お風呂

【完璧】お風呂の汚れがよく落ちるのに安心安全なお風呂掃除術!

osaki

今回は、無添加水石けん「シャボンの泡(あぶく)」を使って、お風呂の掃除をやっていきます。

のぞみ
のぞみ

「シャボンの泡」は安全性が高いのに汚れ落ちが良くて、しかもコスパも抜群に良い水石けんなんです!

この記事で分かること
  • 「シャボンの泡」の使い方
  • お風呂の汚れがよく落ちるのに安心安全な掃除方法
  • 「シャボンの泡」について
  • 「シャボンの泡」を使うメリット
  • 「シャボンの泡」と普通の水石けんの違い

お風呂の汚れがよく落ちるのに安心安全な掃除方法を動画で見たい場合は、こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動画へどうぞ!

「シャボンの泡」の使い方

「シャボンの泡」は基本的には薄めて使うので、希釈液を作るところからやっていきます。
以下の手順で作っていきましょう。

  1. 空のスプレーボトルに「シャボンの泡」を60g入れる
  2. 水を240g加える
  3. ボトルのトリガーを閉めて混ぜたら完成
のぞみ
のぞみ

これで合計300gの「シャボンの泡」の希釈液が作れます。

5倍希釈液を作りましたが、30倍希釈液でも十分使えます。
ただし、30倍希釈液だと液がシャバシャバで掃除しにくいので、壁面などに使う場合は5倍希釈液がオススメです。

created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥2,640 (2023/12/04 23:12:29時点 Amazon調べ-詳細)

掃除を実践

それでは掃除を始めていきます。
まず壁面に希釈液を吹きかけて、「バスボンくん」でブラシ洗いしていきましょう。
今回は、胸ぐらいの高さまで壁を洗っていきます。

「シャボンの泡」は5倍希釈しましたが、しっかり目の泡ができています。

小窓や床、ドア、バスタブなど、一通り洗っていきます。

一通り洗い終えたら、シャワーですすいで終了です。

「シャボンの泡」について

「シャボンの泡」は合成洗剤ではありません
合成洗剤とは、お風呂用合成洗剤だとバスマジックリンやバスタブクレンジング、スクラビングバブルのお風呂洗剤などです。

のぞみ
のぞみ

多くの人が使っている、いわゆる普通の洗剤ですね。

一方、「シャボンの泡」は水石けんです。
花王やライオン、ジョンソンなどの大手の洗剤と違い、石けんを作っているメーカーはそれほど大きなところがあまりないので、あまり見ないですよね。

洗濯洗剤などはたまに見かけますが、お風呂用の洗剤となると石けんベースの物は本当に少ないです。

のぞみ
のぞみ

多くの人が合成洗剤の中からお風呂洗剤を選んでいるのが、現状ではないでしょうか。

お風呂用の合成洗剤は非常に汚れ落ちが良く、大手が作っているので安く簡単に手に入るというメリットがあります。
そういった点では、「シャボンの泡」はネットでしか購入できないので、身近なものではないというデメリットの部分があります。

「シャボンの泡」を使うメリット

「シャボンの泡」はネット購入しかできませんが、メリットも盛りだくさんです。
「シャボンの泡」のメリットは、石けんなので成分の残りしにくく安全性につながるということです。

体を洗うものにも合成界面活性剤が主成分のものと石けんが主成分のものがありますよね。
その2つを比べた際、例えば体を洗ってシャワーですすぐとなると、ボディーソープと比べて石けんは本当にすすぎやすいです。

のぞみ
のぞみ

泡もあっという間に消えますし、ヌルヌルもすぐになくなりますよね。

それと同じことが掃除にも言えるので、すすぎやすく、成分残りしにくいだけでなく、節水や時短にもつながるので節約になります。

仮に成分残りしても、水で薄まったり中和されると働くことをやめるので安心安全です。
中和されているので、お肌に対しては何も刺激を与えない状態になっています。

のぞみ
のぞみ

専門的な言葉で言うと界面活性作用が失われるといった方が正しいかもしれません。

石けんを泡立てて体を洗っていたのに、途中で泡立ちがなくなったということはありませんか。
皮脂が弱酸性なので、石けんが中和されて働くことをやめている証拠です。

そもそも石けんはアルカリ性なので、中性の石けんは存在しません
そこまで強いアルカリではないですが、石けんはアルカリの環境下でないと汚れを落とそうとしてくれないので、皮脂などの酸性のものと触れて中和されると働くことをやめてしまいます。

そのように、非常に不安定で使いにくいものですが、働くことをやめるというところが拭き残りした場合のメリットにつながります。

のぞみ
のぞみ

特に小さなお子さんがいると洗剤残りは気になりますよね。

「シャボンの泡」はそういったところの安心感が非常に高いです。

「シャボンの泡」と普通の水石けんの違い

安全性の高さは全ての石けんに言えることですが、「シャボンの泡」は普通の水石けんとは違います

何が違うかというと、「シャボンの泡」は無添加でアルカリ度を高めているので、薄めても十分アルカリ度が高く汚れ落ちもいいということです。
さらに、薄めて使えるのでコスパも良く、腐敗しにくいので日持ちします。

のぞみ
のぞみ

希釈液を作って1ヶ月ぐらいは日持ちします。

薄めて使えるので節約にもなりますし、すすぎやすさという点では掃除時間の短縮にもつながります。

また、今回お風呂掃除に使っていますが、トイレ掃除やキッチンの油汚れにも強く、住まいのあらゆるお掃除に使えます
ただし、キッチンの油汚れは30倍希釈液で十分ですが、ひどい油汚れの場合は5倍希釈液がオススメです。

無添加水石けんという最大の強みを活かして、食べ物が触れる電子レンジの中や炊飯器にも安心して使えます。

のぞみ
のぞみ

もちろん、リビングダイニングの拭き掃除にも適しています。

まとめ

今回は「シャボンの泡」を使ってお風呂掃除をしてみましたが、いかがでしたでしょうか。
「シャボンの泡」についてもっと詳しく知りたい場合は、こちらの動画をチェックしてみてくださいね。

今回の記事が、少しでも皆さんの掃除のやる気につながれば嬉しいです。

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました