お風呂:排水口

手軽さ?コスパ?汚れ落ち?タイプ別排水口掃除のおすすめ洗剤

nishiyama
のぞみ

こんにちは、のぞみです。

お風呂の排水口掃除って、どんな洗剤を使えばいいんだろう?と迷ってしまいませんか?

どんな洗剤がぴったりなのかは、お掃除でなにを重視したいかによって変わってきます。

ということで今回は、お掃除で重視したいこと別に、排水口掃除にオススメしたい洗剤を3つご紹介していきますよ~!

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

排水口掃除の順番

これまでいろんな洗剤を使って、お風呂の掃除のやり方をご紹介してきました。

わたしがいつもしている排水口掃除の順番は

①排水口パーツをすべて取り外す

②パーツ類をシャワーで水洗いをし、ぬめり汚れをある程度落とす

③洗剤をつけて放置

という流れです。

今回は③のときに使う、おすすめの洗剤をご紹介していきます♪

ちなみに、今回のおすすめ洗剤は、3つとも塩素系洗浄剤・塩素系漂白剤です。

塩素系洗浄剤・塩素系漂白剤は、排水口に多い生き物汚れ、皮脂汚れにとっても効果があるんですよね!

ヌメリや黒カビを一気に落としてくれるので、排水口掃除では欠かせないアイテムですよ。

ラクさ重視なら!排水口掃除でおすすめの洗剤

排水口掃除におすすめの洗剤、1つ目は「キッチン泡ハイター」です。

「キッチン泡ハイター」は、ラクさを重視する人におすすめです!

「キッチン泡ハイター」の特徴は、泡で出てくるタイプの塩素系洗浄剤ということです。

同じように泡で出てくるタイプの塩素系洗浄剤なら、「キッチン泡ハイター」だけでなく「カビキラー」や「強力カビハイター」でも構いません!

「キッチン泡ハイター」はスプレーをシュッシュと吹きかけ、放置した後に水で流すだけで排水口の汚れが落ちてくれます。

特別な道具がいらないので、ラクさを重視する人にはおすすめのアイテムです♪

コスパ重視なら!排水口掃除でおすすめの洗剤

排水口掃除におすすめの洗剤、2つ目は「キッチンハイター」です。

「キッチンハイター」は、コスパを重視する人におすすめです!

コスパ重視の人に「キッチンハイター」をおすすめする理由は2つあります。

1つは「キッチン泡ハイター」のような泡タイプの塩素系洗浄剤よりも安く買えること。

1本あたりの容量も大きいですし、長く使えますよね!

2つ目は「キッチン泡ハイター」のような泡タイプの塩素系洗浄剤よりも塩素濃度が高いこと。

なんとボトル入りの「キッチンハイター」は、「キッチン泡ハイター」の2倍の塩素が入っているんです!

きになる塩素濃度についてはのちほど詳しく見ていこうと思いましょう♪

排水口掃除に「キッチンハイター」を使えば、かなり節約することができます。

もっと節約したい人は、プライベートブランドの塩素系漂白剤を買ってもいいですね。

わたしはトップバリュのキッチン用漂白剤を持っています。

成分は「キッチンハイター」とかなり似ていますし、しかも1本80円くらいで購入できます!

汚れ落ち重視なら!排水口掃除でおすすめの洗剤

排水口掃除におすすめの洗剤、3つ目は「パイプユニッシュプロ」です。

「パイプユニッシュプロ」は、汚れ落ちの良さを重視する人におすすめです!

「パイプユニッシュプロ」はパイプ掃除の専用洗剤ですから、排水口掃除に使うのは本職かもしれませんね!

汚れ落ちの良さを重視する人に「パイプユニッシュプロ」がおすすめの理由は、3つあります。

成分をチェック

1つは泡タイプの塩素系洗浄剤よりも塩素の濃度が高いこと。

塩素濃度は書かれていないものもあるので正確にはわからないのですが……パイプ掃除用の塩素系洗浄剤は、ボトル入りの塩素系洗浄剤と同じくらいの塩素濃度かと思います。

「パイプユニッシュプロ」がおすすめの理由、2つ目は水酸化ナトリウムの濃度が高いこと。

水酸化ナトリウムとは、アルカリ剤のことですね。

ここで手元にある洗剤の成分をチェックしてみましょう。

「パイプユニッシュプロ」の成分をみると「水酸化ナトリウム(2%)」と書かれています。

2%が多いのか少ないのかわかりにくいかもしれませんが……これって結構多いんですよ!

泡タイプの塩素系洗浄剤「強力カビハイター」の成分を見ると「水酸化ナトリウム(0.5%)」となっています。

ボトル入りの塩素系洗浄剤「キッチンハイター」は、漂白剤ですので水酸化ナトリウムの濃度は書かれていません。

おそらく泡タイプの塩素系洗浄剤と同じように、水酸化ナトリウムは0.5%かと思います。

パイプ掃除用の塩素系洗浄剤は、水酸化ナトリウムがたっぷり入っています。

なので排水口の中の水で薄まってしまっても、まだアルカリ度が高いままなんですよね。

アルカリ度が高いと汚れがしっかり落ちてくれるので、汚れ落ち重視の人は「パイプユニッシュプロ」をつかうのをおすすめします!

洗浄液の形状がポイント

汚れ落ちの良さを重視する人に「パイプユニッシュプロ」がおすすめの理由、3つ目はジェル状の洗浄液だからです。

泡タイプの塩素系洗浄剤は、はじめは泡がくっ付いていますが時間がたつと流れてしまいますよね。

ボトル入りの塩素系洗浄剤は、洗浄液がサラサラしているので汚れに貼りつくことは出来ません。

ですが「パイプユニッシュプロ」のように洗浄液がジェルのものは、汚れにべったりと貼りついてくれます!

黒カビなどのガンコな汚れを落とすには、塩素の濃度はもちろんですが、汚れとの接触時間も大切です。

なので「パイプユニッシュプロ」のように、ジェルが汚れにべったり貼りついてくれる洗浄剤がおすすめなんです♪

トイレ用洗浄剤でもOK

ちなみに、ジェルタイプの塩素系洗浄剤は「パイプユニッシュプロ」だけではありません。

似ているものだと、トイレ掃除用の塩素系洗浄剤がありますね。

「超強力トイレクリーナー」、「ドメスト」、「トイレハイター」など、一度は見たことのある洗剤かと思います!

トイレ掃除用の塩素系洗浄剤も、「パイプユニッシュプロ」と成分はかなり似ています。

水酸化ナトリウムの濃度を比べてみると、「トイレハイター」は1%、「ドメスト」は1.4%、「超強力トイレクリーナー」は2%となっています。

どれも泡タイプの塩素系洗浄剤よりも、水酸化ナトリウムの濃度が高くなっていますよね!

塩素系洗浄剤ですし、水酸化ナトリウムの濃度が高いので、黒ずみ汚れ、黒カビに効果的です。

なのでとにかく汚れ落ちを重視して、排水口掃除をするなら「パイプユニッシュプロ」や、トイレ用の塩素系洗浄剤を使うのをおすすめします~!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、お風呂の排水口掃除におすすめな洗剤を3種類ご紹介しました。

ラクさを重視するなら、「キッチン泡ハイター」のような泡タイプの塩素系洗浄剤。

コスパ重視なら、「キッチンハイター」のようなボトル入りの塩素系洗浄剤。

汚れ落ちを重視するなら、「パイプユニッシュプロ」やトイレ用などのジェルタイプの塩素系洗浄剤がおすすめです。

いろんなタイプの塩素系洗浄剤がありますが、お掃除でなにを重視するか?に合わせて選んでくださいね!

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/29 10:01:59時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました