のぞみの記事

【中性・酸性・塩素系】コスパ最強&高濃度!トイレに常備したい洗剤3選

のぞみ

こんにちは、のぞみです。

みなさん、トイレ掃除にはどんな洗剤を使っていますか?

お店にいくといろんな洗剤が並んでいて、つい迷ってしまいますよね。

今回はお掃除大好きのぞみが、トイレ掃除に使う洗剤を3つご紹介していきますよ~!

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

中性洗剤「トイレマジックリン」

トイレ掃除に使う洗剤、1つ目は「トイレマジックリン」です。

いま手元にあるのが鬼滅の刃とのコラボデザインなのですが……よく使っているお気に入りの洗剤です!

コーティング力が高い

「トイレマジックリン」をおすすめする理由、1つ目はコーティング力です。

ササッと拭きたいときに使うトイレ用洗剤といえば、「まめピカ」や「泡ピタ」がありますね。

これまでいくつかの洗剤を使ってきましたが、「トイレマジックリン」は他の洗剤に比べて、便器のコーティング力が高いように感じます。

もちろんコーティングをするといっても、ずっとコーティングをしてくれるわけではありません。

でも「トイレマジックリン」を使ってお掃除をした後は、ある程度汚れが付きにくくなるように感じますね!

便器の内側にこびりついてしまう汚れと言えば、やっぱり便の汚れですよね。

便の汚れが気になる方は、用を足す前に「トイレマジックリン」を便器にシュッシュッとスプレーする、という使い方もあるようです。

事前にスプレーをするのであれば、「トイレマジックリン」ではなく「まめピカ」や「泡ピタ」でもいい気がしますが……。

ですが普段のお掃除に使っていても、「トイレマジックリン」はコート力を実感できるので、まずは「トイレマジックリン」を選ばせてもらいました!

中性で使いやすい

「トイレマジックリン」をおすすめする理由、もう1つは中性なことです。

お店にいけばいろんなトイレ掃除用洗剤がありますが、実はトイレの取扱説明書をみてみると「中性洗剤を使ってください」と書かれていて、それ以外の液性の洗剤は使わないように書かれているんですよね。

なので普段のお掃除に使うのなら、中性洗剤のほうがおすすめです。

お店に売られている大手洗剤メーカーさんのトイレ掃除用洗剤のなかから、中性洗剤を選ぼうとすると「トイレマジックリン」か「まめピカ」「泡ピタ」の3つになります。

この3つのなかから1つ選ぶとしたら……わたしは「トイレマジックリン」が好きですね。

もちろん、「まめピカ」や「泡ピタ」にもいいところはありますよ!

特に最近使った「泡ピタ」は、ボトルを逆さまにした状態でも泡がしっかり出てくるので、便器のフチに洗剤をかけたいときなんかはスムーズです。

でもやっぱり、知名度や商品ラインナップの多さで1番は「トイレマジックリン」ですよね。

なのでおすすめのトイレ掃除用洗剤の1つ目は「トイレマジックリン」を挙げさせていただきます!

酸性洗浄剤「サンポール」

トイレ掃除に使う洗剤、2つ目は「サンポール」です。

こちらは酸性タイプの洗浄剤ですね。

酸性洗浄剤といえばこの「サンポール」のほかに「トイレのルック」があります。

「サンポール」は昔からある洗剤ですが、最近は「トイレのルック」を使っているという人も増えている気がします。

水で薄めて酸性度を調整できる

「サンポール」は酸の高さが特徴です。

昔のトイレは尿石が付きやすくて、しかもガンコになりやすかったんですよね。

ガンコになった尿石も落とせるよう、「サンポール」は酸性度が市販できるギリギリの高さにまで上げて作られています。

その証拠に、「サンポール」にはボトルに「まぜるな危険」の文字があります。

「トイレのルック」には「まぜるな危険」とは書かれていないんですよね。

それだけ「サンポール」の酸性度が高いということがわかります!

酸性度が高いとそのぶんガンコな尿石汚れも落とすことができる、というのは1つのメリットです。

そしてそれ以外にも、水で薄めて使うことができますね。

水で薄める手間が発生してしまいますが……それでも「サンポール」1本あればいろんな濃度に調整できるのは嬉しいポイントです。

そういえばこの間「サンポール」を使ってトイレ室内の拭き掃除をしました!

原液のままで拭くことは出来ませんから、かなり水で薄めて酸性度を低くしてお掃除に使いました。

気になる方は、ぜひこちらの動画をチェックしてみてください♪

このときのお掃除でも、「サンポール」はほんのちょっとしか使っていません。

水で薄めて使うと、洗剤のコスパもかなり抑えることができるんですよね♪

尿石のようにガンコになった汚れはもちろん、おしっこの気になるニオイを取るくらいのお掃除でも使えます。

いろいろと調整ができるのは酸が濃い「サンポール」だからこそできるお掃除法です!

カルシウム系水垢も落とせる

「サンポール」はかなり酸性度の強い洗浄剤ですので、水垢を落とすこともできます。

水垢とひとくくりに言ってもいろんなタイプの水垢があるのですが……酸で落とすことができるのは、カルシウム系水垢のことですね。

実はカルシウム系水垢は、尿石汚れと兄弟のようなもの。

どちらもカルシウムが固まってできた汚れなんです。

なので「サンポール」のような酸で溶かして、落とすことができるんですよ~!

水垢は基本的に、クエン酸のようなマイルドな酸を使ってお掃除していますが、どうしても落ちないガンコな水垢ができたときには「サンポール」を使ってお掃除しています。

ただし……「サンポール」はあくまでトイレ掃除用の洗剤です。

水垢が生えてしまうところ……たとえばお風呂や洗面所で使うのは、用途外となってしまいます。

酸焼けしてしまうリスクもありますので、試されるときは、あくまで自己責任でお願いしますね~!

「サンポール」を使った水垢掃除についても、このあいだお風呂の蛇口についた水垢を落としたときの動画があります。

酸焼けさせないよう、注意しながらお掃除をしてみたので、気になる方は一度チェックしてみてください!

塩素系洗浄剤「超強力トイレクリーナー」

トイレ掃除に使う洗剤、3つ目はスクラビングバブルの「超強力トイレクリーナー」です。

こちらもボトルの横に「まぜるな危険」と書かれています。

洗剤のグループでいうと、塩素系洗浄剤になりますね!

黒ずみ汚れに効果的

1つ目は中性洗剤として「トイレマジックリン」、2つ目は酸性洗浄剤として「サンポール」、そして最後は塩素系洗浄剤として「超強力トイレクリーナー」を挙げさせていただきました。

でも正直なところ……こまめに掃除ができる方であれば、「トイレマジックリン」1本あれば十分なんです。

酸性洗浄剤や塩素系洗浄剤が必要になるのは、ガンコな汚れが付いてしまったときですからね……!

逆に言えば「サンポール」や「超強力トイレクリーナー」はトイレのガンコになってしまった汚れを落としてくれます。

酸性洗浄剤の「サンポール」は尿石汚れを、そして「超強力トイレクリーナー」は黒ずみ汚れを落としてくれます。

トイレの黒ずみ汚れときいて、すぐに思いつくのは水面ラインにできる「さぼったリング」でしょうか。

ほかには水が出てくるところや、便器のフチ裏も黒くなってしまうことがありますね。

どれもこまめにお掃除をしていれば、つく汚れではありません。

なので基本的には「トイレマジックリン」1つで十分ですが、どうしても落とせない汚れに「超強力トイレクリーナー」があると便利です!

1本で除菌・消臭ができる

「超強力トイレクリーナー」は塩素系洗浄剤のなかでも、濃いめに作られている洗浄剤です。

「サンポール」のときと同じように、水で薄めればトイレ室内の拭き掃除に使うことができます。

水で薄めるときも、だいたい100倍希釈でいいと思います。

使う量はほんのちょっとなので、節約になりますよね!

塩素系洗浄剤を使ったトイレの拭き掃除にはメリットがたくさんあります。

まずは除菌効果!トイレには気になる菌がたくさんありますから、除菌力の高い塩素系を使ったお掃除をしておくと安心です。

そしてもう1つは消臭効果!

塩素のはたらきで酸化消臭もできますし、除菌をするときにニオイの原因菌もやっつけてくれます。

100倍に薄めた液で十分、除菌・消臭ができるのでコスパがいいですよね~!

アルカリ度が一番高い

塩素系洗浄剤のなかにも「ドメスト」や「トイレハイター」などいろんなものがありますが、今回「超強力トイレクリーナー」を選んだのにも理由があります。

実は「超強力トイレクリーナー」の成分を見てみると、一番はじめに「水酸化ナトリウム(2%)」とあるんです。

水酸化ナトリウムとは、アルカリ剤のことですね。

同じ塩素系洗浄剤の「トイレハイター」の成分を見てみると、水酸化ナトリウムの濃度は1%、「ドメスト」は1.4%しか入っていません。

アルカリ剤の量だけで洗浄力が決まる、というわけではないのですが……それでもできるだけ濃い方が効果はあるのは確かです。

塩素系洗浄剤はアルカリだけでなく、主成分となる次亜塩素酸ナトリウムの割合も大事ですからね。

でも次亜塩素酸ナトリウムの濃度までは、「トイレハイター」「ドメスト「超強力トイレクリーナー」のどの洗剤も書かれていません。

なので今回塩素系洗浄剤からは「超強力トイレクリーナー」を選ばせてもらいました!

お風呂や排水口掃除にも使える

「超強力トイレクリーナー」は、トイレ以外のお掃除にも使えます。

例えばお風呂の黒ずみ落としや、黒カビ落としにも効果的です。

「超強力トイレクリーナー」には洗浄液にとろみがついていますからね!

サラサラと流れていかないので、時間をかけて塩素をつけておきたいところのお掃除に便利です。

個人的におすすめしたいのは、排水口のお掃除!

排水口掃除に使う塩素系といえば「パイプハイター」や「パイプユニッシュプロ」などがありますが……実は成分をみると「超強力トイレクリーナー」と似ているんですよね。

「超強力トイレクリーナー」を作っているジョンソンのパイプ用洗浄剤「パイプユニッシュプロ」を見てみましょう。

「超強力トイレクリーナー」と並べてみると……なんとボトルの形が一緒なんです!

さらに成分もみてみると……?

「パイプユニッシュプロ」の成分は「水酸化ナトリウム(2%)、次亜塩素酸塩、界面活性剤(アルキルアミンオキシド)」

「超強力トイレクリーナー」の成分は「水酸化ナトリウム(2%)、次亜塩素酸塩、界面活性剤(アルキルアミンオキシド)」

と、まったく同じようです!

もしかするとボトルの外側だけ変えて販売しているのかもしれませんね!?

成分も形状も似ているということは、「超強力トイレクリーナー」はパイプの洗浄剤も使えます。

逆に言えば、「パイプユニッシュプロ」でトイレの黒ずみ落としもできるということになりますね。

もちろん、「超強力トイレクリーナー」で排水口掃除をするのは、用途外での使用となります。

ためすときは変色したり傷んだりしないか、しっかり注意をしないといけません。

でも……1つの洗剤であちこちをお掃除できるとなれば、かなり節約になりますよね~!

3つの洗剤を選んだ理由

ということで今回は、トイレ掃除に欠かせない洗剤を3つご紹介させていただきました。

一つ目が中性洗剤の「トイレマジックリン」、2つ目が酸性洗浄剤の「サンポール」、3つ目が塩素系洗浄剤の「超強力トイレクリーナー」という結果になりました。

絶対にこの3つの洗剤がいい!というわけではないのですが、わたしは気に入って使っている3本です。

それにこまめにお掃除ができていてガンコな汚れがないようであれば、中性洗剤の「トイレマジックリン」だけで十分です。

でもいざというときのために、酸性洗浄剤と塩素系洗浄剤も持っておくと安心ですね!

酸性洗浄剤と塩素系洗浄剤については、今回は濃いめに作られているものを選ばせてもらいました。

「サンポール」は塩酸が9.5%、「超強力トイレクリーナー」はアルカリ剤が2%と、他の洗剤に比べて高濃度なんです。

濃度が高いということは、それだけ洗浄力が高いということですし、それに薄めて使うこともできます。

1本でいろんなお掃除ができますし、コスパもいいですよね。

意外とトイレ以外の場所のお掃除にも使えるので、持っておくといいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はトイレ掃除に使う洗剤を3つご紹介してみました。

みなさんも気になる洗剤があったら、ぜひ一度手に取ってみてください~♪

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2023/01/27 13:29:26時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /