*

木材に生えた黒カビを木肌を傷めず落とす方法!

公開日: : 最終更新日:2019/05/16:茂木 和哉 ブログ , ,

こんにちは!茂木和哉です。

木製風呂や木製のオケやイスをお使いの皆さん、
「木肌が白っぽくなってきて見た目が悪い…」
「木肌が毛羽だって濡れるとヌルヌルして滑る…」
「木肌が傷んだでヒノキの香りがしなくなった…」
なんて事はないですか?

もしそうなら、今お使いのカビ取り剤が合っていと思いますよ。

なので使うカビ取り剤を替えれば簡単に解決します!

では、木部のカビ取りにはどんなカビ取り剤が最適なのか?

今回は、そのあたりを深堀していきます。

 

カビ取り剤の種類

先ずカビ取り剤を大きく分けるとしたら、
・塩素系
・酸素系
・その他
の二つに分けられます。

でも、木部に生えたカビはとってもガンコなので、「酸素系」や「その他」ではキレイに落とす事が非常に難しいので、今回は「酸素系」と「その他」を外して話を進めていきます。

ちなみに酸素系は、
・過炭酸ナトリウムが主成分の粉末タイプ
・過酸化水素水が主成分の液体タイプ
の2つがあります。

「その他」には
・乳酸系
・塩化ベンザルコニウム系
・メタノール系
などがあります。

 

木肌がカビ取り剤で傷む理由とは?

では、本題に戻して、カビ取り剤で木部が傷む理由を先に説明していきたのですが、

理由はズバリ「液性」です。

アルカリ度が強すぎると傷むわけです。

アルカリ度が強いとタンパク質を壊す力も強くなり、アルカリを使い続けると木肌がタンパク質が侵され白く見えるようになります。

さらに使い続けると固い繊維だけ残った状態になります。

それが毛羽だった状態なんですよね。

塩素系だから傷むとか酸素系だから傷まないとかではないんです。

しかし、一般的なカビ取り剤のほぼ全てが、主成分にアルカリ度が強い「次亜塩素酸ナトリウム」を使っています。

なので、残念ながら一般的なカビ取り剤のほぼ全てがアルカリ性で、木部に使うには適していないものになるんですよねー

中性タイプの塩素系カビ取り剤ってなかなかないんです。

なので!私が作りました。

それが「黒木真白」です。

 

 

木部のカビや木肌の傷みにお困りでしたら、ぜひ一度お試しください!

黒木真白はAmazonで購入できます!

 

 

 

直販ショップで購入するならコチラから!

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

汚れ落とし研究家茂木和哉株式会社
汚れ落とし一筋23年の汚れ落とし研究家。累計出荷本数150万本超の水垢洗剤「茂木和哉」の開発者。主にラクしてキレイにする掃除術や洗剤の間違った情報をなどをSNSで日々発信。Instagramフォロワー数10万人越え。SNS総フォロワー数25万人超。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
茂木和哉 ROOM

関連の記事。こちらもどうぞ

【ヒノキ風呂などのお手入れにオススメ!】木製風呂の正しいカビ取り方法!

こんにちは!茂木和哉です。 ヒノキ風呂など木製風呂をお使いの皆さん、カビにお困りではな

記事を読む

トイレの洗浄ノズルの洗い方

こんにちは!茂木和哉です。 昨日に引き続きまたトイレ掃除の話です。 今回はトイレ

記事を読む

関西テレビ「ウラマヨ!」に「茂木和哉」が出演します!

こんにちは!茂木和哉です。 関西地区の皆さん、明日関西テレビで放送される「ウラマヨ!」

記事を読む

4ヵ月ぶりに風呂釜洗浄をしてみた!

こんにちは!茂木和哉です。 昨日、久しぶりに風呂釜洗浄をしました。 うっかり4か

記事を読む

お風呂の天井と壁を丁寧に掃除して、即防カビ燻煙してみた!

こんにちは、茂木和哉です。 皆さん、最近お風呂の天井や壁はしましたか? 私は先日

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

最近、お掃除&洗剤YouTubeとして動画を上げまくってます!

こんにちは!ユーチューバーの茂木和哉です(笑) インスタ

無印良品週間で食料品をまとめ買いして家事の負担を減らす!

こんにちは!茂木和哉です。 共働き夫婦やワーママの皆さん、ご飯作

浴場施設関係者の皆さん、浴場内のコケやカビにお困りではないですか?

こんにちは!茂木和哉です。 浴場施設の関係者の皆さん、タ

【プロ必見!】今お使いのカビ取り剤でちゃんとカビを落せてますか?

こんにちは!茂木和哉です。 一般的にカビ取り剤と言ったら

お風呂の木製製品がヌルヌルする3つの原因と解決方法!

こんにちは!茂木和哉です。 以前お客様からこんなご質問を

→もっと見る

PAGE TOP ↑