のぞみの記事

【除菌・消臭】キッチン泡ハイターでお風呂場ドアレールの黒ずみ・ホコリをキレイに落とす方法

nishiyama
のぞみ

こんにちは、のぞみです。

今回はお風呂のドアレールのお掃除をしていこうと思います!

ドアレールって、ホコリや髪の毛、黒ずみ汚れなどなど、意外といろんな汚れがついている場所なんですよね。

ついついお掃除を後回しにしてしまう場所ではありますが、きっとみなさんが使ったことのあるあの洗剤を使って、お掃除していきますよ~♪

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

掃除に使うアイテムの紹介

お風呂場のドアレールのお掃除で、メインで使っていく洗剤はこちら!「キッチン泡ハイター」です。

お風呂掃除に「キッチン泡ハイター」?と思われるかもしれませんが、実はかなり優秀な洗剤なんです!

ドアレールには黒ずみ汚れが付いてしまいますよね。

「キッチン泡ハイター」は黒ずみ汚れやカビといった汚れを落とすのが得意なんです。

さらに除菌効果や、菌が原因のニオイを消してくれる効果もあるので、せっかくお掃除をするなら、「キッチン泡ハイター」を使うのをおすすめします。

そして他には、スコッティファインの「洗って使えるペーパータオル」も用意しました。

これはドアレールを拭くときに使います。

ドアレールにはホコリがたくさんついているので、ホコリをふき取るためにウェットティッシュを用意します。

無印良品さんのウェットティッシュを、専用のケースにいれています。

あとはお掃除ですので、安全のために使い捨てのニトリル手袋を用意します。愛用しているのは薄手のパウダーフリータイプです!

そしてこちらは洗面桶。「キッチン泡ハイター」の希釈液を作るので、あらかじめ50グラム水を入れておきました。

最後はドアレールの細かいところをお掃除する古歯ブラシです。

古歯ブラシは、お掃除に使いやすいように首をくの字に曲げてあります。

毛先も短くカットして、さらに斜めになっています!

お掃除前の汚れのようすをチェック 

それではお掃除を始める前に、いまの汚れの様子をみておきましょう。

まずは左側です。だいぶホコリが乗っていますね……!

お風呂のドアを開けてみると、ドアレールの内側に黒ずみ汚れがあるのがわかります。

ドアレールの内側をじっくりみると、黒ずみ汚れだけでなく、こびりついたホコリもあるようですね。

お風呂の中のほうに、もやもやと黒ずんだ汚れがありますが……これは黒カビの仲間でない気がします。

というように、黒ずみやこびりついたホコリがたくさんついていましたね。

果たして今回のお掃除でどこまでキレイになるのでしょうか?

ドアレールの掃除をしてみました

ウェットティッシュでホコリをふき取る

それではお掃除を始めていきましょう!

まずはウェットティッシュでホコリをふき取ります。

今回はこびりついたホコリがたくさんあるというわけではないので、落とせるホコリはウェットティッシュでとっておきましょう。

「キッチン泡ハイター」の拭き掃除用希釈液を作る

ホコリがある程度取れたら、いよいよ今回のメイン!「キッチン泡ハイター」を使っていきます。

ドアレールに「キッチン泡ハイター」を直接吹きかけてしまうのは、塩素が濃すぎますし、アルカリ度も高すぎますし危険です。

「キッチン泡ハイター」を原液のまま使ってしまうと、ドアレールの素材が変色したり傷んでしまうかもしれませんね。

なので今回は、水で薄めて使います。

用意するのは、水を50グラムいれた洗面桶です。

水50グラムに対して、「キッチン泡ハイター」を1回プッシュします。

軽くかき混ぜて、これで拭き掃除用洗浄液の完成です♪

「キッチン泡ハイター」はかなり薄まっていますが、混ぜていると軽く泡立ってきます。

泡立つということは、皮脂汚れを落としてくれる界面活性剤が働いてくれているということですね。

また、「キッチン泡ハイター」はかなりアルカリ度の高い洗浄剤です。

50グラムの水で薄めても、まだアルカリ寄りになっているので、皮脂汚れとアルカリがダブルでドアレールの皮脂汚れを落としてくれます!

また、今回のドアレールには黒ずみ汚れが付いていました。

黒ずみ汚れには、「キッチン泡ハイター」の塩素剤が効果的です。

50グラムの水で薄めても、「キッチン泡ハイター」希釈液の塩素濃度はまだ約0.05%ほどあります。

塩素濃度が0.05%もあれば、黒ずみ汚れのような生き物汚れはやっつけてくれますし、除菌・消臭効果も期待できます♪

希釈液でドアレールの汚れを拭く

それでは先ほど作った「キッチン泡ハイター」の希釈液に、ペーパータオルを浸します。

浸したらしっかり絞ってくださいね!

洗面桶に残った「キッチン泡ハイター」の希釈液を古歯ブラシの先にちょんちょんと付けます。

そして古歯ブラシで、ドアレールの隙間の汚れをかき出していきましょう!

古歯ブラシで汚れをかき出したら、ペーパータオルでふき取ります。

この工程をドアレール全体で繰り返しましょう!

ドアレールの内側は狭い場所ですが、古歯ブラシならしっかり入っていきます。

こまめに洗面桶に入っている「キッチン泡ハイター」希釈液をつけて、ゴシゴシしていきましょう~!

お掃除後の汚れのようすは?

ドアレールを一通り掃除し終えました。

それではお掃除後のようすをお見せしていきますね!

まずはドアの左側。こちらはホコリがたくさんこびりついていましたが、キレイになりました!

そしてドアレールの右側です。

端っこにまだ少し黒い汚れが残っていますが、これ以上かき出すのが難しいかと思います……。

ですがかなりキレイになったのでOKとしましょう!

最後にドアレールの内側を見ていきます。

かなりホコリや黒い汚れがありましたが、キレイになりましたね~!

おわりに

ということで今回は、「キッチン泡ハイター」を使ってお風呂のドアレールの掃除をしてみました。

今回お掃除をしたドアレールには、おもにホコリ、こびりついたホコリ、そして黒ずみ汚れが付いていました。

それほどガンコな汚れではありませんでしたので、今回のようなカンタンなお掃除法でもかなりキレイにすることができました!

お掃除の順番について、もしも今回よりもガンコめなホコリが付いている場合は、先にお掃除ワイパーや掃除機でホコリを取ったほうがいいですね。

ですが今回くらい少ないホコリの量であれば、いきなりウェットティッシュで拭いても良いと思います!

また「キッチン泡ハイター」の希釈液は、水50gに対して「キッチン泡ハイター」をワンプッシュで作りました。

「キッチン泡ハイター」をドアレールのお掃除に使うことのメリットは、除菌・消臭効果があることです。

素材が傷まないようにと水でかなり薄めていますが……それでも除菌・消臭効果は十分期待できます!

ドアレールの周りだけでなく、脱衣所のニオイが気になるときも「キッチン泡ハイター」の希釈液で拭き掃除をしておくと良いですね♪

さらに「キッチン泡ハイター」には界面活性剤が入っていますし、液性もアルカリ性なので軽い皮脂汚れは落とすことができるんです。

黒ずみ汚れがあるときはもちろん、皮脂汚れも一緒に落としたいときも、「キッチン泡ハイター」を使うのをおすすめします!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「キッチン泡ハイター」を使って、お風呂場のドアレールのお掃除をしてみました。

「キッチン泡ハイター」は黒ずみ汚れはもちろん、除菌・消臭も一気にできてしまう便利な洗剤です!

水で薄めて使えば、いろんなところの拭き掃除ができるので、ぜひみなさんも試してみてくださいね♪

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/20 09:47:05時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました