*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

パッキンに生えた黒カビを落とすなら茂木和哉のカビ退治

「茂木和哉のカビ退治って本当にパッキンの黒カビまで落とせるの?」

「値段が高いだけで普通のカビ取り剤と変わらないんじゃないの?」

と思ってい購入に踏み切れない方、ご安心ください!

茂木和哉のカビ退治の洗浄力は、普通のスプレータイプのカビ取り剤とは、比較にならないほど強力です!

その根拠が、中に含まれている洗浄成分である「次亜塩素酸ナトリウム」の配合量です。

茂木和哉のカビ退治には、その次亜塩素酸ナトリウムが、普通のスプレータイプのカビ取り剤と比べ、なんと!6倍も多く含まれているんです!

だから桁違いに落ちるんです。

パッキンやコーキングに生えた頑固な黒カビでも残さず落とせるんです。

こちらをご覧ください。

結構ひどい黒カビがコーキングについてますよね。

ちなみに普通のスプレータイプのカビ取り剤では落とす事ができませんでした。

こんな状態でも、茂木和哉のカビ退治なら問題なくキレイに落とせます。

実際に洗った後の様子がこちらです。


どうでしょうか?

黒カビがしっかり落ちていますよね?

茂木和哉のカビ退治を使うと、ここまでスッキリ落とすことができるのです。

でも、パッキンやコーキングに生えた、このぐらいひどいカビをスッキリ落とすには、使い方に少しコツが必要です。

ポイントは、2つ。

・長く放置すること。

・乾かないようにラップして放置すること。

この2つです。

放置時間は、30分ぐらいの放置では全然ダメです。

普通のスプレータイプのカビ取り剤は、「ひどいカビは20分から30分放置」となってますが、それでは落ちません。

ちゃんと落としたいなら、最低半日、できれば丸一日放置しなければ落ちません。

長時間放置すると洗浄液が乾いてきますが、乾いてしまうと効果なくなるので、乾きにくくするためにラップで洗浄液を覆います。

もっと効果的なのは、洗浄液をペーパーで湿布し、それからラップで覆う方法です。

パッキン全体が黒くなっているほど、ひどい状態の時は、湿布した方がいいです。

今回の画像のカビは、カビにスプレーしてからラップで覆い、その後半日放置したらスッキリ落ちました。

まだまだ、カビが生えやすい季節が続きます。

うっかりパッキンやコーキングにカビが生えてしまってお困りの方、ぜひ茂木和哉のカビ退治をお試しください!

茂木和哉のカビ退治

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

パイプ洗浄に水酸化ナトリウムより水酸化カリウムが向いてる理由

清掃業者の皆さん、 水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)と 水酸化カリウム(苛性カリ)の違いは

記事を読む

液体と粉末の酸素系漂白剤の違いとは?

市販されている酸素系漂白剤には 液体タイプと粉末タイプの商品があります。 どちらも用

記事を読む

洗浄力が高い中性洗剤を選ぶためのポイント

油脂汚れを洗浄したいけれど、 素材への影響が心配でアルカリ洗浄剤が使えるか不安...

記事を読む

水垢洗剤の種類別の最適な使いかを教えます!

水垢を落とせる洗剤には、 ・酸性洗浄剤 ・キレート剤配合洗剤 の2つのタイプがあります

記事を読む

安全性が高く環境負荷が低い洗剤選び方

界面活性剤を主成分とした洗剤の洗浄力を高めるという事を、 第一に考えるのであれば、アニオン

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
no image
【茂木和哉のプロショップ】12月のキャンペーンのお知らせ!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

新発売の茂木和哉専用クロスを使ってみた!

新商品の茂木和哉専用クロスを実際に使って、我が家のお風呂の鏡を洗いまし

掃除職人応援プレゼントキャンペーンのお知らせ!

こんにちは!茂木和哉です。 大掃除需要でこれからお仕事が忙しくな

浴室の汚れ予防にはコレ!【キャンペーン情報もあるよ!】

まもなく大掃除の季節がやってきますが、大掃除を頑張ってキレイにした後は

【プロ必見!】業務用商品超大特価セールのご案内!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

→もっと見る

PAGE TOP ↑