ブログ

【水道代節減】ラクして節水できる術【節約術】

こんんちは!茂木です。

皆さん、節水に心がけていますか?

もし心がけているようでしたら、先ず気を付けつべきは「食器洗い」です。

何も考えずに普通に洗っていたのでは結構水を使いますからね。

で、食器洗いで最も節水できるのが洗い桶を使う方法です。

【茂木流節約術】食器洗い編 皆さん、食器洗いはどうされていますか? まさか水道を流しながらスポンジに洗剤をたっぷりつけ洗ってませんよね? それで...

でも洗い桶を使うほど洗い物が多くなかったり、そもそも洗い桶は使うのが好きじゃない方もいると思いますよねー

そんな方にもオススメな節水術があります!

それは、今お使いの洗剤をただ「液体石けん」に替えるだけです。

 

食器洗いに石けんを使うと節水ができる理由

皆さんが普段お使いの食器洗剤の主成分は「合成界面活性剤」です。

食器洗剤に入っているような合成界面活性剤は、泡立ち豊かで汚れ落ちもイイのですが、なかなかお皿のヌルヌルが取れないし、泡切れが悪いのが特徴です。

一方で石けんは、合成界面活性剤と比べものすごくヌルヌルが簡単に取れるし、泡切れも抜群に速いんです。

石鹸で体を洗った事のある方ならイメージできると思いますが、洗った後シャワーで流すと泡やヌルヌルがあっという間になくなりますよね。

でも、ボディーソープは、ヌルヌルや泡がなかなか取れないですよね。

ボディーソープも合成界面活性剤が入っているんでそうなんです。

食器洗いも体洗いも同じです。

石けんを使えば、ヌルヌルや泡が早く消えると言うわけです。

なので普通の台所洗剤から石けんに変えるだけで、かなり節水につながります。

使いやすさを考えると固形石けんや粉石けんより断然液体石けんがオススメです。

また、より節水につなげたいなら、
・食器を下げる際にお皿を重ねないようにし食器に付く汚れを広くしないようにする。
・食器洗いの順番を、油汚れはひどくないものからひどいものへと洗う。
・できるだけ食事の後すぐに洗う。
の3つを意識して食器洗いするとイイですよ。

 

手荒れしやすい方にオススメな水石けん

ただ、節水には繋がる石けんなのですが、イメージに反して手肌には刺激強めなんです…

なぜならアルカリ性だからです。

もし手荒れにお悩みだったり手荒れしやすい方でしたら普通の石けんでなく「綿雪潤石鹸」をオススメします。

綿雪潤石鹸の本職は赤ちゃんの全身洗い用です!せっt

だから手肌にすごく優しいんです!

赤ちゃんの肌とお母さんの手肌を守る超低刺激な水石けん「綿雪潤石鹸」 小さなお子さんをお持ちの母親の皆さん、こんなお悩みありませんか? 「子供の肌荒れがひどい・・・」 「色々ボディソープを試した...

「綿雪潤石鹸」の購入ページはコチラです。

 

Amazonでも買えます!primeマーク付きです!

 

手荒れにお困りなら「綿雪ハンドソープ」がオススメ!

 

コレを読むと大掃除をラクに時間短縮で終わらせられる!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

茂木和哉 落ちない汚れをラクに落とす掃除術 [ 茂木 和哉 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/11/29時点)

 

 

 

電子書籍もあります。

 

 

アマゾンで買うならコチラ。

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /