ブログ

【プロ必見】拭き掃除に安全な洗剤を使って同業者と差別化!

掃除職人の皆さん、拭き掃除用にどんな洗剤をお使いですか?

おそらく合成洗剤ではないでしょうか?

なぜそう思うのか言うと、出回っている拭き掃除用の洗剤のほぼすべてが合成洗剤だからです。

ちなみに合成洗剤とは、主な洗浄成分が合成界面活性剤で作られている洗剤の事なのですが、一般の方の中には拭き掃除に合成洗剤を使いたくない方達がそこそこおられます。

ナチュラルクリーニング派の方達はもちろんだと思いますが、小さなお子さんがいる方や家の中でペットを飼ってる方の中にもいます。

ではなぜ合成洗剤で拭き掃除したくないのか?

それは洗剤残りが心配だからです。

残った合成界面活性剤が直接口から入ったり、手を介して口に入るのが心配だからです。

もし、そんな方達から掃除の依頼が来たとき、これまで通り合成洗剤を使うのと、安全性が高く洗剤残りのリスクが非常に少ないもので洗うのとでは、どちらがお客様に喜ばれるでしょうか?

もちろん後者ですよねー

もしかしたら、たったそれだけのことでお客様と信頼関係ができリピーターさんにるかもしれませんし、同業者と差別化でき集客につながるかもしれません。

では、合成洗剤ではなく何を使ったらいいのか?

ズバリ、水石けんです!

しかも無添加の純石けんです。

石けんは非常に洗剤残りしにく性質です。

思い浮かべてもらいたいのですが体を洗う時にボディソープと石けんでは、シャワーですすいだ時にヌルヌルの取れ方がまるで違いますよね?

それと同じことが拭き掃除にも言えます。

もし残ったとしても皮脂や手垢によって中和され人畜無害の物質に代わります。

ここについても石けんで体を洗う時のことを思い浮かべてもらいたいのですが、よく泡立てたはずなのに体を洗っているうちに、いきなり石けんが泡立たなくなる事ってありますよね?

それは弱酸性の皮脂によってアルカリ性の石けんが中和されたためなんです。

石けんは中和されると汚れを落とす働きがなくなるのです。

ここは体だけでなく拭き掃除でも同じなんですよー

他に拭き掃除用洗剤はないかと考えてみると、使えそうなのが1つあります。

それは、アルカリ電解水です。

アルカリ電解水も洗剤の残りにしくいし、安全性が高いイメージもあり拭き掃除に良さそうですが、pHが高すぎてちょっと使いにくいんですよねー

ちなみにpHは12.5あります。

pHが高すぎて素材によっては傷んだり変色したりすることもありますし、ワックスなどコーティングが取れてしまったりすることもあります。

それと原液使用なためとてもコスト高です。

その点水石けんは、かなり薄めて使えて経済的です。

そんな拭き掃除にとってもオススメできる無添加水石けんをこの度私がつくりました。

商品名は、「のぞみラプソディー」です!

決してふざけてつけた商品名ではないです(笑)

茂木和哉のプロショップ店長のぞみが、毎日お仕事を頑張っている掃除職人さんへ癒しを与えたいという思いから付けた商品名です。

ぜひお試しいただけたら嬉しいです!

 

 

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /