ブログ

普通の洗剤で落ちない水垢は茂木和哉で落とす!

img_6665-1

住まいの汚れの中でも飛びぬけてガンコなのが水垢ですよね?

水垢とは、水の中に溶け込んでいる硬度分が空気とふれたり、蒸発を繰り返したりすると現れる硬い汚れです。

シンクや浴室のタイルやバスタブが白っぽくくすんだ感じになっているのは水垢が原因だと思って間違いないです。

水垢は、水道水に鉄分が含まれていると赤茶色に付く場合もありますし、鏡やガラスにつくとウロコ状に付いたりします。

そんな、ただでさえガンコで落とすのが難しい水垢ですが、鏡やガラスに付くとさらにガンコになります。

その理由は、水垢成分の中に、鏡やガラスの素材として使われている成分を同じものがあるからです。

同じ成分なので長くついていると同質化する場合があります。

同質化してしまっては、いくら強い洗剤を使ってもいくら強くこすっても、落とす事が難しくなります。

なので、鏡、ガラスの水垢汚れは、すぐにでもしっかり落とし、その後は長く放置せず定期的に汚れを落としていくことを強くお薦めします。

「でもこれまで何を使って洗っても落とせない水垢を、どうやったら落とすことができるの?」

と思われる方はたくさんいるのではないでしょうか?

そんな方たちにお薦めなのが、茂木和哉です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

茂木和哉 水垢洗剤 200ml 【正規取扱店】【送料無料】
価格:2036円(税込、送料無料) (2018/4/2時点)

 

では、なぜ茂木和哉が、浴室の鏡、ガラスの水垢落としにお薦めなのか?

その点を、詳しくご説明します。

水垢を落とす方法は2つ、
・酸で溶かす。
・擦って落とす。
かのどちらかしかありません。

なぜ水垢が、酸で溶けるかと言うと、水垢がアルカリ性だからです。

アルカリ性の水垢に酸をかけると中和作用が働くために溶けていきます。

なので、酸性度が強ければ強いほど洗浄力は強力になります。

しかし逆に酸性度が低ければ低いほど刺激が強くなり危険なものとなります。

また、なぜ擦って落とせるのかと言うと、研磨作用によるものです。

なので、擦るもの硬度が高ければ高いほど、洗浄力は強力になります。

しかし、逆に硬度が高ければ高いほど、素材に傷が付きやすくなります。

このように酸で溶かす方法も、擦って落とす方法も洗浄力を高めれば高めるほど、リスクも高くなることがお分かりになったと思います。

そこで、茂木和哉です!

茂木和哉は、酸性洗浄剤と中和作用と研磨剤の研磨作用の2つの働きを利用しました。

だから、片方の働きを極端に強めることをしなくても水垢を落とせるのです。

さらに酸と研磨の働きを合わせることで、相乗効果が生まれ、非常に高い洗浄力を実現しました。

洗浄力が高いのに安全性が高くさらに素材を傷めにくい。

そんな理想の水垢落としが茂木和哉なのです。

ぜひ茂木和哉で、これまでどうやっても落とせずにあきらめていた憎き水垢を茂木和哉で撃退して下さい!

 

 

茂木和哉初の著書!絶賛発売中!

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /