実際洗剤の種類やメーカーによって使用量の目安を逐一変える人はいないと思いますし、その辺りは大目に見ていただけると助かります。

実験の手順と結果

では早速実験に移りましょう!

下準備

まずは同じ大きさに切った9枚のペーパーのうち、3枚にラー油(画像の左側の皿)、3枚に中濃ソース(画像中央の皿)、3枚に醤油(画像の右側の皿)をそれぞれ同じ量だけつけ、しっかりと浸します


次にこの9枚のペーパーにカットした割りばしを付けて、おきます


最後に用意した3つのコップに150gの水と、3種類の洗剤をそれぞれ0.5gずつ入れて、混ぜます

これで準備完了です♪

実験開始!

では3種類のペーパーを3種類の洗剤溶液の中にそれぞれつけていきます!

今回は面倒なので一気に3枚とも入れましたが、より詳しくやる場合は別々に淹れた方がよかったかもしれません…
ただし3つのコップ内で、洗剤の種類以外の条件は変わらないので、このまま行います
このまま10分、そして一旦様子を見つつ、もう10分ほど放置します

では最終的な汚れ具合を、調味料ごとに比べていきましょう!
まずはラー油です!(左がマジカ、真ん中がJOY、右がキュキュット)

画像を見る限り、一番落ちがいいのは「キュキュット」ですね!
またマジカに関しては「左に汚れが残っており、右は綺麗になった」という、少し不思議な結果となりました

次はソースです!(左がマジカ、真ん中がJOY、右がキュキュット)

画像だと少し分かりにくいかもしれませんが、左マジカの汚れは結構残っており、JOYとキュキュットの落ち具合はほぼ同じといった結果ですね

最後に醤油ですが、これに関してはどれも同じくらい落ちています

(画像の一番下の位置にあるペーパーに汚れが残っていますが、ここは物理的に溶液が浸らなかった部分なので問題ありません。)

よってまとめると…、
「JOYとキュキュットの洗浄力がほぼ一緒で、どちらかというとキュキュットが上」
というような結果となりました!

まとめ

いかがでしたか?
今回は合成洗剤メーカー大手の3社「ライオン(LION)」「P&G」「花王(Kao)」の主力洗剤で、洗浄力の比較実験をしてきました!

結論としては、キュキュットが一番落ちる、となったのですが、正直成分から言うとJOYの方が落ちるはずでした。
仮説と結果が合わなかった、というパターンですね…
ただ基本的にはスポンジ洗いに使う合成洗剤を浸け置きで比べたこと、やはり洗剤によって適切な使用量が違うこと、などがこの実験の結果に繋がってしまったという場合もあるでしょう
なので今回の結果は参考程度にとどめ、今後の洗剤選びのヒントにしていただければと思いますm(__)m

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /