リビング:フローリング

【目ウロコ】フローリングの床拭き掃除にアルカリ電解水を使うなら薄めて使え!

osaki

今回は、アルカリ電界水を使ってリビングダイニングの床拭き掃除をやっていきます。

のぞみ
のぞみ

アルカリ電界水が出始めたころは、通販番組でないとまともに購入できず価格も高かったのですが、今では100円均一でも購入できるほど身近なものになりましたよね。

この記事で分かること
  • アルカリ電解水の希釈液の作り方
  • アルカリ電界水を使ってリビングダイニングの床拭き掃除をする方法
  • アルカリ電解水のメリット
  • さらに汚れ落ちをよくする方法

アルカリ電界水を使ってリビングダイニングの床拭き掃除をする方法を動画で見たい場合は、こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動画へどうぞ!

アルカリ電解水の希釈液の作り方

やさしいイメージのあるアルカリ電解水ですが、実はかなりアルカリ度が強いです。
そのため、薄めた方が素材に対してやさしいですし、コスト面でも節約できてうれしいですよね。

のぞみ
のぞみ

ということで、今回は薄めて使っていきます!

まず、掃除用のオケに熱めのお湯を100g用意します。
そこにアルカリ電解水を2回プッシュしましょう。

これで床拭きに最適なアルカリ電解水の希釈液が完成しました。

掃除を実践

では、掃除を始めていきましょう。

希釈液をスコッティファインの「洗って使えるペーパータオル」に含ませます。
このとき、お掃除ワイパーの滑りが良くなるように、あまり固く絞らないようにしましょう。

希釈液を含ませて絞ったペーパータオルを床に広げ、お掃除ワイパーにセットします。
今回は、クイックルマグネットワイパーを用意しました。

床の方にも、電解水の希釈液を指でパッパッと撒きながら拭いていきましょう。
ちなみに、ホコリ取りはあらかじめ掃除機で済ませています。

一通り拭いたので、どのぐらい汚れが見てみましょう。
だいぶ取れましたね。

created by Rinker
クイックル
¥1,873 (2024/03/04 07:39:21時点 Amazon調べ-詳細)

アルカリ電解水のメリット

界面活性剤残りがない

アルカリ電解水には界面活性剤が入っていないので、ヌルヌルしない分、お掃除ワイパーの滑りがあまりよくありません。
そのため、たっぷりめに希釈液を含ませて拭いた方が走りが良くなるので快適です。

のぞみ
のぞみ

少し床が濡れてしまいますが、いずれ乾くので大丈夫です。

界面活性剤が入っていると界面活性剤が残るので、床が濡れるような拭き方はしたくありません。
界面活性剤残りがないのも、アルカリ電解水のメリットです。

アルカリ電解水を使う人の中には、合成界面活性剤が含まれている洗剤をあまり使いたくないからという人もいるのではないでしょうか。

のぞみ
のぞみ

そのような場合、今回の掃除方法は結構おすすめできます。

希釈液が作りやすい

お湯100gに対してアルカリ電解水を2回プッシュしたのでだいぶ薄まっていますが、これでどのぐらいのpHなのかという9.8もあります。

のぞみ
のぞみ

以前測定器で測ったことがありますが、結構高いですよね。

pH9.8はセスキ炭酸ソーダを水で溶かしたセスキ水と同じぐらいのpHなので、セスキ水で拭いているのとあまり変わりません

セスキ水だとセスキ炭酸ソーダを溶かす手間がありますが、アルカリ電解水の希釈液はお湯100gに2プッシュ入れるだけなので作りやすいというメリットもあります。

さらに汚れ落ちをよくする方法

アルカリ電解水が単純に好きだから使っている人もいると思います。

のぞみ
のぞみ

ここで紹介するのは、そんな人におすすめの方法です。

今回はただお湯で薄めているだけですが、そこに少し台所用洗剤を加えると、お湯の働き+アルカリの働き+界面活性剤の働きが使えるので汚れ落ちが良くなります。

さらに、界面活性剤を加えることでお掃除ワイパーの滑りも良くなるので、拭きやすくなります。

のぞみ
のぞみ

その分、どうしても界面活性剤が残るというところは気になりますが、界面活性剤の量をかなり少なくするといいのかなと思います。

今回100gのお湯にアルカリ電解水を2回プッシュ入れましたが、台所用洗剤を1gぐらい加えるだけでも十分効果があります。

まとめ

今回は、アルカリ電界水を使ってリビングダイニングの床拭き掃除をやってみましたが、いかがでしたでしょうか。

もちろん水拭きでもある程度汚れは取れますが、アルカリ電解水の働きに加えて、今回は熱めのお湯を使いました。
そうすることで、お湯の働きも加わって洗浄力が増したということになります。

のぞみ
のぞみ

ぜひ試してみてくださいね!

今回の記事が少しでもみなさんの掃除のやる気につながれば嬉しいです。

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました