リビング:フローリング

拭き掃除をラクにするならアイテム選びが大切!おすすめフロアワイパーとホコリ取りは?

nishiyama
のぞみ
のぞみ

こんにちは!のぞみです。

リビングやダイニングの床は、頻繁にお掃除する場所ですよね。

よくお掃除する場所は「どれだけラクにできるか?」が続けるコツだと思っています。

そこで今回はリビングダイニングの床掃除をラクにしてくれる、お掃除グッズを紹介しながら、実際にお掃除していきますよ♪

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

目次
  1. 使用するグッズ紹介
  2. お掃除前に洗剤とアイテムを準備
  3. ホコリ取りと掃除機がけ
  4. クイックル+マイクロファイバークロスで床拭き
  5. おわりに
  6. まとめ

使用するグッズ紹介

まずは今回のお掃除でつかうアイテムからご紹介していきます。

1つ目はこちら!掃除機です。我が家ではダイソンのV8を使っています。

こまかいホコリはこちらの「ウェーブハンディワイパー超ロングタイプ」で取っていきます。

そして拭き掃除に使うのは「クイックルマグネットワイパー」です。

普通のクイックルワイパーはシートを穴に差し込んで使いますが、こちらはマグネットで固定して使います。

でもクイックルワイパーにセットするのは専用シートではありません。

今回は無印良品のマイクロファイバークロスをセットして使います。

拭き掃除に使うのは、水石けんの「シャボンの泡」です。

石けんを使うことで拭きあがりがサラサラになり、お掃除の時短にもなります。

また、洗剤を薄めるためのスプレーボトルも用意しました。

今回はこちらでお掃除していきましょう!

お掃除前に洗剤とアイテムを準備

それではお掃除につかうアイテムを準備していきます。

「ウェーブハンディワイパー超ロングタイプ」に専用シートを取り付け、ブンブンと数回振りましょう。

ワイパーは振っておくことで毛が静電気でふわっと盛り上がり、よりホコリが付きやすくなります。

つぎは拭き掃除用のクロスを用意します。

クイックルマグネットワイパーのヘッドを外し、マイクロファイバークロスの上に載せます。そしてパチンとセットしましょう。

このように取り付けられたらOKです♪

つぎは拭き掃除用の洗剤を作っていきます。

「シャボンの泡」は水で30倍に薄めて使います。今回は洗剤を300ml作りたいので、水290ml、「シャボンの泡」10mlを混ぜましょう。

「シャボンの泡」はキャップが計量カップになっているので、はかりは必要ありません♪

水と「シャボンの泡」をスプレーボトルにいれて軽く振ったら、拭き掃除用洗剤の完成です。

ホコリ取りと掃除機がけ

準備ができたらお掃除を始めていきましょう。

「ウェーブハンディワイパー超ロングタイプ」で巾木(はばき)の上や家具の隙間のホコリをとって行きます。

このあと掃除機でもホコリを取りますが、掃除機では取りにくい場所や細かいところのホコリを先にかき出しておくイメージですね。

テレビ台の下のように掃除機のヘッドが入らないところは、忘れずにハンディワイパーを使いましょう。

ストーブの下など、ハンディワイパーでも入らないような場所は専用のブラシを使っています。今回は面倒なので、そこは省いておきますね。

ハンディワイパーで一通りホコリが取れたら、掃除機で吸っていきます。

クイックル+マイクロファイバークロスで床拭き

ホコリ取りが終わったら、床拭きをしていきます。

マイクロファイバークロスに「シャボンの泡」30倍希釈液をたっぷり吹きかけ、床を拭いていきましょう。

床にも「シャボンの泡」希釈液をシュッシュと吹きかけますね。

拭き掃除に石けんがおすすめの理由

今回使っている「シャボンの泡」は、無添加の拭き掃除用水石けんです。

created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥2,640 (2024/03/03 15:40:12時点 Amazon調べ-詳細)

石けんは合成洗剤よりも拭き残りがしにくく、拭きあがりがヌルヌル・ベタベタしません

それに万が一拭き残りがあったとしても、皮脂と混ざると中和され無害なものに変わっていきます。

安全性がとても高いので、手で直接触れることもある床の拭き掃除にはおすすめです。

また、「シャボンの泡」は水で30倍に薄めて使うのでかなりコスパがいいんですよね。

なので床のようにほぼ毎日お掃除する場所にはぴったりです!

マグネットタイプのクイックルワイパーが便利

今回の拭き掃除では、「クイックルマグネットワイパー」を使っています。

普通のクイックルワイパーとは違い、ワンタッチでクロスを取り付けることができるのでかなりラクチンなんですよね。

わたしだけかもしれませんが……普通のクイックルワイパーはシートをセットするときに4

ヶ所の穴に指をズボズボ入れるのが面倒なんですよね。

それに指をケガしてしまっていると、シートをセットするのが辛かったり……。

でも「クイックルマグネットワイパー」なら、シートをセットする手間や指の痛みを気にすることなく使うことができます!

気になる人は、一度お店でチェックしてみてくださいね。

created by Rinker
クイックル
¥1,873 (2024/03/03 20:53:54時点 Amazon調べ-詳細)

それとわたしは時々、拭き掃除に山崎産業さんの「雑巾ワイパー」というものを使います。

山崎産業さんの「雑巾ワイパー」はクロスをセットして使う専用のワイパーです。

力が伝わりやすいので、しっかり拭きたい!なんてときに使っていますね。

ただし「クイックルマグネットワイパー」と比べると小回りは効きません。

あとはウェーブの「フロアワイパー」を使うこともあります。

ハンディワイパーよりも使う機会は少ないかもしれませんが、持っておくとなにかと便利です。

created by Rinker
ウェーブ
¥1,311 (2024/03/04 06:33:34時点 Amazon調べ-詳細)

おわりに

あれこれお話をしているうちに、お掃除がおわりました。

今回はリビングダイニングの床掃除を、とにかくラクにしてくれるアイテムをご紹介しながらお掃除していきました。

お掃除の順番としては、最初に「ウェーブハンディワイパー超ロングタイプ」と掃除機でホコリ取り、そしてその後に拭き掃除をしました。

拭き掃除に使ったのは「クイックマグネットワイパー」と無印良品のマイクロファイバークロス、洗剤は「シャボンの泡」です。

リビングダイニングの拭き掃除をラクに済ませるのなら、使いやすいアイテムを見つけることが大切です!

「クイックルマグネットワイパー」と普通のクイックルワイパーの違いについて、もっと詳しく知りたいかたは、ぜひ茂木和哉さんの解説動画を見てみてくださいね。

また今回使った「シャボンの泡」についてもっと知りたい方は、こちらの動画をチェックしてみてください♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はリビングダイニングの床掃除をラクにしてくれる、お掃除グッズを紹介しながら、実際にお掃除していきました!

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/03/03 07:37:54時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました