【トイレ掃除】目立つ汚れがないのにニオイが気になるときにチェックしたい場所3選

nishiyama
のぞみ
のぞみ

こんにちは!のぞみです。

トイレには目立った汚れが付いていないのに、なぜかニオイが気になる……。

今回はそんなときにお掃除したいところを、3つご紹介していきます♪

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

換気口フィルターの掃除

トイレのニオイが気になるときにチェックしたいところ、1つ目は天井についている換気口フィルターです。

このフィルターにホコリがついていると、トイレの換気がうまくできずニオイがこもってしまいます。

早速お掃除していきましょう。

まずは換気口のカバーを取り外します。ちなみに前回お掃除したのが3ヵ月前なのですが、もうホコリがたくさん付いてしまっています。

フィルターを取り外すと天井にもホコリが付いていました。

トイレ掃除用のシートを使って拭いておきますね。

排気口のフィルターのホコリは、ポリ袋にいれて歯ブラシでこすり落としておきます。

ざっくりホコリが取れたら、フィルターをつけ置き洗いしていきます!

今回使うのは酸素系漂白剤の「オキシクリーン」です。

目分量でパラパラと「オキシクリーン」を振りかけ、55度くらいのお湯を注ぎ入れます。

洗うのは普通の中性洗剤でもいいのですが、酸素系漂白剤の「オキシクリーン」なら除菌と消臭も同時にしてくれますよ!

脱臭フィルターの掃除

トイレのニオイが気になるときにチェックしたいところ、2つ目は脱臭フィルターです。

我が家のトイレはTOTO製なのですが、便座の横に脱臭フィルターが付いています。

この脱臭フィルターにも意外とゴミやホコリが付きやすく、うまく消臭できない原因になってしまうんですよね。

脱臭フィルターを取り外してみると、こんなにホコリが付いていました!

ここも3ヵ月前にお掃除したのですが……。

ペーパーでホコリをふき取ったら、換気口フィルターをオキシ漬けしているバケツに一緒に入れておきます。

脱臭カートリッジの交換

トイレのニオイが気になるときにチェックしたいところ、3つ目は脱臭カートリッジです。

我が家のトイレだと、脱臭フィルターの奥に脱臭カートリッジが付いていて、カバーを開けるとこんな感じのパーツが出てきます。

実はこの脱臭カートリッジは交換しないといけないパーツなんですよ!

我が家のTOTO製のトイレは使い始めて9年ほど経ちましたが、これまでに1回交換しました。

いい機会なので今回、2回目の交換をしてしまいますね。

ちなみに新品の脱臭カートリッジはAmazonで購入しました。

同じTOTO製のトイレを使っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

オキシ漬けしていたフィルター類を元に戻す

オキシ漬けしていた換気口フィルターと脱臭フィルターは20~30分オキシ漬けしておきます。

水洗いをしてしっかり水気をふき取ったら、あとは元の場所に戻していきましょう。

まずはトイレ掃除をしっかりやろう!

今回ご紹介した3つの場所をキレイにしたからといって、ニオイが完全になくなるわけではありません。

やはり基本のトイレ掃除がしっかりできていないと、トイレはにおってきてしまいますよね。

特に気になりやすいのが、トイレのおしっこ臭です。

そんなおしっこ臭を根本から取り除くお掃除法については、茂木さんがこちらの動画で解説してくれています。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまで、トイレに目立った汚れがないのにニオイが気になるときにチェックしておきたい場所を3つご紹介しました。

トイレのメーカーやモデルによって変わってくるところもあるかと思いますが、少しでも参考になれば嬉しいです!

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/07/25 11:07:05時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました