ブログ

【キッチンリセットに最適】キッチン掃除にオススメな合成界面活性剤不使用の無添加石けん!

こんにちは!茂木和哉(@motegikazuya)です。

皆さん、キッチンの掃除にはどんな洗剤を使って掃除してますか?

スプレータイプの一般的な洗剤ですか?

アルカリ電解水ですか?

それとも洗剤は使わない派ですか?

キッチン用として使えそうなスプレータイプの普通の洗剤や油汚れ強そうな洗剤、またはキッチンだけでなどんな場所にでも使えるような多目的な洗剤など、お店に並んでいるものは全に「合成界面活性剤」が含まれていると思って間違いありません。

そんな合成界面活性剤が含まれている洗剤で、食べのもが触れそうな場所を掃除するのに抵抗がある方は多いと思います。

特にオーブンレンジの中や、魚焼きグリルなどを掃除する時はそうですよね。

もし拭き取りがちゃんとできていなくて洗剤残りしているのに気付かずに使ってしまったとしたら、使うたびに食材に合成界面活性剤が降り注がれてくるような感じがしますし…

アルカリ電解水は、合成界面活性剤が含まれていないので安心安全なイメージがありますが、実はひどい油汚れは、簡単に落とす事は結構難しいです。

それと実はそれほど安全なものではなくて、結構刺激が強いんですよねー

手袋は必ずして使った方が良いくらいです。

なので洗剤を使わないで掃除する方もいるかもしれません。

でも毎日レンジ回りやフードまで、こまめに掃除できる方ならなんとかお湯拭きで大丈夫かもしれません。

しかし、油汚れはちょっと放っておくとすぐガンコになるので、毎日そこま掃除ができない方は難しいと思います。

共働きでまだ子供が小さいと正直、毎日完璧にキッチンリセットを続けるのはまず無理だと思います。

私、経験してますので(笑)

「安全安心で強い洗浄力」

まさにキッチン用油汚れ洗剤の理想形ですよねー

しかしそのような残念なことに洗剤が長らくありませんでした。

でも安心してください!

今はあります!

それが「シャボンの泡(あぶく)」なんです!

シャボンの泡は水石けんが主成分の無添加洗剤です。

まず「シャボンの泡」の最大の特徴は何と言っても主成分が「水石けん」と言うところです。

普通の洗剤は、合成界面活性剤が必ず含まれていますが、「シャボンの泡」には合成界面活性剤が全く含まれていません!

合成界面活性剤の代わりに水石けんを使っているんです。

実は昔はよく水石けんの洗剤を見かけることもあったのですが、今はほとんど姿を消してしまいました。

一般向けのお掃除用洗剤に関しては、私が調べた限りの話になりますが「シャボンの泡」しかないです。

それ以外のお掃除用洗剤には、すべて合成界面活性剤が使われていると言う事になります。

しかも、シャボンの泡は「無添加」!

普通の洗剤に含まれているような、防腐剤、合成香料、合成着色料、有機キレート剤、漂白剤、有機溶剤、pH調整剤などは、一切含まれていないのです!

シャボンの泡は、無添加水石けんなのに油汚れがとにかくよく落ちる!

「でも水石けんって汚れ落ちが悪そう…」

そう思った方いませんか?

安心してください、全くそのような事はありません。

シャボンの泡は、洗浄力を高めるためにナチュラル成分「炭酸カリウム」を配合して、アルカリ度を強めています!

なので、油汚れを分解する「けん化」の働きがよく効いてくれるので、少し固くなってドロっとした黄ばんだ状態の油汚れで、ビックリするほどスルスル落ちるんです!

炭酸カリウムって聞きなれないかもしれませんが、ナチュラルクリーニングでおなじみの炭酸ナトリウムと親戚のようなものです。

最後に

いかがでしょうか?

今お使いの洗剤に不安を感じていたり、汚れ落ちに不満を感じていたら、ぜひ一度シャボンの泡を、お試しください!

ちなみに拭き掃除用として使うとコスパ最強なんですよー!

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /