*

洗剤、洗浄剤で肌荒れする理由とは?

a1130_000258

なぜ洗剤を使うと手が荒れるのか?
なぜ洗浄剤は肌が傷むのか?

その大きな原因の1つが、
洗剤、洗浄剤のタンパク質変性作用によるものです。

洗剤は、界面活性剤の働きで汚れを落とすのですが
その界面活性剤にタンパク質を変性させる働きがあります。

界面活性剤の種類によって
タンパク質変性作用の強さが変わります。

しかし、界面活性剤である以上は、
どんなものにも必ずタンパク質変性作用はあります。

なので、
手荒れしにくい洗剤はあっても
手荒れしない洗剤は、世の中に存在しないわけです。

また皮膚は、界面活性剤の働きだけではなく、
pHの強さでも皮膚は影響を受けます。

洗浄剤で肌が傷むのはここです。

洗浄剤は、中和作用を利用し汚れを落とします。

なので中性の洗浄剤はありません。

必ず酸性だったり、アルカリ性だったりします。

アルカリ度が強ければ強いほど
タンパク質変成作用が強くなり
肌が傷みやすくなります。

アルカリ側だけでなく、
酸性度が強ければ強いほど
タンパク質変成作用が強くなり
肌が傷みやすくなります。

なので、
例えナチュラル素材であろうと
電気分解イオン水であろうと
pHがアルカリや酸に傾けば傾くほど
タンパク質変性作用によって皮膚は侵されるのです。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

【プロ必見!】固形塩素剤の性質と特徴

漂白剤に使用されてる塩素剤は、 液体タイプの次亜塩素酸ナトリウム(塩素系) が一般的です

記事を読む

アルカリ温泉は塩素管理が大変です!

塩素は、アルカリ側では安定するので分解しにくいのですが、 酸性側では不安定になり分解しやす

記事を読む

界面活性剤は洗剤以外でも使われているんですか?

水と油を混ぜあわせる働きのある界面活性剤の使い道は、 食器洗剤や洗濯洗剤、住居用洗剤だけで

記事を読む

台所洗剤の手荒れのしやすさ、界面活性剤は濃度で判断できるのか?

同じ種類の界面活性剤なら 濃度が高い方が肌に対して刺激が強くなります。 ただし、

記事を読む

塩素系漂白剤とは?

酸化力が強く洗剤では落ちない汚れの漂白剤や キッチンやトイレの除菌剤としてよく使われます。

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑