*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

洗剤、洗浄剤で肌荒れする理由とは?

a1130_000258

なぜ洗剤を使うと手が荒れるのか?
なぜ洗浄剤は肌が傷むのか?

その大きな原因の1つが、
洗剤、洗浄剤のタンパク質変性作用によるものです。

洗剤は、界面活性剤の働きで汚れを落とすのですが
その界面活性剤にタンパク質を変性させる働きがあります。

界面活性剤の種類によって
タンパク質変性作用の強さが変わります。

しかし、界面活性剤である以上は、
どんなものにも必ずタンパク質変性作用はあります。

なので、
手荒れしにくい洗剤はあっても
手荒れしない洗剤は、世の中に存在しないわけです。

また皮膚は、界面活性剤の働きだけではなく、
pHの強さでも皮膚は影響を受けます。

洗浄剤で肌が傷むのはここです。

洗浄剤は、中和作用を利用し汚れを落とします。

なので中性の洗浄剤はありません。

必ず酸性だったり、アルカリ性だったりします。

アルカリ度が強ければ強いほど
タンパク質変成作用が強くなり
肌が傷みやすくなります。

アルカリ側だけでなく、
酸性度が強ければ強いほど
タンパク質変成作用が強くなり
肌が傷みやすくなります。

なので、
例えナチュラル素材であろうと
電気分解イオン水であろうと
pHがアルカリや酸に傾けば傾くほど
タンパク質変性作用によって皮膚は侵されるのです。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

【簡単解説】界面活性剤の働きとは?

洗剤の主成分「界面活性剤」。 なぜ界面活性剤が含まれていると汚れが落ちるのか?

記事を読む

【プロ必見!】固形塩素剤の性質と特徴

漂白剤に使用されてる塩素剤は、 液体タイプの次亜塩素酸ナトリウム(塩素系) が一般的です

記事を読む

防腐剤不使用の洗剤はありますか?

液性(pH)が中性域の洗剤は、雑菌で腐敗する恐れがあります。 例えば、 ・台所洗剤

記事を読む

二酸化塩素と安定化二酸化塩素

二酸化塩素は、光や熱で分解されやすい気体です。 なので製品とし流通させるためには、

記事を読む

洗剤にはどんなものが含まれているの?

洗剤によく含まれる成分にはどんなものがあるのか? わかりやすく説明します! &n

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
no image
【茂木和哉のプロショップ】12月のキャンペーンのお知らせ!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

新発売の茂木和哉専用クロスを使ってみた!

新商品の茂木和哉専用クロスを実際に使って、我が家のお風呂の鏡を洗いまし

掃除職人応援プレゼントキャンペーンのお知らせ!

こんにちは!茂木和哉です。 大掃除需要でこれからお仕事が忙しくな

浴室の汚れ予防にはコレ!【キャンペーン情報もあるよ!】

まもなく大掃除の季節がやってきますが、大掃除を頑張ってキレイにした後は

【プロ必見!】業務用商品超大特価セールのご案内!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

→もっと見る

PAGE TOP ↑