*

トイレの2大ガンコ汚れの落とし方を教えます!

公開日: : 最終更新日:2017/08/03:茂木 和哉 洗剤・掃除・洗濯プロの技 , ,

bathroom-1078917_1920

トイレの2大ガンコ汚れと言ったら、
・便器のフチ裏の黄ばみ
・便器の水面線の汚れ
ではないでしょうか?

その2つの汚れを効率よく効果的に、
そして安全に洗浄する方法をご紹介します。

【便器のフチ裏の黄ばみ】

覗きこまないと見えない便器のフチ裏は
掃除をしそびれやすいところです。

なので
「気づいた時には厚くなった黄ばみ汚れがべったり…」
なんて事が良くあると思います。

でも、厚くなった黄ばみ汚れは、
いくら効果が高い洗浄剤を使っても
浸けおかないと落としきることは難しいです。

とは言ってもフチ裏は傾斜がきついため
洗浄液がとどまりにくいですよね。

そこで重要なのが洗浄液が流れないようにする工夫なのです!

用意するもの:尿石Z、ゴム手袋

作業手順

1.換気をよくし、ゴム手袋を着用します。

2.一度フチ裏にぐるっと尿石Zをかけます。

3.トイレットペーパーをフチ裏に敷き詰めます。

4.その上からトイレットペーパーが、十分濡れるぐらい尿石Zをかけます。

5.その後1時間ほど放置し汚れが落ちたら水で流します。

6.まだ汚れが残っているようなら、さらに浸けおいてください。

 

【便器の水面線の汚れ】

便器の水面線上には、
ガンコな黒ずみ汚れがつきやす場所です。

しかも、黒ずみ汚れの原因は1つではありません。

キレイに落とすためには、
汚れの原因別に洗浄剤を変える必要があります。

でも、見ただけで汚れの原因を判別するのは難しいですよね?

そこで重要なのが、汚れの原因を問わずに
水面線の黒ずみをキレイに落とすこの作業手順なのです!

準備するもの:

茂木和哉カビトリZ、超人たわしZ、ゴム手袋、トイレットペーパー、灯油ポンプ

作業手順

1.換気をよくし、ゴム手袋を着用します。

2.便器内に水が残ったままでは、洗浄液が流されたり薄まったりして効果が発揮できないので灯油ポンプで便器内の水を抜き取ります。

3.カビトリZを汚れかけてトイレットペーパーを貼り付けます。

4.貼り付けたトイレットペーパーの上からさらにカビトリZをかけ、5分ほど湿布します。

5.水を流してすすぎます。

6.再度、灯油ポンプで便器内の水を抜き取ります。

7.超人たわしZ茂木和哉をつけ残った汚れをこすり落とします。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

コーヒーメーカーの出が悪くなった時はコレで一発解決!

コーヒーメーカーの出が悪くなってきたのなら、 それは水あかが原因です。 水あかとは水

記事を読む

【プロ必見】酸性洗浄剤の臭いと洗浄力に不満の方へ

清掃業の皆さん、 酸性洗浄剤に求めるものといったら何ですか? もちろん「洗浄力」です

記事を読む

浴場施設でのレジオネラ菌除去を目的とした配管洗浄について

浴場施設でのレジオネラ菌除去を目的とした 配管洗浄についてお話します。 濾過装置を利

記事を読む

【プロ必見】洗浄剤の使い方を極めましょう!

汚れを落とせない理由は3つあります。 1.汚れに合った洗浄剤を選んでいない。 2.汚れに

記事を読む

シリカスケールの予防方法と洗浄方法を教えます!

こんにちは、洗剤エキスパートの茂木和哉です。 前回は、 シリカスケールについてお話しました。

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉 初の著書が発売決定! 予約受付中!
茂木和哉の業務用つけ置き洗剤のご紹介!

純愛、サムライ、泥汚れZ、そして今田耕司さんからのオファーで作

バスクリーナーで水垢汚れは落ちるのか?

よく売られているものから、そうでないものまで、普通のバスクリー

浴場清掃に最適なバスクリーナーの条件とは?

浴場施設関係者の皆さん、日々お使いになっているバスクリーナーに

塩素臭が苦手な方必見!塩素臭を抑える方法!

  皆さんが、日々のお掃除や洗濯でよく使う塩素

「塩素系」につてい深く掘り下げてみる!

皆さん、「塩素系」漂白剤というと、どんなものをイメージしますか

→もっと見る

PAGE TOP ↑