のぞみの記事

安心安全!水石けんを使ってフローリング掃除をする方法

anko

フローリング床掃除と言えば、合成洗剤を使ってするイメージが強いですが、実は水石けんを使って掃除することもできます!

のぞみ

今回は無添加水石けん「シャボンの泡」を使ったフローリング掃除の方法をご紹介します♪

created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥2,640 (2024/02/28 15:17:55時点 Amazon調べ-詳細)

安心・安全をテーマにしたフローリング掃除の方法なので、敏感肌の方や小さい赤ちゃんがいるご家庭の方、ペットがいるご家庭の方にはおすすめの内容になっています!

この記事で分かること
  • フローリングでよく見る汚れと掃除方法
  • 水石けん「シャボンの泡」をフローリング掃除に使うメリット
  • 水石けん「シャボンの泡」を使ったフローリング掃除の方法

水石けん「シャボンの泡」を使ったフローリング掃除の実演を動画で見たい方は、こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動画へどうぞ!

水石けん「シャボンの泡」を使ったフローリング掃除について、簡潔に知りたい人はこちらの記事がおすすめです!

目次から読みたい場所まで簡単に飛ぶことができますよ♪

フローリングでよく見る汚れ

作洗剤を使ったフローリング掃除を解説する前に、まずはフローリングにどんな汚れが付きやすいのか解説します!

のぞみ

フローリングに付きやすい汚れについてだけでなく、その汚れに対する一般的な掃除方法についても解説しているので、参考にしてみて下さいね♪

ホコリ

ホコリは髪の毛や衣服の繊維、ダニの死骸、窓から入った砂など様々なものが大きな塊となったものです。

チリのように小さな汚れが集まれば、家中どこでも見られる汚れであり、フローリング床でも端の方に溜っているのをよく目にしますよね…!

このホコリ自体は非常に落としやすい汚れで、ほうきや掃除機などで簡単に掃除することができます♪

のぞみ

お掃除のプレ「茂木和哉」さんの家ではクイックルワイパーを使っているそうです!

皮脂

フローリング床を裸足で歩いているご家庭では、皮膚から分泌される皮脂が床に付いて汚れになることが多いです。

皮脂汚れは放置するとフローリング床が黒ずんでくることもあり、美観的にもこまめに掃除しておきたい汚れ。

皮脂汚れは酸性の脂分を含む汚れなので、熱いお湯を使って拭き掃除をしたり、弱アルカリ性・中性の界面活性剤を含む洗剤を使うことで綺麗にすることができます♪

created by Rinker
クイックル
¥1,650 (2024/02/28 00:37:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウタマロ
¥1,160 (2024/02/28 13:13:51時点 Amazon調べ-詳細)

髪の毛

人間の髪の毛は1日で50~100本程度抜けると言われています。

フローリングの上も例外ではなく、汚れとして髪の毛を見かけることが多いと思います。

髪の毛は掃除機やお掃除ワイパーなどで簡単に掃除できます!

髪の毛はチリなどと塊を作って埃を形成する汚れなので、なるべくこまめに掃除しておきたいですね♪

無添加水石けん「シャボンの泡」でフローリング掃除をするメリット

洗剤残りしづらい

ホームリセットやウタマロクリーナーといった合成洗剤は、少量でも洗剤が残っている限り、いつまでも泡立ってしまいます。

そのため、合成洗剤が洗浄力をはっきしない状態にするまで、何度か水拭きをする必要をする必要があります…!

のぞみ

水石けんである「シャボンの泡」は石けんの性質を持つので、2度拭き不要!

石けんはある一定の濃度まで薄められると、ぱったりと働くことをやめてしまいます。

つまり、1回目の水拭きである程度薄められて、泡立つことも洗浄力を発揮することもないということ♪

「合成洗剤よりも拭き残ししない」という点が1つ目の嬉しいポイントです!

洗剤残りした時のリスクが低い

先ほどお伝えした通り、水石鹸である「シャボンの泡」は拭き残ししづらい製品となっています。

のぞみ

拭き残ししづらいだけでなく、万が一、フローリングに洗剤が残った場合でも「シャボンの泡」は危険性が低いのも嬉しいポイント!

「シャボンの泡」は石けんなので、液性が弱アルカリ性です。

一方で、人間や動物の皮膚から分泌される皮脂は弱酸性。

つまり、皮脂とフローリングに残った「シャボンの泡」が中和反応を起こし、無害な物質に変わるということです。

手を口に入れるぐらいの小さなお子さんがいたり、皮膚の弱いペットを飼っていたりするご家庭には、ぜひおすすめしたいポイントですね♪

コスパが良い

無添加水石けん「シャボンの泡」は、商品単体で見れば一般的なフローリング用洗剤よりもお値段が高いかもしれません。

しかし、「シャボンの泡」は現役のままで使うのではなく、30倍希釈で使います。

のぞみ

つまり、10mlの「シャボンの泡」で300mlのフローリング用洗剤を作れるということ♪

これはかなりコスパがいいですね!

created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥2,640 (2024/02/28 15:17:55時点 Amazon調べ-詳細)

「シャボンの泡」500mlで2640円なので、2640円で15Lの希釈液を作れるということになります。

一般的に希釈液は腐敗しやすいものですが、「シャボンの泡」は希釈してもpH10.5以上で腐敗しづらいというのも嬉しいポイントです。

大体1か月程度は持つので、そのくらいで使い切れるように希釈する量を調整すればいいですね♪

実践:「シャボンの泡」を使ってフローリング掃除

ここからは「シャボンの泡」でフローリング掃除をする具体的な方法をご紹介します!

準備するもの

  • シャボンの泡(10g)
  • 洗って使えるキッチンペーパー
  • クイックルワイパー
  • 水(290g)
  • スプレーボトル

手順

  1. シャボンの泡(10g)と水(290g)をスプレーボトルに入れて振る
  2. クイックルワイパーに洗って使えるキッチンペーパーをセットする
  3. 「シャボンの泡」の希釈液をフローリングに吹き付ける
  4. クイックルワイパーで床を拭く
のぞみ

「石けんではあまり汚れが取れないのでは…?」と思う人もいるかもしれませんが、意外とごっそり汚れが取れます!

「シャボンの泡」で掃除した後のクイックルワイパー

まとめ:「シャボンの泡」は安心・安全・コスパ良し!

今回は「シャボンの泡」を使ってフローリング掃除をする方法をご紹介しました。

created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥2,640 (2024/02/28 15:17:55時点 Amazon調べ-詳細)

「シャボンの泡」は弱アルカリ性の水石けんなので、拭き残りしづらく、拭き残しがあったとしても肌から分泌される皮脂と中和して無害な物質に変わります。

のぞみ

小さなお子さんやペットがいるご家庭でも安心して使うことができますよね♪

更に、「シャボンの泡」は30倍に希釈して使うので、2640円で15Lの希釈液を作れます。

これは一般的な合成洗剤よりもかなりコスパが良いと言えるのではないでしょうか。

また、希釈してもpH10.5なので腐敗しづらく1か月程度はもつというところも嬉しいポイントです!

最後に「シャボンの泡」をフローリング掃除に使うメリットをまとめます!

「シャボンの泡」のメリット
  • 水石けんなので拭き残りがしづらく、2度拭きの必要がない
  • 皮脂と中和して無害なものになるので、拭き残しがあっても肌への刺激が少ない
  • 30倍希釈して使うので、コスパが良い
  • 希釈液にしてもpH10.5なので腐敗しづらい(1か月程度もつ)

皆さんも今回の内容を参考に、ぜひ「シャボンの泡」でフローリング掃除をしてみて下さいね♪

今回の他にもフローリング掃除について、いくつか動画を公開しているので、気になる人はこちらも参考にしてみてください!

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました