ブログ

石けんのメリットとデメリット

皆さん、体を洗う時は、泡立ち豊で使いやすいボディーソープとお肌に優しい安心安全な石鹸のどちらを使いますか?

我が家では、まだ肌が弱い小さな子供に石けんを使っているので、それに合わせて私も石けんを使ってます。

妻だけボディソープです^^

石けんとボディソープのどちらもメリットとデメリットがあるのでどちらを選ぶかは人それぞれだと思います。

私は石けんのデメリットには目をつぶり、私は「息子たちの安全」を最優先しているので、石けんのデメリットには目をつぶり石けんを使っています。

おかげさまで子供の肌トラブルもずいぶんすくなった上に、私の肌まで石けんに変えてからずっと調子が良いんです(笑)

しかし、石けんにはデメリットもあります。

最も感じやすいデメリットと言えば、泡立ちが悪い(泡立たせるのが難しい)事ではないでしょうか?

石けんの特性として、水で薄まりすぎたり、皮脂に触れすぎると一気に泡立たなくなり洗浄力を失います。

そうなってしまうと体を洗っている途中で石けんを補充が必要となります。

実は石けんは、洗浄力が弱いわけではないのです。

むしろ強いぐらいです。

でも、その特性を理解して使わないと、石けんのパフォーマンスを引き出すことができず、汚れ落ちが悪いと感じてしまいます。

そして、石けんにはもう一つ厄介なデメリットがあります。

それが石けんカス汚れです。

実は石けんカス汚れには、2つの種類があり汚れのガンコさまるで違います。

1つは、皮脂と結びついてできる石けんカスです。

石けんで体を洗ったタオルを、オケで濯ぐと水面に汚れがたくさん浮いてますよね。

それです。

しかし、その石鹸カスは、普通のバスクリーナーでも、しっかり洗えば何とか落とせるのでそれほど問題ではありません。

問題なのは、水道水の硬度分と結びついてできる石けんカスです。

特に無添加石鹸(純石鹸)は、キレート剤と言われる石けんカスが出にくくする成分が含まれていないので、よく発生します。

この石けんカスはとても頑固なので普通のバスクリーナーでは落とすことができません。

石けんをお使いの方で、洗い場まわりにいくら洗っても落ちない白っぽい汚れがあるのなら石けんカスだとおもって間違いありません。

そんな厄介な石けんカスを楽に残さず落としたいなら、ぜひおふろのなまはげをお試しください!

 

 

 

 

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /