お風呂

【これは助かる】オキシクリーンでお風呂丸ごとオキシ漬けするお風呂掃除術!

osaki

今回はオキシクリーンを使って、お風呂の掃除をやっていきます。

のぞみ
のぞみ

実は一工夫すると、お風呂を丸ごとオキシ漬けすることができます!

この記事で分かること
  • オキシ液の作り方
  • オキシクリーンを使ってお風呂の掃除をする方法
  • オキシ液のポイント
created by Rinker
OXICLEAN(オキシクリーン)
¥633 (2024/06/18 18:08:18時点 Amazon調べ-詳細)

オキシクリーンを使ってお風呂の掃除をする方法を動画で見たい場合は、こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動画へどうぞ!

オキシ液の作り方

ではまずはじめに、オキシ液を作っていきましょう。
バケツに熱めのお湯を800ml入れ、そこへオキシクリーンをキャップ1杯分加えます。

ここで裏技として、食器用洗剤の「ジョイW除菌」を約5g入れます。

バスブラシでよくかき混ぜたら、オキシ液の完成です。

のぞみ
のぞみ

今回使ったバスブラシは、「バスボンくん」というバスブラシです。

掃除を実践

では、掃除を始めていきましょう。
オキシ液をたっぷりつけて、塗りつけながらブラシ洗いをしていきます。

今回の掃除方法は、モコモコの泡をつけながらオキシ漬けをするというやり方です。
そのため、泡を塗りつけたら少し放置しておいた方がより効果的です。

のぞみ
のぞみ

食器用洗剤は5gほどしか入れていませんが、とても泡立ちがいいですね。

オキシクリーンの酸素の泡も出ているので、それによってモコモコ泡ができやすくなっています。

お風呂全体に一通りオキシ液をつけながらブラシ洗いをしたら、放置していきます。
汚れが結構ひどい場合は、ある程度放置したほうが効果的です。

今回は5分ほど放置しますが、いくらモコモコ泡にしたからといっても5分放置するとなると流れ落ちていったり乾いてしまう可能性もあります。
そのため、汚れがついていそうなところは追加で塗りつけながら放置していきます。

のぞみ
のぞみ

例えば、生き物汚れがつきやすい手すりやシャワーをかけるところなどですね。

オキシ液が余っている場合は、コーキングやバスタブの水面ラインなどにもしっかり塗りつけておきましょう。
5分ほど経過したら、もう一度このタイミングでブラシ洗いをしていきます。

浸け置き後に汚れが残っている場合は、汚れがだいぶ緩んでいるのでブラシ洗いをした方が効果的です。
5分以上放置するというやり方ももちろんアリですしその方が効果的ですが、泡がどこまで長く張り付いているか分かりません。

そのため、放置時間は5分ほどにしてブラシ洗いを一緒に入れていくというやり方がおすすめです。
一通りブラシ洗いが終わったら、シャワーですすぎましょう。

のぞみ
のぞみ

あとはマイクロファイバークロスで水気を拭き取って完了です。

オキシ液のポイント

ただオキシクリーンをお湯で溶かしただけだと、シュワシュワした泡なので壁に塗りつけてすぐに落ちていってしまいます。
ですが、オキシ液に食器用洗剤を入れるとモコモコした泡になり張り付いてくれるので、汚れと液の接触時間を長く作ることができます。

のぞみ
のぞみ

汚れと液の接触時間が長い方が効果的です。

さらに、食器用洗剤を加えることで皮脂汚れが落ちやすくなりますし浸透力も高まるので、お風呂掃除に最適です。

ただし、洗剤同士を混ぜて使うやり方はメーカーではNGなので、自己責任で行う形になります。

まとめ

今回はオキシクリーンを使ってお風呂掃除をやってみましたが、いかがでしたでしょうか。
オキシクリーンは酸素系の漂白剤なので生き物汚れに効果的ですし、弱アルカリ性なのでヌルヌル石鹸カスや皮脂汚れにも効果的です。

さらに今回は、食器用洗剤の「ジョイW除菌」を少し加えたので、より皮脂汚れに対して効果的です。
ブラシ洗いもしっかり入れたので、ある程度ガンコに育ったヌルヌル石鹸カスに対してもだいぶ効果的なお掃除方法となっています。

また、お風呂全体をオキシ漬けするというのは物理的に不可能なので、オキシ漬けに近い状態にするために食器用洗剤の力を借りました。

のぞみ
のぞみ

シュワシュワ泡をモコモコ泡にすることで、普通にオキシ液を使うよりも効果的ですよ!

とはいっても、流れ落ちていきます。
特に汚れがひどい場合は、残ったオキシ液をブラシで再度つけてブラシ洗いを入れていくということをした方が効果的です。

そのため、普通のオキシ漬けと違う点は、放置時間を短めにして定期的にオキシ液をたっぷりつけるのが重要ということです。

今回の記事が少しでもみなさんの掃除のやる気につながれば嬉しいです。

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました