*

小さな子供がいるお母さんにオススメな拭き掃除洗剤

公開日: : :茂木 和哉 ブログ , ,

こんにちは!茂木和哉です。

子育て中の母親の皆さん、住まいの掃除にはどんな洗剤を使ってますか?

例えば、リビングやダニングの床や、テーブルやカウンター、イス、テレビ、窓ガラスなどを掃除する時の洗剤です。

子供のためにも、少しでも安全な洗剤を使いたいですよねー

特に、なんでも口に入れたり、なめたりしたがる時期の子供がいるとなるとなおさらなはずです。

でも、そもそも「安全」な洗剤ってどんなのかよく分からなかったりしませんか?

正直難しいんですよねー

なぜかと言うと、洗剤パッケージの情報がとっても紛らわしいんです。

そのあたりについては、コチラの記事で詳しく書いてます。

肌に優しい食器洗剤やボディーソープを選ぶ基準にしてはいけない事【天然由来】【植物系】【オーガニック】

 

では、どんな洗剤を使ったらいいのか?

私がオススメするのは、「石けん」です。

石けんと言っても固形石けんではありません。

水石けんの方です。

固形石鹸だといちいち溶かして洗浄液を作らないといけないので面倒ですからね。

ちなみに固形石鹸を溶かした液と水石けんは全く別物ですからねー

 

では、なぜ水石けんいいのか?

それは普通の洗剤とは大きく異なる石けんの3つ特長にあります。

今回はその3つ特長について詳しく掘り下げていきます。

 

特徴その1「薄まりすぎると働かない。」

石けんは、一定のところまで薄まると界面活性剤としての働きを失います。

しかし、合成洗剤ならそうは行きません。

いくら薄まっても界面活性剤の働き続けます。

この違いが、大きな安全の違いにもなります。

例えば、ベビーチェアに拭き残りしてしまったら水石けんを、赤ちゃんが手で触って、触った手をペロペロ舐めたとします。

とても心配で危険な状況ではありますが、石けんだと合成洗剤ほど危険でな事ではありません。

なぜかと言うと、よだれで石けんがうすまり界面活性剤の働きは弱まるからです。

さらに、すぐミルクなど水分をのませると完全に働きを止めるので、体への負担はほぼなしです。

でも合成洗剤だとそうもいきません。

よだれで薄まっても働くことを止めず体の中に入っていきます。

あくまでもペロッと舐めた話ですからね。

石けんでもゴクっと飲み込んでしまったら話は別です。

パッケージに記載の「応急処置」を必ず確認し対応してくださいね。

 

特徴その2「アルカリ側でしか働けない。」

石けんには、アルカリ側でなければ界面活性剤として働けないとう特長があります。

なので中性や酸性の石鹸はありません。

石けんは全てアルカリ性です。

なので油汚れや皮脂汚れを落とせるわけです。

中和作用が働きますからね。

そして中和されてしまうと石けんは、もう働く事ができなくなります。

働く事が出来ないわけですから、汚れを落とす事も出来ないし、人間に危害を与える事もありません。

この特徴があるので、もしフローリング掃除した時に石けんを拭き残ししたとします。

でもフローリングを上を裸足で歩けば皮脂汚れがついて中和されるわけです。

拭き残りした石けんは、働きを保ったまま残り続けるのは難しいことなのです。

 

特長その3「実は洗浄力が高い。」

安全なイメージの強い石けんは、汚れ落ちもイマイチなイメージがあります。

でも実は石けんの洗浄力は結構強いんですよ。

イマイチなイメージがあるのは、先に説明した2つの特長が影響しています。

水で薄まりすぎたり、汚れで中和されると汚れが落ちなくなりますからね。

その点を注意して使っていれば合成洗剤となんら変わりない洗浄力です。

もしかしたら石けんの方が汚れ落ちが良かったりします。

なぜなら合成洗剤は、界面活性剤の働きだけで汚れを落とすのですが、石けんは界面活性剤の働きに加え、アルカリの働きで汚れを落としますからね。

石けんは、「ハイブリッド洗浄」なんです。

小さな子供がいるお家は、皮脂汚れや油汚れ、手垢がアチコチにつきます。

だって子供がお菓子を食べたばかりの手やよだれがついた手で窓ガラスやテレビ画面をペタペタしますからね。

だから安全なだけでなく洗浄力も大切なポイントとなります。

 

私のオススメ水石けん

繰り返しになりますが、水石けんは汚れで中和されると洗浄力を失います。

その弱点を克服するために炭酸カリウムを加えてアルカリ度を高めた水石けんを私が作りました。

それが無添加水石けん「白いなまはげ」です。

さらに水で薄まりすぎると洗浄力を失う水石けんを、皆さんにうまく拭き掃除に活用していただきたいと思い洗浄力を失うギリギリのラインを調べてます。

それが「47倍希釈」です。

でも47倍希釈って作るのが難しそうな感じがしますよね。

そんな事はないんです。

水100mlに、白いなまはげを3回スプレーするだけです。

500mlのペットボトルを1本分の水なら、白いなまはげ15回スプレーです。

我が家では400mlの空スプレーに水を300ml入れて、白いなまはげを9回スプレーして使ってます。

こんな感じにです。

私がこの白いなまはげを作った理由は、私自身が拭き掃除に水石けんを使いたくても、どこにも売っていからです。

お店に並んでいるのは、全て合成界面活性剤が主成分の洗剤ばかり。

合成界面活性剤が悪いとは思ってませんが、子供が小さいうちは石けんを使いたいんです。

皆さんも、今回の内容を読んでそう思ったのではないでしょうか?

 

最後に、白いなまはげを日々の掃除にうまく活用している方を紹介したいと思います。

暮らし系インスタグラマーのべべさん(@bebehouse_)です。

べべさんは、主に床掃除、窓ふき、テレビ画面の拭き掃除に白いなまはげを使っているとの事です。

詳しくは、べべさんのブログをどうぞ。

 

47倍に薄めれるからコスパがものすごく良いのも、何かとお金がかかる小さな子供がいる方には嬉しいですよね!

400mlで43円!超安心安全なのにコスパ最強な拭き掃除用洗剤!

 

これが無添加水石けん「白いなまはげ」です!

 

 

amazonで買うならコチラ!

 

拭き掃除にオススメなマイクロファーバークロス!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レック 茂木和哉のマイクロファイバークロスセット 11枚
価格:980円(税込、送料別) (2018/12/29時点)

 

 

amazonでも買えます。

 

「茂木和哉用磨きクロス」とシンデレラフィットのフローリングワイパー「コンドル」!

 

 

Amazonでも買えます。

 

ラクして早く掃除を終わらせたい方にオススメな1冊!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

茂木和哉 落ちない汚れをラクに落とす掃除術 [ 茂木 和哉 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/12/29時点)

 

 

電子書籍もあります。

 

 

アマゾンで買うならコチラ。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

汚れ落とし研究家茂木和哉株式会社
汚れ落とし一筋23年の汚れ落とし研究家。累計出荷本数150万本超の水垢洗剤「茂木和哉」の開発者。主にラクしてキレイにする掃除術や洗剤の間違った情報をなどをSNSで日々発信。Instagramフォロワー数10万人越え。SNS総フォロワー数25万人超。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
茂木和哉 ROOM

関連の記事。こちらもどうぞ

イメージだけで判断しないために知っておきたい洗剤の呼び方とその意味

皆さん、普通の「洗剤」と「合成洗剤」ではどっちが怖そうですか? 「合成洗剤」ですよねー

記事を読む

茂木和哉愛用品紹介!浴室の汚れ予防にオススメなスクイジー!

もし、お風呂掃除のやる気スイッチが入って、お風呂場の隅々まで掃除を頑張ったなら、できる事ならそのキレ

記事を読む

茂木流!便器のフチ裏や溝についた尿石をラクに落とす方法!

こんにちは!茂木和哉です。 皆さん、落とせないトイレの尿石にお困りではないですか?

記事を読む

浴場の掃除時間を大幅に短縮させる簡単な方法を教えます!

浴場施設やホテル関係者の皆さん、浴室清掃を少しでも早く終わらせたいと思いませんか? ご

記事を読む

石鹸を使うようになった理由と使い続ける理由

こんにちは!茂木和哉です。 皆さん、体は何で洗ってますか? 私は今で石鹸で洗って

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

最近、お掃除&洗剤YouTubeとして動画を上げまくってます!

こんにちは!ユーチューバーの茂木和哉です(笑) インスタ

無印良品週間で食料品をまとめ買いして家事の負担を減らす!

こんにちは!茂木和哉です。 共働き夫婦やワーママの皆さん、ご飯作

浴場施設関係者の皆さん、浴場内のコケやカビにお困りではないですか?

こんにちは!茂木和哉です。 浴場施設の関係者の皆さん、タ

【プロ必見!】今お使いのカビ取り剤でちゃんとカビを落せてますか?

こんにちは!茂木和哉です。 一般的にカビ取り剤と言ったら

お風呂の木製製品がヌルヌルする3つの原因と解決方法!

こんにちは!茂木和哉です。 以前お客様からこんなご質問を

→もっと見る

PAGE TOP ↑