のぞみの記事

【順序が大事!】茂木流 “擦らない”浴室鏡の水垢落とし術!【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

皆さんはお風呂場の鏡にできたガンコな水垢を落とす際、どのような方法をとっていますか?
以前私も鏡の水垢掃除に関していくつか記事を出しました

例えば上記の記事ではクレンザーである茂木和哉「水アカ洗剤」を使った洗浄方法を紹介しました

また以下に貼った茂木さんの動画では、片栗粉でとろみをつけたクエン酸希釈液を使った洗浄法を紹介していました

今回はこれらの続編のような立ち位置の記事内容となっていて、また違ったアプローチで鏡のガンコな水垢落としを紹介できたらと思います!

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

下準備・予備知識

ではまず下準備として、今回使う洗剤や道具について簡単に紹介します

使うのは…
茂木和哉「なまはげ お風呂用」
さくらたわし
ペーパー
マイクロファイバークロス
の4点です!

ではそれぞれの道具についての予備知識を詳しくお教えしましょう

茂木和哉「なまはげ お風呂用」

今回使う洗剤は酸性洗剤である茂木和哉「なまはげ お風呂用」です

水垢は水道水に含まれるミネラル分が原因となって発生するアルカリ性の硬い汚れです
よってこれを落とすには酸性洗剤による中和洗浄か、クレンザーによる研磨洗浄しか基本的に方法はないといっていいでしょう

以前茂木さんの動画で紹介されていたのは、クエン酸というあまり酸性度の高くない洗剤による水垢洗浄でした
よってもしクエン酸で落ちない水垢が出てきた場合は、より酸性度の強い洗剤で汚れを落とす必要があります
そこで役立つのが今回紹介するなまはげです
クエン酸よりも高く、けれど尿石除去剤などの強酸性洗剤よりは低い酸性度を有しているこの洗剤は、クエン酸の次に使う場合、最適なチョイスとなるでしょう

もちろん以前私の記事で紹介したようなクレンザーによる洗浄も方法としてはありますが、鏡に傷がついてしまうリスクなども考えると、先になまはげを試した方が安全かもしれません
実際茂木さんも、クエン酸→なまはげ→クレンザーの順で試すとよい、と動画内でおっしゃっていました

さくらたわし

こちらは今回使うスポンジになります

このスポンジは水垢専用の硬いスポンジとなっており、その通り水垢に対しては効果抜群です!
今回はなまはげとの併用で、鏡にびっしりある水垢を落としますが、軽度の水垢であれば、酸性洗剤を使わずとも、普通のバスクリーナーによるスポンジ洗いだけで落とせてしまうほどに優秀なスポンジです

またさくらたわしと似た商品で「超人たわしZ」というものもあります

しかしこれは色違いなだけで性能自体は同じなので、青色の方が好みだ、という場合はこちらのスポンジをお使いになられるとよいかと思います

なおペーパーとマイクロファイバークロスに関しては、次の実践編で紹介するので、今回は割愛します

実践!擦らない鏡の水垢落とし

ではこれから実際に水垢洗浄に入っていきます!
それぞれの工程を画像と共に詳しく説明してきますね♪

まずは掃除前の鏡がこちらです

このように湯気がなくともかなり不透明な状態ですね…

果たしてクレンザーを使用せずに、この水垢を落とすことができるのでしょうか?

まずは手袋を両手にはめたのち、さくらたわしになまはげを適量スプレーしていきます

そして塗り広げるようにして磨き洗いをしていきます

強く力をかけ過ぎると、鏡が傷つくため、適度な力加減で磨きましょう!

そして一通り磨き終わったら、“洗い流さず”にペーパーで湿布をし、その上からさらになまはげを吹きかけ、ペーパーに馴染ませます

そして馴染ませた状態で約15分放置し、その後ペーパーを取ってからもう一度さくらたわしによる磨き洗いを施します
なまはげの酸性成分によって中和され柔らかくなった水垢を、再度磨くことでしっかり落とすのです!
そして最後の磨きが終わって、シャワーで洗い流したらマイクロファイバークロスで水気を拭き取ります
水気が残っていると次の水垢ができる原因になるので、しっかり拭きましょう♪

この洗浄の結果…

この通り!初めの水垢が嘘のように綺麗になりました!

まとめ

いかがでしたか?
今回は茂木和哉「なまはげ お風呂用」を使った鏡の水垢洗浄術について紹介してきました!

クレンザーを使わずとも、あそこまで鏡が綺麗になるのは驚きですね!
ただ水垢には色々な種類があります
見た目はひどくても簡単に落とせるものから、見た目はそれほどひどくないのに全く落ちないものまで多種多様です
よって先述したような「クエン酸→なまはげ→クレンザー」という段階的な洗浄方法の選択が、水垢の種類を見極める上で、そして素材の傷みを防ぐ上で重要な工程となってくるでしょう!

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /