のぞみの記事

【青い汚れ!】茂木流 バスタブにはびこる銅石鹸洗浄術!【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

皆さんはバスタブに青い汚れが発生しているのを見たことはありますか?
実は風呂釜や水道管に銅素材が使われていると、これがバスタブの中で皮脂や水道水に含まれるミネラル分と反応して青っぽい汚れになることがあるのです!
そしてこの汚れのことを銅石鹸と呼ぶのですが、この銅石鹸、とても落とすのが難しい厄介な汚れとなっています…

そこで今回は、バスタブの内側に発生した銅石鹸の落とし方についてまとめていきたいと思います!

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

銅石鹸には2種類ある!?

先程、銅石鹸について「(風呂釜や水道管から溶けだした銅が)皮脂や水道水に含まれるミネラル分と反応」してできる汚れだと紹介しました
しかしこのうち、皮脂と反応してできる銅石鹸と、水道水に含まれるミネラル分と反応してできる銅石鹸では汚れの種類も、落とし方も異なります!

なので掃除に入る前に、それぞれの汚れの違いについて簡単にまとめておきます

皮脂と反応してできる銅石鹸

こちらの汚れは色移り汚れと同じ要領で落とすこととなります
よって使うのは塩素系の漂白剤が最適でしょう
なお今回の記事ではこちらの「皮脂と反応してできる銅石鹸を塩素系漂白剤によって落とす」という工程について詳しく紹介していく予定です

ミネラル分と反応してできる銅石鹸

こちらの汚れは皮脂と銅が反応したものよりも発生自体は少なめです
ただしよりガンコであるため、汚れ落としの際にはしっかりとした下準備が必要となってきます
先述した通り、本記事では「皮脂と反応してできる銅石鹸を塩素系漂白剤によって落とす」という内容を中心に紹介するので、こちらのミネラル分と反応してできる銅石鹸の落とし方については以下の動画をご参照いただければと思いますm(__)m

実践!茂木流 銅石鹸落とし術

では皮脂と反応してできる銅石鹸について、これを塩素系漂白剤によって綺麗に洗浄する工程を紹介していきます!
なお今回使う塩素系漂白剤は茂木和哉シリーズの「カビとりジェルスプレー」になります!

created by Rinker
茂木和哉
¥772 (2021/09/26 18:22:59時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの塩素系漂白剤は、名前の通りジェルで出てくるスプレータイプとなっています
つまりバスタブのような壁面でも、吹きかけるだけで洗浄成分が汚れと密着し、垂れ落ちてくる心配がありません!
少々値は張りますが、壁面のカビ掃除などにはうってつけの洗剤ですので、気になった方は是非上記のリンクから飛んで、商品をチェックしてみてくださいね♪

使う洗剤の紹介も済んだところで、早速今回の汚れの全貌をお見せいたしましょう
こちらです…

画像でもしっかり分かるように、壁面に水平な線のように青っぽい汚れが発生しています
これが銅石鹸です…

ではこの汚れを落とすべく、まずは…

上記の画像のように「カビとりジェルスプレー」を吹きかけていきます
なお参考動画内では結構な量を吹きかけていますが、先述の通り少々値も張るため、少し吹きかけ、それを塗り広げる、というような節約を試みるとよいかもしれません

そして吹きかけ終わったらまずは30分ほど放置をします
ただし30分では洗浄成分が効かず、あまり汚れが落ちない場合もあるので、汚れの落ち具合をこまめに確認しつつ、まだ落ちが微妙な場合はさらに30分放置する、などの対応が必要です
なお動画内では計2時間ほど放置をしていました

そしてその結果がこちらになります

(上の画像は、2時間の放置後、シャワーですすいだ後の様子になります)

洗浄前に比べれば青い汚れもかなり薄くなっていますね
ただしまだ少々汚れが残っています…
しかしこの残った汚れは塩素系漂白剤では落ちません
先述したように、塩素系漂白剤で落ちるのは銅と皮脂が反応してできた銅石鹸です
つまり銅と水道水のミネラル分が反応してできた銅石鹸は落ちません
正直後者の方はとても落としにくい汚れですが、どうしても気になるという方は、前に紹介した記事の方をご参照くださいm(__)m

まとめ

いかがでしたか?
今回はバスタブに発生した銅石鹸の種類と、それらの落とし方ついて紹介してきました♪

白いバスタブに青い汚れがつくと目立って気になりますよね…
しかもこの汚れが厄介な汚れとなると、しっかりと準備をした上で汚れ落としを行わなければなりません!
そんな時はこの記事や動画、あるいはリンク先の動画を参考にして、是非汚れ落としにチャレンジしてみてください!

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /