*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

ナチュラル素材で消臭するために知っておかなければならないこと!

shoe-1099446_1920

ナチュラルクリーニングの必需品である
重曹やクエン酸などのナチュラル素材の効果は、
汚れ落としだけではありません。

実は、消臭としても優れた効果があります!

しかし、ナチュラル素材の種類によって
消せる臭いと消せない臭いがあるのは知ってましたか?

ちゃんと分かって使わなかれば、
意味のない消臭をしてしまうことになるかもしれませんよ~

そうならないために、知っておかなかればならない重要なことは、
ナチュラル素材での消臭は、中和の働きによるもの。
ということです。

なので、
酸性の臭いには、アルカリ性のナチュラル素材
アルカリ性の臭いには、酸性のナチュラル素材
を使わないと消臭ができないわけです。

中和の働きで汚れを落すナチュラル素材は、
ほぼ全てが酸性とアルカリ性に分けられます。

また、臭いも酸性とアルカリ性に分けることができます。

その2つさえわかれば確実に消臭ができます。

では説明していきます。

まず酸性臭に効果があるアルカリ性のナチュラル素材には、
重曹、セスキ炭酸ソーダ、炭酸ソーダ、過炭酸ソーダ、石けんなどがあります。
※過炭酸ソーダは、酸化消臭の働きを併せ持っています。

アルカリ性の素材で消臭が可能な酸性臭の種類は、
・生ごみが腐敗したすっぱい臭い。(プロピロン酸)
・汗の臭い。(ノルマル酪酸)
・蒸れた靴下の臭い。足の臭い。(ノルマル吉草酸)
・野菜が腐った臭い。(メチルメルカプタン)
・卵の腐った臭い。ドブやヘドロ、下水、側溝の臭い。(硫化水素)
・口臭(硫化水素、メチルメルカプタン)
などです。

玄関や下駄箱の臭いやシーツや枕の臭いは、
酸性臭ということになりますね。

次にアルカリ臭に効果がある酸性のナチュラル素材ですが、
代表的なものは、クエン酸と食酢です。

酸性の素材で消臭が可能なアルカリ臭の種類は、
・肉や魚の腐った臭い。(トリメチルアミン)
・放置したおしっこの臭い。猫のおしっこの臭い。(アンモニア)
などです。

おしっこは、必ずアルカリ性ということはありせん。

酸性の場合もあります。

でも長く放置すると徐々にアルカリ性に変わります。

また、生ごみの悪臭は、
中身によって酸性かアルカリ性かが分かれます。

肉や魚が腐れた悪臭はアルカリ臭、
野菜が腐れた悪臭は酸性臭ということになります。

ぜひ参考にしてナチュラル消臭を極めてください!

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

界面活性剤とは?茂木和哉が分かりやすく解説します!

界面活性剤とはどんなものなのか? 言葉はわかっていても、 どんなものなのかをわかって

記事を読む

台所での衛生管理のポイントとは?

台所での衛生管理のポイントは、 ・雑菌の栄養分となる洗い残りが無いようにキレイに掃除する。

記事を読む

使えなくなったお酢の活用方法

お酢は開封後どのぐらい持つと思いますか? ミツカンのサイトを見ると、 穀物酢や米酢を

記事を読む

洗剤にはどんなものが含まれているの?

洗剤によく含まれる成分にはどんなものがあるのか? わかりやすく説明します! &n

記事を読む

色落ちしやすい衣類の洗濯方法と注意点

洗濯機洗いする時に、 洗濯洗剤と一緒にお酢を入れて 洗うと色落ちしにくくなります。

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
no image
【茂木和哉のプロショップ】12月のキャンペーンのお知らせ!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

新発売の茂木和哉専用クロスを使ってみた!

新商品の茂木和哉専用クロスを実際に使って、我が家のお風呂の鏡を洗いまし

掃除職人応援プレゼントキャンペーンのお知らせ!

こんにちは!茂木和哉です。 大掃除需要でこれからお仕事が忙しくな

浴室の汚れ予防にはコレ!【キャンペーン情報もあるよ!】

まもなく大掃除の季節がやってきますが、大掃除を頑張ってキレイにした後は

【プロ必見!】業務用商品超大特価セールのご案内!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

→もっと見る

PAGE TOP ↑