*

茂木和哉が最強のカビとり剤を求めてたどり着いた答えとは?

公開日: : 最終更新日:2017/03/05:茂木 和哉 商品情報, 茂木和哉が作った商品 , ,

016

私はこれまでカビ取り剤の研究に、
たくさん時間をかけてきました。

商品もこれまでに家庭用2品、業務用3品、
合計5品を開発してきました。

開発する時は、いつも
「これまでにないカビ取り剤を作ってみせるぞ!」
と思って始めるのですが、完成してみると、
結局これまでと同じ方向性の商品になってしまいます。

もちろん新しい商品ほど進化したものになってますが、
これまでと同じ「塩素系」から抜け出すことはできません。

なぜ塩素系から抜け出せないのか?

それは、私が行き着いた現時点での結論でもありますが、
カビ洗浄に対して塩素に勝る洗浄成分がないからです。

どんなにカビに効果がありそうな洗浄成分でも思って試しても
塩素系の洗浄力に到底及ばないものになってしまうのです。

それほど塩素系カビ取り剤の洗浄力は高いのです。

中でもカビ洗浄に理想的な洗浄成分は
「次亜塩素酸ナトリウム」です。

なぜ理想的なのかというと、
次亜塩素酸ナトリウムには、カビ洗浄では
非常に重要な2つの働きを高い効果で併せ持っています。

その2つの働きとは
殺菌力と漂白力です。

カビは生き物です。

殺菌力が高ければ高いものほど落ちが良くなります。

また、カビは色素の濃い汚れです。

いかに色素を残さずに、
しっかり落としきるかがカビ取り剤には求められます。

その為には強い漂白力が必要なのです。

この2つの働きが、次亜塩素酸ナトリウムは、
カビ取りを目的に使用した場合に限り、
他の塩素剤より劇的に高いのです。

これまで私が開発した次亜塩素酸ナトリム含むカビ取り剤には、
次亜塩素酸ナトリウムだけの働きに頼るというよりは、
他の洗浄成分を加え、相乗効果で洗浄力を高めるというものでした。

なので、純粋に次亜塩素酸ナトリウムの働きを
最大限に高めたものは、これまでに作ってきませんでした。

そこで、次亜塩素酸ナトリウムを主成分におき、
次亜塩素酸ナトリウムの働きを最大限に活かす為の
配合処方でカビ取り剤を作ってみようと開発を始めました。

そして完成した配合処方を見て、私は驚きました。

なぜなら、私が起業したての頃、
浴場施設のカビ取り用にと開発したものと、うり二つだったからです。

私のカビ取り剤の原点でもあり
そして、最強のカビ取り剤を求めて行き着いた答え。

それが茂木和哉のカビ退治なのです。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

一般的な塩素系カビ取り剤とスターマインEXの違いとは?

初めに一般的なカビ取り剤とはどんなものか? そこについて説明します。 一般的なカビ取

記事を読む

今お使いの食器洗剤にちょっとでも不満がある方へ

「手に優しそうな洗剤をいろいろ試したけど、いっこうに手荒れがよくならない...」 「赤ちゃ

記事を読む

シリカスケールの予防方法と洗浄方法を教えます!

こんにちは、洗剤エキスパートの茂木和哉です。 前回は、 シリカスケールについてお話しました。

記事を読む

マジスカの開発で諦めずにこだわったこと

マジスカの強い洗浄力の秘密 超濃縮酸素パワー洗浄を実現するには、 とても大きな問題点があ

記事を読む

茂木和哉と他の水垢落としの違いとは?

  お風呂場の鏡のウロコ汚れは、 普段お風呂掃除に使っているバスクリーナー

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑