リビング:フローリング

1回あたり5.6円!ウェットティッシュとフロアワイパーで床掃除をしてみました

nishiyama
のぞみ
のぞみ

こんにちは!のぞみです。

リビングダイニングの床ってお掃除する頻度が高いので、手短に、しかもコスパよくお掃除できたらいいのに……と思いますよね。

今回はどのおうちにも必ずあるウェットティッシュを使ってフローリング掃除をしてみようと思います。

床拭き専用シートでなくても「クイックルマグネットワイパー」と使えばラクにコスパよくお掃除できるんですよ〜!

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

目次
  1. フローリング掃除に使うアイテムの紹介
  2. ウェットティッシュで拭き掃除をしてみました
  3. 汚れはどれくらい取れた?
  4. まとめ

フローリング掃除に使うアイテムの紹介

まずは今回のフローリング掃除で使うアイテムからご紹介していきます。

1つめはこちらの「クイックルマグネットワイパー」です!普通のクイックルワイパーとは違い、マグネットでシートを抑えるタイプです。

マグネットタイプなら実はクイックルワイパーの専用シートでなくても、取り付けることができるんですよ!

そして使うシートは、ウェットシートの「シルコットウェットティッシュ」です。

いろいろなタイプがありますが、今回はアルコールのないピュアウォーターというシリーズを使っていきますね。

「シルコットウェットティッシュ」はクイックルワイパーの専用シートと比べるとサイズが小さいので2枚使う必要がありますが……それでも数円でお掃除できてかなりコスパがいいんです!

1回のお掃除でいくらかかるのか?はのちほど詳しくお話ししていきますね。

ウェットティッシュで拭き掃除をしてみました

クイックルマグネットワイパーにシートを取り付ける

まずは「クイックルマグネットワイパー」にシートを取り付けていきます。

「シルコットウェットティッシュ」を2枚並べて床に置き、「クイックルマグネットワイパー」のヘッドを置きます。

シートを内側に折りたたみ、ワイパーの柄を近づけると……パチンとマグネットではりつき、セット完了です!

こんな風にセットできたら早速拭いていきましょう!

ヌルヌルしないので二度拭きがいらない

まずはテレビ台の前から拭いて行きます。

今回使っている「シルコットウェットティッシュ」には、溶剤と界面活性剤が含まれています。

皮脂汚れも落とすことができるので、水拭きをするよりもしっかり汚れは落ちてくれます。

界面活性剤が入っていると、拭きあがりがぬるぬるしてしまうことがあるのですが……「シルコットウェットティッシュ」にはそこまでたくさん入っていません。

「ウタマロクリーナー」のような界面活性剤が多めに入っている洗剤だと、使った後に水拭きや2度拭きをしなければいけませんが、「シルコットウェットティッシュ」ならその手間がないのでラクチンですよね!

ウェットティッシュを使えばコスパがいい!

クイックルワイパーの専用シートではなく、ウェットティッシュを使うことのメリットは、なんといつてもコスパがいいことですね!

ここで値段を比べてみましょう。

今回使っている「シルコットウェットティッシュ」の価格は、8袋入り(1袋58枚入り)が約1300円でした。

8×58で464枚あるので……シート1枚あたり2.8円の計算になります。

そして今回のお掃除ではシートを2枚セットしているので、お掃除にかかる費用は5.6円になりますね!

一方でクイックルワイパーの専用シートの価格も見ておきましょう。

立体吸着ウェットシートの価格を調べてみると、32枚入りで約1000円でした。

つまり1枚あたり31.25円となりますね。

何気なく使っていたのですが……意外と高くてびっくりです。

普通のクイックルワイパーでも使える?

ウェットティッシュを使えばコスパよくお掃除ができますが、フロアワイパーを使うなら「クイックルマグネットワイパー」と一緒に使ったほうがいいですね。

以前普通のクイックルワイパーに取り付けてお掃除してみたのですが……マグネットワイパーほどしっかり取り付けることができませんでした。

全然拭けない!というわけではありませんが、拭いている途中でシートが外れてきてしまうんですよね。

なのでウェットティッシュでフローリング掃除をするなら、断然「クイックルマグネットワイパー」を使うのがおすすめです!

汚れはどれくらい取れた?

あれこれお話しているうちにフローリング掃除がおわりました。

シートの裏面をみて、どれくらい汚れが落ちたのかチェックしていきましょう!

……どうでしょうか?

意外とたくさん取れていますね。ホコリも先にとっておいたのですか、拭き掃除でまた取れました。

というように今回は「クイックルマグネットワイパー」に「シルコットウェットティッシュ」を取り付けて、リビングダイニングの床拭き掃除をやってみました。

クイックルワイパーの専用シートを使わなくても、「クイックルマグネットワイパー」を使えばウェットティッシュでも十分拭き掃除ができます。

専用シートよりもコスパがいいですし、毎日のようにお掃除するなら嬉しいですよね。

また「シルコットウェットティッシュ」には溶剤や界面活性剤が含まれているので、ただ水拭きをするよりも汚れが落ちてくれます。

節約できるお掃除法をお探しの人は、ぜひ試してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はラクにコスパよくお掃除できる方法をご紹介いたしました。

みなさんも参考にしてみてくださいね。

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/04/13 09:06:18時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました