*

【プロ必見】タイルに分厚い温泉スケールの落とし方

公開日: : :茂木 和哉 洗剤・掃除・洗濯プロの技 , , ,

a0050_000235
浴場清掃の専門業者でも、かなり苦労するのが
温泉浴場のスケール洗浄です。

下地が見えるくらいの薄いスケールだったら
相性の良い酸性洗浄剤を選ぶ事ができれば
散布するだけで、ほとんどこすり洗いしなくても
キレイに落とすことができます。

でも、下地が見えないぐらい厚く付いた
スケール汚れは、こすり洗いをしなければダメです。

なぜかというと、ただ酸性洗浄液を散布し放置するのでは
スケールと洗浄剤の境目に中和された液の層ができてしまい、
それ以上は、中和作用が働かず途中で止まってしまい
スケールが落ちなくなります。

中和作用を働かせるには、中和された層をよせないといけません。

なのでこすり洗いが必要になります。

わかり易く言うと、
スケールを物理的にこすって落とすのではなく
スケールに酸性洗浄剤を反応させやすくするためにこするわけです。

しかし、いくらこすり洗いをしても
分厚くついたスケールをスケール全体を上(表面)から洗浄していくのでは、
非常に労力と洗浄剤を多く使う作業になります。

さらに非常に時間がかかる作業になるので、
決められた時間内にすべて落とせないことだってあるかもしれません。

そんな事にならないように、分厚くついた温泉スケールを
効率的に落とす方法をご紹介します!

用意するもの:酸性洗浄剤、硬めのブラシ、金属ベラやマイナスドライバ―

1.スケール全体を見渡し最も薄いところを探します。

2.その薄いところ一部分を酸性洗浄剤を散布し、
ブラシでこすりながら下地が見えるまで洗浄します。
スケールに厚みがある場合は、金属ベラやマイナスドライバーで
ある程度削り落としてから酸性洗浄剤を使うと効果的です。
スケールの状態によっては、酸性洗浄剤を使用せずにケレンのみで
下地を露出させる方が簡単な場合があります。

3.下地とスケールが接着している面に洗浄剤を流し込み
金属ベラやマイナスドライバ―で剥離させていきます。

4.スケールを取れるところまで取れたら、残ったスケールを
酸性洗浄剤で落とします。

5.水でしっかりすすいで完了です。
もし温泉スケールの洗浄剤選びに迷っているようなら
赤鬼がお薦めです!
akaoni_click

赤鬼なら、カルシウムスケールならもちろんのこと、
酸化鉄スケールからシリカスケールまで洗浄可能なので、
幅広い泉質に対応可能です!

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

白いなまはげは、オーブンレンジの掃除に最適です!

  皆さん、オーブンレンジは、どんな洗剤を使って掃除していますか? 「洗剤の拭

記事を読む

no image

シールをキレイに剥がす方法を教えます!

シールをキレイに剥がすためには、 先ず初めに、ドライヤーで十分に温めて ゆっくりシールを剥がして

記事を読む

サムライでシロッコファンを洗ってみた!

皆さん、レンジフードの掃除は、どこまでしていますか? もしかして、フィルターだけとか、フィルタ

記事を読む

プロにオススメの排水パイプの洗浄方法とは?

清掃業者さんが、排水パイプの洗浄を行うのなら 市販の排水パイプ洗浄剤では物足りません。

記事を読む

クリーニング店で確実に染み抜きしてもらう為に

ガンコなシミと言うと どんなものを思い浮かべますか? 例えば、 しょう油 ケチャ

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑