*

【プロ必見】汚れが落ちない3つの理由

掃除のプロなのに落とせない汚れはありませんか?

どんなガンコな汚れであろうと、お客様が満足する所までキレイに落として見せるのが「プロの仕事」です。

しかし、いくら努力しても正直キレイに落とせない時もありますよね?

なぜ落ちないかをご存知ですか?

それは実に単純な、この3つの理由なのです。

1.汚れに合ったベストな洗浄剤を使っていない。

2.汚れに合ったベストな洗浄剤の使い方をしていない。

3.汚れに合った正しい洗い方をしていない。

この3つのうち、どれか1つでも間違っていればガンコな汚れを落とす事ができないのです。

では、詳しく説明していきます。

 

1.汚れに合ったベストな洗浄剤を使っていない。

汚れに合った洗浄剤を選ぶためには、汚れの正体を見極める力必要と言う事にもなります。

例えば、浴槽のスケール汚れを落とすのであれば、使うべき洗浄剤は「スケール洗浄剤」となります。

なので、スケール洗浄剤であれば、ボイラー用でも食品工業用でもなんでもいいのです。

しかし、汚れの正体がわからなければ浴槽用洗剤を使う選択をしてしまいます。

それでは、スケール汚れを完璧に落とす事はできません。

さらに上級者は、スケール洗浄剤に限らず酸性洗浄剤の中から主成分をチェックし洗浄剤を選ぶことができるので、洗剤の選択肢が増え、よりキレイにそして楽に落とす事ができるようになります。

 

2.汚れに合ったベストな洗浄剤の使い方をしていない。

掃除のプロの皆さんが、現場で目にする汚れは、正直言って、メーカー側ですべてを想定できないぐらい多種多様です。

なので、必ずしもメーカーが推奨している洗浄剤の使用方法がベストなものとは限りません。

それぞれの洗浄剤の特性をしっかり把握し、現場ごと(汚れごと)に最大限に洗浄効果を高める使用方法をマスターすることが大切です。

例えば、洗浄剤を希釈する場合ですが、酸素系漂白剤であれば、約50℃のお湯で希釈するのが最も効果的です。

しかし、酵素が配合されているのであればもう少し温度を下げる必要があります。

さらにタンパク質汚れを落とすとなると30℃以上にしてはいけません。

また、塩素系漂白剤を希釈するときは、お湯より水を使う方が塩素濃度が安定します。

なぜなら塩素濃度は、温度が高ければ高いほど消費されるからです。

しかし、それも現場に今状況によっては必ずしも正しいとは言えないこともあります。

汚れの正体を見極め、清掃現場の環境(汚れがついている素材や屋外なのか屋内なのかなど)作業時間や作業時期(夏場なのか冬場なのか)などによって効果的に洗剤を使うことが大切です。

 

3.汚れに合った正しい洗い方をしていない。

例えば、温泉浴場清掃においては、洗浄剤選びと同じくらい洗い方が重要になります。

洗い場はスケール汚れと皮脂汚れ、石鹸カスが重なり合って付着している場合があります。

そんな場合は、汚れの程度を判断し、スケール洗浄を行う前にアルカリ洗浄や温水高圧洗浄など前工程を入れるか、もしくは初めにスケール洗浄を行うのかなどという選択があります。

汚れの状況判断が的確にでき、汚れに合った正しい洗い方ができれば、よりキレイに汚れを落とし事ができ、さらに作業時間や洗浄に係るコストも削減ができます。

ぜひ、3つのポイントを極め、汚れ落としのスキルアップにつなげてください!

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

茂木和哉流!コーキングとパッキンの黒カビを確実に落とす方法

浴室のゴムパッキンやコーキングの黒カビってガンコですよね。 残さず落としたいけれど、普通のカビ

記事を読む

そのカビ取りでは木材が傷みます!

ひのきの浴槽や木製のオケやイスなど、 湿度が高い浴室の木製品は、とてもカビが生えやすい環境

記事を読む

トイレの2大ガンコ汚れの落とし方を教えます!

トイレの2大ガンコ汚れと言ったら、 ・便器のフチ裏の黄ばみ ・便器の水面線の汚れ では

記事を読む

【茂木和哉流】キレイなトイレを楽にキープさせる方法

せっかくトイレをキレイに掃除したのなら ピカピカの状態を長く持続させたいですよね〜

記事を読む

レジオネラ菌対策に次亜塩素酸ナトリウムでの洗浄が適していない理由

浴場施設の関係者の皆さん、清掃業者の皆さん、 少しでもコストを抑えたい気持ちは分かりますが

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新商品! 独身番長 好評発売中!
  • 茂木和哉 初の著書が発売決定! 予約受付中!
  • 茂木和哉
今田耕司×茂木和哉=独身番長!

キレイ好きで知られる今田耕司さん。 今でも掃除、洗濯は自分でやっ

カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

→もっと見る

PAGE TOP ↑