*

より洗浄力が高くできるだけ安全な洗剤を目指して

 

最近のトイレやお風呂は、汚れが付きにくくなりましたよね。

コーティングや表面加工の技術など、メーカーの研究、努力の結果だと思います。

また最近、食器洗浄機、洗濯機など洗浄機器の性能もどんどん良くなってきました。

使う洗剤の量は、昔と比べかなり減ってきてます。

これからさらに技術が進歩しすと、「近い将来洗剤がなくなるのでは?」と本気で思ってしまいます。

洗剤使われている化学物質の中には、合成界面活性剤や蛍光増白剤など、題視されてきたものもたくさんありますしね。

そうなっては、私の仕事がなくなってしまいますが^^;

でも、もしずっと残り続けるとしたなら、それはどんな洗剤なのか?

おそらく今ある業務用洗剤より洗浄力が高いもので、さらに水のように安全で環境に影響を与えないものだと思います。

「業務用洗浄剤より洗浄力が高く水のように安全。」

まさに究極の洗剤ですね。

まだまだ、その域には到底いけませんが、私は、そこを目指して日々洗剤を開発しています。

現実的なところで、今開発するとしたら、洗浄力はできるだけ高く安全性はできるだけ高いものを考えていくのですが、それでさえも、こだわるとかなり難しいのです。

では、どんなところが難しいのか?

実際に私が、業務用のバスクリーナーを開発した時のことを例にしてお伝えします。

バスタブにつく汚れの代表と言ったら皮脂汚れです。

シンプルに考えて、皮脂汚れに対し、もっとも簡単に洗浄力を上げたいとしたら、洗剤のアルカリ度をできるだけ強くすればできてしまいます。

でも、アルカリ度が高くなればなるほど、反対に安全性は低くなりますし、素材が傷みやすくなります。

だからあまりアルカリ度を高くすることはできません。

では、安全なもので、かつ素材が傷まない洗剤を作るとしたらどうするか?

間違いがないのは、中性タイプにすることです。

なので普通のバスクリーナーのほとんどが中性なわけです。

でも、中性にすると言うことは、主成分が界面活性剤と言うことになります。

界面活性剤の洗浄力には限度がありますので、それでは私が思い描いているよう「より高い洗浄力」にはなりません。

ちなみに界面活性剤は、いくらたっぷり配合したとして洗浄力には限界があります。

その前に、入れ過ぎると、液がドロドロしてスプレーしても泡にならなにので無理ですけどね。

では、どうやって中性域をキープし、さらに洗浄力を高めたらいいのか?

ここが、私がバスクリーナーの開発でぶち当たった壁でした。

その壁をどうやって乗り越えたかというと、界面活性剤とアルカリ剤の事を一旦忘れることにしました。

そして他に、皮脂汚れに対して効果のある洗浄成分に目を向けたのです。

実は、皮脂汚れに効果が高い洗浄成分は、界面活性剤やアルカリ成分だけではありません。

他にもあります。

例えば溶剤や酵素。

酵素は、つけ置かないと効果がでないので、バスクリーナーにはちょっと不向きなのですが、溶剤は最適です。

溶剤には、
アルコール系
エーテル系
グリコール系
グリコールエーテル系
などあります。

あとオレンジオイルのD-リモネンも溶剤ですね。

と言うことで私は、溶剤をバスクリーナーのメインの洗浄成分として考えました。

普通に売られているバスクリーナーにも溶剤が含まれているものがたくさんありますが、あくまでもメインの洗浄成分は界面活性剤です。

そこが私のと違います。

そうすることで、界面活性剤の配合量を劇的に減らすことができました。

それによって、安全性の点や環境負荷の点でさらに良くすることができました。

さらに泡切れが良くなり時短節水につながりました。

それが、弱酸性バスウォッシュなのです!

バスフレッシュは、9月30日まで期間限定で15%オフとなっております!

ぜひこの機会にお試しくださいませ!

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

白いなまはげは、オーブンレンジの掃除に最適です!

  皆さん、オーブンレンジは、どんな洗剤を使って掃除していますか? 「洗剤の拭

記事を読む

【プロ必見】汚れが落ちない3つの理由

掃除のプロなのに落とせない汚れはありませんか? どんなガンコな汚れであろうと、お客様が

記事を読む

茂木和哉お薦め!食べ物が触れるようなところに最適な油汚れ洗剤

皆さん、 油汚れ用洗剤を使ってしっかり汚れを落としたいけど、 食べ物が触れるところなので怖くて使

記事を読む

衣類やカーペットなどの泥汚れを落とす方法を教えます!

衣類に付いた泥汚れは、なぜカンコなのか? それは、不溶性の汚れだからです。 不溶

記事を読む

【プロ必見】タイルに分厚い温泉スケールの落とし方

浴場清掃の専門業者でも、かなり苦労するのが 温泉浴場のスケール洗浄です。 下地が見えるく

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉 初の著書が発売決定! 予約受付中!
より洗浄力が高くできるだけ安全な洗剤を目指して

  最近のトイレやお風呂は、汚れが付きにくくな

茂木和哉の業務用つけ置き洗剤のご紹介!

純愛、サムライ、泥汚れZ、そして今田耕司さんからのオファーで作

バスクリーナーで水垢汚れは落ちるのか?

よく売られているものから、そうでないものまで、普通のバスクリー

浴場清掃に最適なバスクリーナーの条件とは?

浴場施設関係者の皆さん、日々お使いになっているバスクリーナーに

塩素臭が苦手な方必見!塩素臭を抑える方法!

  皆さんが、日々のお掃除や洗濯でよく使う塩素

→もっと見る

PAGE TOP ↑