洗剤

水垢洗剤「茂木和哉」は安全なのか危険なのか?正直に解説します!

こんにちは!茂木和哉(@motegikazuya)です。

「茂木和哉」の購入を迷っている皆さんの中には、もしかしたら「茂木和哉」の安全性に不安を感じて迷っている方もいるのではないでしょうか?

例えば、
「洗浄力が強い分、危険そう…」
「酸だからちょっと怖い…」
「スルファミン酸が入っているから刺激が強そう…」
などなど。

でも「茂木和哉」は刺激の少ない安心安全の洗剤なんです!

ということで今回は、「茂木和哉」の安全性について詳しく解説していきたいと思います!

「茂木和哉」は「弱酸性」

「茂木和哉」の安全性を伝えるためには2つのポイントがあります。

1つが、「弱酸性」という点です。

ようは酸性だけどマイルドということなんです。

「茂木和哉」には、「スルファミン酸」という、強い酸性物質が含まれています。

確かに「スルファミン酸」自体は強い酸性です。

でも、手肌を同じ「弱酸性」までpHを調整して酸性度を弱めています。

だから「スルファミン酸」が入っているから、刺激が強いというわではなく、むしろ刺激が低めなんです。

この点をもう少し詳しくしたいと思います。

化学物質には、「スルファミン酸」よりも酸性度が強いものあります。

例えば、「硫酸」や「塩酸」などがそうです。

どちらも劇物扱いに指定されるほど危険なものです。

またアルカリ性側でも強いものは危険です。

例えば、「苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)」がそうです。

こちらもとても危険で、手肌に触れると火傷してしまうほどです。

そかし、「硫酸」でも「塩酸」でも「苛性ソーダ」でも、危険なのは濃度が高いものです。

刺激がなくなるところまで水で薄めれば、決して危険なものではありません。

例えば、皆さんが毎日利用している水道水は、浄水場で安全な水質なのかチェックし、問題がないから皆さんの家に届けられています。

だから皆さんも安心して使えますよね。

浄水場でのチェック項目には、国で決めた色んな項目に基準値があって、その基準値内におさまっていれば安全な水と判断されるわけですが、そのチェック項目の1つにpH(ペーパー)があります。

もしpHが基準値より高かったり低かったりすると、pHを調整して基準値内におさめるわけですが、そのpHの調整になんと「塩酸」や「苛性ソーダ」が使われることがあるんです。

pHが基準値より低い場合は、苛性ソーダを入れて調整し、基準値より高い場合は塩酸を入れて調整します。

「pHの基準値内」=「中性域」です。

中性域だから「塩酸」や「苛性ソーダ」を使ってpH調整されていたとしても安全なのです。

むしろ「塩酸」や「苛性ソーダ」を使わず、基準値外のまま皆さまのご家庭に供給される方が問題です。

このことと「茂木和哉」も同じなんです。

「茂木和哉」には、強い酸の「スルファミン酸」が入っているけど、「茂木和哉」自体が「弱酸性」なので危険なものではないということなんです。

ちなみに「茂木和哉キッチン用」は、「茂木和哉」より酸性度が高いため「茂木和哉」より刺激が強めです。

レック 洗剤 茂木和哉 キッチン用 150ml [Th][290789]

なので「混ぜるな危険」のマークがついてます。

でも表記が必要になるラインをギリギリ越した程度なので、そこまで強いものではないんですよね。

「茂木和哉」は「合成界面活性剤不使用」

2つ目が、「合成界面活性剤不使用」という点です。

「茂木和哉」は、「液体クレンザー」なのですが、一般的な液体クレンザーには、普通「合成界面活性剤」が入っています。

私の知る限り「合成界面活性剤」が含まれていない液体クレンザーは「茂木和哉」ぐらいなような気がします。

液体クレンザーに「合成界面活性剤」を入れる目的は、
・汚れ落ちをよくするため
・使いやすくするため
・品質を保つため
などがあります。

でも「茂木和哉」は、「合成界面活性剤」を使わなくても、それら3つの問題点を全てクリアしています。

「合成界面活性剤」といっても、刺激が強いものから安全なものまで色々あります。

もし「安全な合成界面活性剤」が入った液体クレンザーと、「合成界面活性剤不使用」の「茂木和哉」を比べた場合、安全性についてほどんど差がないのかもしれません。

でも微々たるものかもしれませんが「合成界面活性剤不使用」の「茂木和哉」の方が安全性が高いと言えるはずです。

一方で「刺激が強い合成界面活性剤」が含まれている液体クレンザーと「合成界面活性剤不使用」の「茂木和哉」を比べた場合、明らかに「茂木和哉」の方が安全と言えますよね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

「茂木和哉」が危険なものではないということをお分かりいただけましたでしょうか?

でも、できればゴム手袋をして使ってもらいたいんです。

なぜかというと、ケガ防止の目的でです。

「茂木和哉」はクレンザーなので、力を入れてゴシゴシ擦って使うので、素手で使うと手がスルッとすべってぶつけてケガしてしまうリスクがあるからです。

それと、肌荒れしやすい方や超時間使用する場合も、ゴム手袋をした方がいいです。

確かに「弱酸性」だから刺激はそんなに強くありませんが、それでも肌の弱い方は荒れることがありますし、肌荒れしにくい方でも、長時間肌に触れていると肌荒れするかもしれませんからね。

ということで、安心して「茂木和哉」でお風呂の鏡の水垢を落としてください!

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /