のぞみの記事

【簡単】IH天板のこびり付き汚れと換気口パーツ汚れのラクラク掃除術

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

IHクッキングヒーターってとっても便利ですよね。
最近ではワンルームの賃貸マンションでもガスコンロと同じくらい見かけます。
でも、ガラス天板のこびり付き汚れは一度ついてしまうとなかなか落ちないし、パーツ汚れもどうお手入れしたら良いのか、いまいちよく分からないですよね。

そこで今回は、より楽で、おそうじグッズを極力使わないIHクッキングヒーターのお掃除方法をご紹介したいと思います。

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

IHクッキングヒーターの天板のこびり付き汚れは使い捨て手袋でラクラク綺麗に

こびり付き汚れの正体は水あか

IHの天板についた焦げ付きのような茶色い汚れ。
一見、油汚れや焦げ付きによる汚れのように見えるので、油汚れ用の洗剤を使って掃除をされる方が多いのではないでしょうか?

この汚れの正体、実は水あかなのです。
そのため、「いまいち落としにくい・・・」と感じている方は、もしかすると汚れに合っていない洗剤を使っているかもしれません。

そもそも、天板に水あかが付くのはどうしてでしょうか。
鍋やフライパンを使う時に、底に水滴が残ったままだと、IHの天板が濡れてしまいます。その状態で調理をすると、水滴が熱で乾いて天板にミネラル分が残ってしまいまいます

水垢は一般的に白色をしていますが、今回のように茶色をしているのは、水あか汚れに焦げや油汚れが混ざった状態だからです。
そのため、「マジックリン」のような油汚れ用の洗剤を使っても全然落ちないのです。
(少し落ちたように感じるのは、油汚れが落ちているからです。)

しかし、汚れを頑固にしている原因はズバリ、水あか!
水垢落としに適した洗剤を使えば、きれいに落とすことが出来ます。

茂木和哉&使い捨て手袋でこするだけ!

それでは実際に汚れを落としてみましょう
用意するのは、茂木和哉】と【使い捨ての手袋です。
今回は「ニトリル手袋」を使います。

created by Rinker
茂木和哉
¥1,820
(2021/10/21 00:46:29時点 Amazon調べ-詳細)

「茂木和哉」をしっかり振って天板に落としたら、手袋をつけた手で天板を優しくこすります。

すると・・・

あんなに頑固だったこびり付き汚れが、するすると落ちていきます!

あとはティッシュでふき取るだけ。

手袋のままティッシュで汚れをふき取ったら、そのままティッシュを握った状態で手袋を外せば、綺麗に捨てる事が出来ます。

跡形もなく綺麗になりました。

のぞみ

新品の時みたいに綺麗ですね!

使い捨ての手袋を使えば、汚れを落とした後は捨てるだけでOKなので、とっても楽ちんです。優しくこするだけなので、ガラストップに傷がつかない所もメリットですよね。

排気口パーツはビニール袋につけ置きでラクラク綺麗に

次に排気口パーツの掃除です。
排気口パーツについた汚れは油汚れなので、油性の汚れに効果がある【マジックリン】と、【大きめのレジ袋】を用意してください。

まず、排気口パーツを1つ1つ取り外してレジ袋に入れていきます。
外せるパーツはすべて外して袋に入れましょう。

次に、その状態でパーツにマジックリンをかけていきます。
ポリ袋を動かしながら、パーツ全体に洗剤がかかるようにします。

ある程度スプレーしたら、袋をしっかりもんでさらに洗剤を馴染ませましょう。馴染ませたら、10分ほど放置します。

その後、流水ですすぎ拭き取ると・・・ピッカピカ!


フィルターもゴムパーツも油汚れが綺麗に落ちて、洗浄中にヌルヌルしていた感じもありません。
洗剤をつけた直後は、フィルターの隙間部分に黒ずみが残っていたのですが、すすぎの際に軽く手でこすると簡単に落ちました。

スポンジは使わず手だけで綺麗になるのはとっても気軽で嬉しいですね。

洗浄後は、使用済みのレジ袋を捨てるだけ。後片付けも簡単です。

のぞみ

これなら最低限の片づけだけで、とっても楽ですね!

まとめ

いかがでしたか?
今回はIH天板のこびり付きと換気口パーツの洗い方について、「よりラクに、おそうじグッズを極力使わない」方法をご紹介させていただきました。

汚れの種類によって洗剤を使い分ける事で、諦めていた頑固な汚れも意外と簡単に落とすことが出来ます。また、おそうじグッズを極力使わず、身近な使い捨て道具を活用するだけで、手間が省けてグッと楽になりますね。

みなさんも、参考になるものがありましたら是非試してみてください。

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /