ブログ

【たったの1手間】ベタベタしない!ウタマロクリーナーを床拭き用にアレンジする方法

nishiyama
のぞみ
のぞみ

こんにちは!のぞみです。

人気洗剤の「ウタマロクリーナー」。

そのままフローリングの拭き掃除をすると、拭いた後にヌルヌル・ベタベタすることがありますよね。

そこで今回は、拭きあがりがサラサラになるお掃除法をご紹介いたします♪

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

目次
  1. 使うアイテムの紹介
  2. 「ウタマロクリーナー」の床拭き用希釈液をつくる
  3. 「ウタマロクリーナー」で床の拭き掃除をしてみました
  4. ポイントは界面活性剤の濃度!
  5. まとめ

使うアイテムの紹介

まずは今回のお掃除で使うアイテムからご紹介してきます。

メインの洗剤はこちら!「ウタマロクリーナー」です。

ですが「ウタマロクリーナー」を原液のまま拭き掃除に使うと、ヌルヌル・ベタベタしてしまいます。

汚れ落ちはいいのですが……フローリングがベタベタするのはちょっとイヤですよね。

なので今回は、水で薄めてお掃除をしていきます!

そこで水を100グラムいれた空のスプレーボトルを用意しました。

そして薄めた「ウタマロクリーナー」を拭くのに、「クイックルワイパー」とペーパータオルを使います。

ペーパータオルはスコッティファインの「洗って使えるペーパータオル」です!

「ウタマロクリーナー」の床拭き用希釈液をつくる

まずは「ウタマロクリーナー」の床拭き用希釈液を作ります。

「ウタマロクリーナー」はスプレーを一回プッシュすると、だいたい1グラム出てきます。

今回は「ウタマロクリーナー」の20倍希釈液を作りたいので、100グラムの水に対して5プッシュ、つまり5グラム入れていきますね。

キッチンスケールを使って水や洗剤を計量する方法もありますが、空のスプレーボトルを用意しておけばダイレクトに「ウタマロクリーナー」を入れることができてラクチンです♪

今回は汚れがそこまでひどくないので、「ウタマロクリーナー」20倍希釈液でお掃除していきます。

汚れが多めのときは、「ウタマロクリーナー」を濃いめに10倍希釈液でも良いかもしれませんね。

10倍希釈液を作りたければ、水100グラムに対して「ウタマロクリーナー」は10プッシュいれてください!

「ウタマロクリーナー」で床の拭き掃除をしてみました

それでは「ウタマロクリーナー」を使って、床の拭き掃除を始めていきます。

……とは言っても、床に「ウタマロクリーナー」希釈液をスプレーして拭いていくだけです。

ペーパータオルははじめ乾いているので、最初はペーパータオルにも洗浄液をスプレーして馴染ませておきますね。

あとはいつも通り、床を拭いていきます。

ちなみにホコリはあらかじめ取っておきました!

ダイニングテーブル周りは食べ物が多いので、油汚れもついているかもしれません。

少し丁寧に拭いていきますね。汚れが多ければ希釈液は濃いめに作っておきましょう。

リビングダイニング全体の拭き掃除が終わりました。

お掃除後のペーパータオルをみてみると……しっかり汚れがおちました!

ポイントは界面活性剤の濃度!

ということで今回は、「ウタマロクリーナー」を20倍に薄めた洗浄液でフローリングの拭き掃除をしてみました。

20倍ってかなり薄いイメージがありますが、ちゃんと汚れは落ちていましたね!

ポイントは「ウタマロクリーナー」の界面活性剤の濃度。

汚れを落とすのに必要な界面活性剤が、「ウタマロクリーナー」にはもともと5%入っています。

それを今回水で20倍に薄めているので、界面活性剤の濃度は0.25%になっていますね。

界面活性剤の濃度が0.25%と聞くと、かなり薄い印象がありますが……ここで参考にしたいのが、花王さんの拭き掃除用洗剤「クリックルホームリセット泡クリーナー」です。

持っているのが鬼滅の刃コラボデザインのものなのですが、裏面の成分を見てみましょう。

「クリックルホームリセット泡クリーナー」の界面活性剤の濃度は、0.4%と書かれています。

今回のお掃除で使った「ウタマロクリーナー」20倍希釈液は、界面活性剤が0.25%ですから、そこまで変わりませんよね!

「クリックルホームリセット泡クリーナー」を実際に使ったことがある方なら分かるかと思いますが、拭き掃除をした後ヌルヌル・ベタベタせずすぐにサラサラになります。

それに汚れも良く落ちますよね!

なので「ウタマロクリーナー」を使って床の拭き掃除をするときも、「クリックルホームリセット泡クリーナー」の濃度を参考にすると良いですよ♪

もちろん拭き掃除専用に作っている「クリックルホームリセット泡クリーナー」のほうが汚れ落ちがいいのかもしれませんが……「ウタマロクリーナー」を水で薄めて使えば節約にもなりますしね。

床の拭き掃除だけでなく、いろんな場所の拭き掃除に使ってみてくださいね~!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「ウタマロクリーナー」を使ったフローリングの拭き掃除のやり方をご紹介しました。

「ウタマロクリーナー」は人気の洗剤ですし、いろんな場所のお掃除に使える優れものです。

みなさんもぜひ、今回のお掃除法を試してみてくださいね♪

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/18 09:45:15時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました