*

洗剤残りの心配がいらない洗濯洗剤

公開日: : :茂木 和哉 茂木和哉が作った商品 , , ,

powder-382250_1920

合成界面活性剤には、
すすぎにくく残しやすいという性質があります。

例えば、身体を洗うのにボディシャンプーと石鹸の両方を
使った事のあるからならすぐに分かると思いますが、
泡切れに時間がかかり、ヌルヌル感が長く続くのは
明らかにボディシャンプーの方ですね。

合成界面活性剤が主成分のボディシャンプーは
それだけ肌から流れにくいいのです。

しかし、身体なら泡切れ具合やヌルヌル感で
しっかりすすげたかを感覚で確認することができるので
注意してしっかり流せば身体に残ることはあまりありません。

台所洗剤も同じです。
素手で食器を洗っていれば感覚でわかりますね。

問題は洗濯洗剤です!

洗濯洗剤は、ボディシャンプーや食器洗剤などのように
十分にすすがれたのかを確認できてから終了というわけにはいきません。

洗濯機まかせなのですすぎ時間が終わったら終了となります。

これでは洗剤がちゃんとすすがれているのかという確信がもてませんよね。

最近は、「すすぎ1回」とうたった洗濯洗剤を
よく見かけますが、洗剤の投入量や合成界面活性剤の配合割合だけで
すすぎ一回と言ってしまっていいのでしょうか?

洗剤残りの要因は、洗剤側の問題だけでなく
・洗濯機の性能
・すすぎ時間の設定
・洗濯水の温度
など洗剤以外にもあります。

洗剤のうたい文句だけで「すすぎ1回」を信じるのはちょっと怖とは思いませんか?

もし、そう思ったなら通常通りの設定ですすぎをされることをお薦めします。

 

衣類の洗剤残りの影響について触れておきます。

衣類の残った洗剤の成分で問題になるのが添加物です。

特に問題なのが、
先に説明した非常に残りやすい合成界面活性剤と
あえて残すようにしないとならない蛍光増白剤です。

どちらも肌に対しては悪影響です。

肌が健康な方ならそれほど問題にはなりません。

しかし、まだ肌機能が未熟な赤ちゃんや子供にとっては大問題です。

すぐに肌荒れや湿疹などの肌トラブルにつながります。

また、大人の方でも肌トラブルにお悩みの方は
症状を悪化させる原因になりますし、
そもそも肌トラブルの原因自体が衣類に残った
合成界面活性剤だったり蛍光増白剤だったりすることがあります。

そんな方たちお薦めなのがゼロです。

なぜならゼロには、
合成界面活性剤や蛍光増白剤を含め
添加物が一切含まれていないので洗剤残りの心配する必要がないのです!

 

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

no image

カーペットのシミ抜きにはサムライが最強です!

道着についた頑固な汚れをキレイに落とせる サムライ にとっては、お住まいの汚れを落とす事など

記事を読む

瞬間水あかクリーナーが素材を傷めにくい理由

酸性洗浄剤は、洗浄力が高いものほど、 傷みやすい素材が多く、 素材が傷み具合が激しくなります。

記事を読む

車のガラスやミラーについた水垢にお困りの方へ

車をお持ちの皆さん、ガラスやミラーについた水垢にお困りではないですか? 例えば...

記事を読む

no image

アメトークでおなじみジューシーズ松橋さんが熱く語る茂木和哉

こんにちは、洗剤エキスパートの茂木和哉です。 昨日偶然、こんな動画を見つけました!!

記事を読む

赤鬼と瞬間水あかクリーナーの違いとは?

浴場のスケール洗浄剤である ・赤鬼 ・瞬間クリーナー は、どちらも幅広いスケールを洗浄でき

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉 初の著書が発売決定! 予約受付中!
より洗浄力が高くできるだけ安全な洗剤を目指して

  最近のトイレやお風呂は、汚れが付きにくくな

茂木和哉の業務用つけ置き洗剤のご紹介!

純愛、サムライ、泥汚れZ、そして今田耕司さんからのオファーで作

バスクリーナーで水垢汚れは落ちるのか?

よく売られているものから、そうでないものまで、普通のバスクリー

浴場清掃に最適なバスクリーナーの条件とは?

浴場施設関係者の皆さん、日々お使いになっているバスクリーナーに

塩素臭が苦手な方必見!塩素臭を抑える方法!

  皆さんが、日々のお掃除や洗濯でよく使う塩素

→もっと見る

PAGE TOP ↑